1966年生まれ
プリンス目白
王子
 TOTAL 
129
プリンス目白と名乗らせてください。よろしくお願いします。
 
 
 
18
1
9
7
9
スーパートランプ、アメリカが憧れだった時代のシニカルな朝食
カタリベ / DR.ENO

プリンス目白

 
この22年後に、ジャケットに描かれているワールドトレードセンターも無くなりましたねえ。そしてあれから15年。世界は変わったのか変わってないのか。
2016/05/08 18:01
13
1
9
7
9
Changes In My Life、悪役からコミカルまで群を抜く成田三樹夫の存在感!
カタリベ / 小山 眞史

プリンス目白

 
成田三樹夫は最高です。蘇る金狼とは松田優作演ずる朝倉が自身の勤める大企業乗っ取りを企む“野望成りあがり話”なのだが、この映画において特筆すべきは成田三樹夫の「金子がね!」のシーン。同じことを思う人はいるもので、この名場面、YouTubeにあがってました。成田三樹夫演ずる経理部長の小泉が自分の命じた“朝倉の抹殺指令”を部下の金子(小池朝雄!)になすりつける名シーンです。そもそもこの指令は社長の清水(佐藤慶!)から出されたものではあるが、その清水ものらりくらりと全てを部下のせいに。この私腹を肥やしたサラリーマン重役たちが葉山の別荘の一室で繰り広げる群像劇が実に見事で、当時中学生だった僕は「大企業の重役たるもの、やはりこうでなくては!」と思ったものだ。他にも、岸田森演ずる殺し屋とか千葉真一の総会屋など見どころが満載。セックスとヘロインに溺れる小泉の愛人(風吹ジュン)も最高。もちろん主演の松田優作あっての話ではあるが、これだけ脇が輝いている映画も珍しい。なんといっても「金子がね!」。この映画の見どころナンバーワンに挙げたい。いや、このシーンを見ずに日本映画を語ってはいけない! どこまでがホンでどこからアドリブなのか分からないが、あー、マジでこんな大人になりたい、突き抜けている! 
https://www.youtube.com/watch?v=c2UaE9tOEVA
2016/06/09 05:18
 
 
16
1
9
8
1
掃除と言えばリチャードクレイダーマン、記憶の奥底にある苔のような音楽
カタリベ / 太田 秀樹

プリンス目白

 
確かによくかかっていた。今でもイトーヨーカドーだっけかな? 閉店のBGMで使われている気がする。悪くないよ、クレイダーマン。
2016/04/17 06:50
41
1
9
8
1
エンドレス・ラブ、史上最強デュエットソングは「女王」最後の全米No.1
カタリベ / 中川 肇

プリンス目白

 
コラムを読んではたと思い出した。どうしても目に焼き付いて離れない映像がある。それは2012年にアップされたライオネル・リッチーとクリスタル・ケイのデュエット。この映像は凄い。何が凄いってライオネルの満面の笑みと恍惚とした表情。いつもの5倍は鼻の穴が開いている。ライオネルに一歩も引けをとらず堂々と歌い上げるケイちゃんは美しくも賞賛に値するのだが、どうしたってこのライオネルには負ける。決して悪い意味で言ってるわけではないのだが、初めて観たときは大爆笑した。いや、絶対にケイちゃんも笑いをこらえている… 最後のカットまで1秒たりとも目が離せない! https://www.youtube.com/watch?v=R4rFHvVSMUs
2016/08/03 05:36
30
1
9
8
1
省吾と金吾、そっくりネームの2人の浜田、路線変更したのはどっち?
カタリベ / @0onos

プリンス目白

 
浜田省吾、よくは知らない。このNHKの偶然なる映像も初めて見たが、自分の道を突き進んでいるが故に招かれた必然の出来事だろう。こういうことは、人生において、よくある。
2016/04/15 16:21
 
34
1
9
8
2
ありがとう、ニッポンのお父さん!夏の海の思い出とサザンオールスターズ
カタリベ / Maria

プリンス目白

 
サザンは年を重ねるたびに良くなってると思ったりもする。80年代のサザンはもちろん好きなんですけど、90年代もゼロ年代も今の時代もすごくいい。セールスが落ち込んだ時もあったけど、40年近くもトップシーンを走り続けるなんて普通じゃ無理無理。どんだけのプレッシャーを背負ってるんだろうと思うと、ちょっと目頭が熱くなります。いて当たり前、と思わないようにしないとですね。
2016/08/10 14:21
17
1
9
8
2
フォークランド紛争勃発!「喜多郎」はロンドン在住日本人の清めの儀式!?
カタリベ / デーモン大久保

プリンス目白

 
面白いエピソードですね。すごくよくわかる気がします。僕は仕事で海外に行く時、戦前の流行歌をiPodに入れて毎夜ホテルでノスタルジーにふけってました。音楽の仕事をしているので、当然現地のヒットソングとかは気になるのですが、不思議なことに日本のメインストリームで流行っている音楽は全く聴く気が起きなくなってしまうんですね。良くも悪くも島国の音楽です。
2016/07/20 09:55
54
1
9
8
2
1982年夏の最強タッグ、ユーミンと聖子がいなかったら夏休みは始まらない
カタリベ / 親王塚 リカ

プリンス目白

 
この2枚、同クオリティだと思ってます。松原正樹とかは両方に参加してますしね。
2016/07/26 17:24
 
 
100
1
9
8
4
まったく無名のシンディ・ローパー、全米チャートに初めて登場!
カタリベ / KARL南澤

プリンス目白

 
えええええ! マジこの曲、カバーだったの!!!???
30年以上も知らなかった新しい発見! それにしてもメチャクチャかっこいいなじゃないですか。ロバート・ハザード、いったい何者なんだ! シンディのバージョンは80年代が花開いたタイミングの音だけど、このオリジナルは80年代の扉が今まさに開かんとする黎明期の音。アメリカ東海岸のガレージニューウェーブ感満載! 街のやんちゃな兄ちゃんって感じがイイ! ネットでCDや音源を探したけどどこにも見当たらず、既にYouTubeで30回くらい聴き続けてます。Just Wanna〜 Just Wanna〜 ってコーラス部分がギターリフだったとは! いやもちろん、シンディ版が劣るなんてことは全くありませんが、初めて知った事実と共に衝撃です。3分ジャストのタイトでホットなロックンロール、久しぶりに聴きました。どんどん新しい発見があるなあー! ギター弾きたくなってきちゃった。
2016/04/20 08:41
30
1
9
8
4
カーズ、マイケルのスリラーをおさえてMTV大賞を勝ち取ったバンド!
カタリベ / DR.ENO

プリンス目白

 
あー、この曲はGood! 僕が聴いたのも春だった。明るい日差しの中、ウォークマンしながら街を闊歩してたことを思い出すなあ。
2016/05/28 05:25
33
1
9
8
4
オリンピックはエンタメだ!と高らかに宣言した記念碑的公式アルバム
カタリベ / 阿野仁マスヲ

プリンス目白

 
ロケットマンを思い出した!
https://www.youtube.com/watch?v=WQSTKchDvws
2016/07/31 04:24
 
34
1
9
8
5
マイケルもビックリ!モーフィングを世界に知らしめたゴドレイ&クレーム
カタリベ / DR.ENO

プリンス目白

 
ゴドレイ&クレームってすごいですね。名前くらいしか知らなかったけど、すげー業績じゃないですか。エイティーズの裏MVPとか決めたならベスト10には入りますよね!
2016/07/15 20:44
12
1
9
8
5
長州力のパワーホール、革命に酔い、心がざわめく圧倒的インパクト!
カタリベ / 小山 眞史

プリンス目白

 
これはP-MODELの平沢進の曲ですね。おそらく一般的認知度において彼の作った曲の中では一番有名でしょう。80年代初頭、YMOに続く「テクノ御三家」として旋風(?)を巻き起こしたのは、P-MODEL、 ヒカシュー、プラスチックスといった3つのバンド。P-MODELの平沢に並び、ヒカシューには巻上公一、プラスチックスでは立花ハジメや佐久間正英が顔だったなあ。
2016/04/15 16:07
17
1
9
8
5
ダンディ路線脱落、ブライアン・フェリーになれなかったよ
カタリベ / ソウマ マナブ

プリンス目白

 
日常におけるスーツ着用と非日常におけるスーツ着用は全く違いますよ。私も普段はスーツ着ませんが、吊るしじゃなく仕立ててもらった高級なスーツを一着持っておきたいですねえ。年に数日のために。
2016/06/17 09:03
 
75
1
9
8
6
わたせせいぞう、大衆と真正面から向き合った時代の表現者
カタリベ / @0onos

プリンス目白

 
歴史というものは都合の良いように編集される。事実この僕も「ジュリアナお立ち台女だったり、ヤマンバギャルだったり、竹の子族だったり」には全く縁のない生活を送ってきた。サイレント・マジョリティの声は残らない。歴史を勉強するにあたって見落としがちなポイントである。このサイトはそういう部分を拾っていってほしい。
2016/06/27 02:45
8
1
9
8
6
どちらも生真面目!? PiLとスタカンは似てない双子か他人のそら似
カタリベ / ジャン・タリメー

プリンス目白

 
なになにヴァージョンとか、今も昔もいっぱいありましたね。カセットブックとかもあったし。何がベース(メイン)なのかなあと迷いながらも、僕の場合だいたいアルバムヴァージョンが基本でした。
2016/07/15 20:48
35
1
9
8
6
男心をズキュンと撃った、デビュー間もない今井美樹の “本気だったの”
カタリベ / 藤本 真

プリンス目白

 
バイト先のレコード屋の店長が今井美樹好きで、この数年後に出た「Be With」というアルバムを死ぬほどかけてました。ほぼ1ヶ月間、1日に5回くらいアルバムをフルで回してたな。なので、僕にとって最も聴いたアルバムベスト5には入ります。ちょっと関係ない話ですみません、思い出しちゃったもので。
2016/06/09 17:52