掃除と言えばリチャードクレイダーマン、記憶の奥底にある苔のような音楽
16
4
 
 この日何の日? 
僕の育った小さな街でリチャード・クレイダーマンのピアノが流れまくっていた時期
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1981年のコラム 
ビバ、ロック54!80年代の中高生にカセットテープは欠かせない!

ボニー・タイラーと葛城ユキ、共通点がありすぎる本家とカバー歌手の場合

信じる?信じない?切なくも勇気づけられるアメリカン・ヒーローのテーマ

共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.9

試合に勝って勝負に負けた「かっちゃん vs 横浜銀蝿」人生編

目指すはシーナ・イーストン! でも、モダンガールにはなれなかったよ…

もっとみる≫

photo:Discogs  

高校のとき、授業の後は掃除の時間だった。昔は15時とか16時といった概念は無かったので、3時か4時くらい。全校一斉に掃除の時間が始まり、校内放送では必ずこの人の音楽が流れていた。それはリチャード・クレイダーマン。フランスのピアニストです。ジャンルで言えばイージーリスニング、今で言うラウンジ。誰の邪魔にもならない無難で心地良い音楽。嫌いでも無かったけど、全く興味がありませんでした。まさに無関心そのもの。

それでも毎日繰り返し耳にしていた音楽というのは、なんかこう、頭の中にへばりついているものですね。深海の岩にこびりついている苔のような感じで、べたーっと。先日、YouTubeで「渚のアデリーヌ」を耳にすることがあって、いやあ、その苔がムズムズと疼きました。どう疼いたかって、80年代初頭、街のあちこちでリチャードのピアノが流れていた!という体感と記憶が一気に蘇ってきたのです。掃除の時間だけじゃなかった!

僕の身体にフラッシュバックしたのは、大型スーパーの店内、街の商店街、駅前にあった本屋、そして銀行のロビー(なぜって、暑い日にはよく涼みに行っていた... まさかの信じられない行動)などの空気感。そう、リチャード・クレイダーマンのピアノは小さな街の至るところで奏でられていたのです。何よりも繊細なピアノタッチに上品で優雅な感じ。時代が求めていた雰囲気だったのかもしれません。そして、誰の邪魔をすることもなく、されど特に気にも留めてもらえず、ただひたすら黙々と流れ続けていたのです。

そう思うと愛おしいなあ、リチャード・クレイダーマン。何も新しいことや奇抜なことをやって残っていくものだけが音楽の歴史じゃない。今となっては市井で彼の音楽を聴く機会はあまり無いだろうけど、出逢いたいなあ、偶然に。情報求む!


追記:また理屈っぽいコラムを書いてしまった。「きゃあ、リチャード、最高!」みたいな体験をお持ちの方、ご参加お待ちしています!

2016.04.17
16
  YouTube / fukusuke1100
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1966年生まれ
太田 秀樹
松田聖子のファンではあったのですが、ラジオはあまり聞いてなくて。。。そうですか、そんなコーナーがあったんだ。ぜひ聞いてみたいです。それとは関係ありませんが、銀行のことで思い出したんですけど、クレイダーマンだけじゃなく「高校野球」もテレビで流していたような記憶があります。うろ覚え。
2016/04/19 02:44
1
返信
1996年生まれ
みなみ
普通にいい曲
2016/04/17 11:57
0
返信
1965年生まれ
マイケル上大岡
私にとってのクレイダーマンは、聖子ちゃんのラジオのポエムコーナーのBGMです。
ちなみに銀行に涼みに行っててガードマンに追い出された事があります(笑)青山通りの富士銀行でした。
2016/04/17 10:13
5
返信
1966年生まれ
プリンス目白
確かによくかかっていた。今でもイトーヨーカドーだっけかな? 閉店のBGMで使われている気がする。悪くないよ、クレイダーマン。
2016/04/17 06:50
1
返信
カタリベ
1966年生まれ
太田秀樹
コラムリスト≫
38
1
9
8
0
ニューエイジの旗手、ウィンダムヒル・レコードを採用したクルマCMの名作
カタリベ / goo_chan
60
1
9
8
5
誰もがわたせせいぞう、ビリー・ジョエルは妄想を駆り立てる男のロマン?
カタリベ / 時の旅人
24
1
9
8
8
少女が少年を演じる「1999年の夏休み」ピアノの旋律が儚く切なく響く
カタリベ / 鎌倉屋 武士
23
1
9
8
3
総制作費200万円、すったもんだの「ゴンチチ」レコーディング顛末記
カタリベ / 福岡 智彦
32
1
9
8
3
カレン・カーペンターとわたし、透き通る歌声の中に秘められた哀しみ
カタリベ / Maria
21
1
9
8
3
ゴンチチとの出会い、ファーストアルバム制作までのいきさつ
カタリベ / 福岡 智彦
Re:minder - リマインダー