6月7日
どちらも生真面目!? PiLとスタカンは似てない双子か他人のそら似
8
2
 
 この日何の日? 
スタイル・カウンシルの「ハブ・ユー・エヴァー・ハッド・イット・ブルー」が収録された映画『ビギナーズ』が日本で公開された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1986年のコラム 
瑠璃色の地球と出会った、誰もいない音楽室から続くもの

愛ある日々。クイーンの全キャリアから選ぶ個人的ベストはコレだ!

上司悶絶! 1986年のマリリンで腰を振る総務部屈指のアーティスト

1986年のマドンナ、ターニングポイントは「パパ・ドント・プリーチ」

ポールがバック!? デヴィッド・ボウイとミック・ジャガー幻の共演ライヴ

プリンス・トラスト'86 ポール・マッカートニーがライヴに還ってきた夜!

もっとみる≫

photo:Discogs  

PiL(Public Image Limited. 通称:ピル)とスタイル・カウンシルはまるで似ていない双子のようだ.PiLのヴォーカルのジョン・ライドンはセックス・ピストルズに在籍し,「スタカン」のポール・ウェラーはザ・ジャムでパンク/ニュー・ウェーヴを志した.ジョニーはヴィヴィアン・ウェストウッドによるタータンチェックのボンテージ・パンツに身を包み,ウェラーはモッズ・スタイルできめていた.パンクの後でPiLはアヴァンギャルドと呼ばれ,スタカンはジャズやソウルを取り入れた「お洒落な」サウンドに,真面目な歌詞をのせていた.

80年代のPiLは生真面目だったが,スタカンも彼らなりのやり方でメディアを意識していた.まず1984年の「シャウト・トゥ・ザ・トップ」は結構ヒットしたし当然アルバムの「先行シングル」と思いきや,『アワ・フェイバリット・ショップ』(1985年)には収録されなかった.このアルバム,楽曲の心地よさもさることながら,通常の見開きジャケットなのに,内側からレコードを入れるファッショナブルなつくりで,一風変わった上品さを醸し出していた.

アルバムはもとより,未収録シングルも買わざるを得ずファンは涙した.ちなみに「シャウト〜」だけなら『ビジョン・クエスト 青春の賭け』(1985年)のサントラに収録されていたが,12インチにはまた違うヴァージョンが入っていて,どちらも泣く々購入した.次のシングル「ハブ・ユー・エヴァー・ハッド・イット・ブルー」(1986年)は『ビギナーズ』という映画のサントラにのみ収録された曲で,やはりシングル/12インチ/サントラのいずれかの選択を迫られたわけだが,これは『アワ・ファイバリット・ショップ』収録の「With everything to lose」という曲の歌詞とアレンジを変えた別ヴァージョンで,新曲じゃないしされど旧曲でもないわけで,まったくもってやりきれない気がした.

ファン心理を巧みについた戦略はまだまだ続く.「ハブ・ユー〜」の輸入版シングルは,青いロゴの入った厚手の特製専用ビニール入りで,おまけにカセットテープまで付いていた.カセットのA面には「ハブ・ユー〜」のUncutヴァージョン,B面には原曲「With everything to lose」のロンドンでのライヴ・テイクが入っている.アルバム未収録,別ヴァージョン,二つのおまけ付きには抗えない.こうして日に日にスタカン・コレクションが増えてゆく.

次のアルバム『コスト・オブ・ラヴィング』(1987年)はオレンジ一色の見開きジャケットに, 12インチ2枚を入れた初回限定版で発売された.まるで12インチ3枚組の初回限定版で『メタル・ボックス』を出したPiLのよう.あざとい商法か,時代を表現したお洒落か,生真面目な音の探求か.ピルとスタカン,実のところ他人のそら似と言うべきか.

2016.07.14
8
  YouTube / polydorclassics's channel
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1966年生まれ
太田 秀樹
現在のエクストラトラックやヴァージョン違いと圧倒的に異なる点は、それぞれのアーティストが(たとえ流行りであったとしても)、シングルやら12インチやらCDやらLPやらカセットやら、各々のメディアに適した表現を模索していたこと。アメリカのFM曲のように小林克也のDJを被せたコンピをカセットでしかリリースしなかった山下達郎とか、アートワークに凝った詩集と共にポエトリーリーディングをカセットブックとして表現した佐野元春とか、アルバム全曲を<トラック1>としてCDのランダム再生を拒んだプリンスとか。
2016/07/17 04:12
2
返信
1966年生まれ
プリンス目白
なになにヴァージョンとか、今も昔もいっぱいありましたね。カセットブックとかもあったし。何がベース(メイン)なのかなあと迷いながらも、僕の場合だいたいアルバムヴァージョンが基本でした。
2016/07/15 20:48
1
返信
カタリベ
1970年生まれ
ジャン・タリメー
コラムリスト≫
20
1
9
8
2
ポール・ウェラー vs オレ、レコードハント闘争時代 〜 ザ・ジャム篇
カタリベ / ソウマ マナブ
27
1
9
8
4
スタイル・カウンシル初来日!即興サイン会を決行した25歳のポール・ウェラー
カタリベ / 平マリアンヌ
19
1
9
8
3
ポール・ウェラー vs オレ、レコードハント闘争時代 〜 スタカン篇
カタリベ / ソウマ マナブ
23
1
9
8
6
生真面目なPiLの試み、CDは1枚、LPなら2枚、さらには3枚組の12インチ!
カタリベ / ジャン・タリメー
35
1
9
8
2
白シャツ男子と私の妄想、息子と彼とポール・ウェラー
カタリベ / まさこすもす
44
1
9
8
4
東京の気分は変わり続ける、おしゃれとカフェバーとスタイル・カウンシル
カタリベ / 中川 肇
Re:minder - リマインダー