1977年 10月10日

僕たちのロック入門書「すすめ!!パイレーツ」と「マカロニほうれん荘」

81
18
 
 この日何の日? 
江口寿史の漫画「すすめ!!パイレーツ」の連載が始まった日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1977年のコラム 
女心と秋の空… 男心に男が惚れる、ビリー・ジョエルの素顔のままで

貞淑妻の昼下がり不倫!山田太一の傑作「岸辺のアルバム」に続きがあった?

格好いいのか悪いのか、教科書の落書きはモーターズのロゴ!

寒い冬にはラモーンズ! バーバーバー♪ で縦ノリジャンプ!

歩き出す一人のアイドル、桜田淳子の第二章は「しあわせ芝居」から

サンタクロース、金よこせ! ひねくれ者のクリスマスはキンクスで決まり?

もっとみる≫






photo:tumblr  

小中学生の頃、床屋で散髪の待ち時間に読む漫画が楽しみだった。

『ドカベン』や『侍ジャイアンツ』といった野球漫画に飽きた頃、新しい単行本が追加されて手を伸ばした。それが、鴨川つばめの『マカロニほうれん荘』と江口寿史の『すすめ!! パイレーツ』だ。

思い返せば、漫画の中で描かれたミュージシャンとの出会いが、その後の自分の音楽的嗜好に多大な影響を与えているのではないかと思うことがある。

例えば『マカロニほうれん荘』には、ランナウェイズのシェリー・カーリーにコスプレ女装した胸毛パンパン、エロ下着をまとった高校教師(クマ先生)が登場する。オー! NO! 漫画で読んだ時は何だかわからず、ただ気持ち悪くてムズムズしていたが、後日レコード店でシェリーを実際に知り、なるほど、コレか! と気付かされる訳だ。実際の彼女は超絶セクシーなお姉さんだったが…

他にも喫茶店でクイーンのアルバム『華麗なるレース(A Day at the Races)』をかけて欲しいとねだる客がブライアン・メイそっくりだったり、スティーヴン・タイラー似の刑事も登場。さらに主人公のトシちゃんが場末のキャバレーで「ステキなかたね! ブライアン・フェリーみたい。ウフン」とホステスに言い寄られるなんてシーンもあった。

これはまさにロックの入門書、僕とロックとの出会いは床屋の本棚から始まったのだ。小さな待合室にはクールスのポスター、土日などは客層がガラリと変わる。店主はレザーカットを駆使し、独自のテクニックでアニキたちの鶏冠を立てていく。そしてマカロニのトシちゃんやドラネコロックみたいにクールなリーゼントが完成する。店の名前は昭和軒と言った。中華料理屋ではない!


さて、話を戻そう。

当時、子供たちは週刊少年チャンピオン派とジャンプ派に分かれていた。チャンピオンでは、水島新司の『ドカベン』がシリアスな野球漫画で人気を博し、それに対抗するかのようにジャンプは野球ギャグ漫画なる新しい試みを打ち出す。その先兵となったのが『すすめ!! パイレーツ』だ。

それは千葉農協が親会社という弱小プロ野球チーム・パイレーツを描いた群集劇。巨人の星、ウルトラマンといった空想の世界だけでは飽き足らず、王・長嶋、江川、小林繁まで巻き込んで「空白の一日事件」をイジリ倒し、今では絶対にあり得ない著作権侵害レベルの強烈な魔球(パロディ)を散髪を待つ僕たちに投げ込んできた。

『すすめ!! パイレーツ』は、『マカロニほうれん荘』とほぼ同時期に始まり、これはまさにジャンプとチャンピオンの頂上決戦だった。作者は言わずと知れた江口寿史。しかも作中、ディーヴォやクラフトワークが度々ネタになっていた。そう、僕たちにとってのもうひとつのロックの入門書がパイレーツであった。聞きなれない名前のアーティスト、聴いたことのない音楽の正体を求めて、あの時僕たちはニューウェイヴの海へと漕ぎ出していた。それは江口寿史が僕たちを洋楽の沼に踏み込ませるために放った「一発ギャグ」という撒き餌だった。


「あ けんけんのぉ さてすふぁくしおん」


1980年以降、『ひのまる劇場』など他の連載でも、トーキング・ヘッズ、YMO、クラウス・ノミなどをネタにし続けていたから、僕たちにとってその影響力は絶大だった。当時、江口先生は『少年ジャンプ』を読む子供たちに本気でニューウェイヴを浸透させたいと考えていたそうで、僕はその思惑にまんまとハマり釣りあげられたということだ。

ちなみに、坂本龍一さんのアルバム『B2-UNIT』(80年)。自分の記憶が正しければ、江口漫画の人気もあって少年誌であるジャンプに広告が載ったことがあります! これは今とは違って、当時としてはすごく画期的な出来事なんですよ。


Song Data
■I Can't Get No Satisfaction / Devo
■作詞・作曲:Mick Jagger, Keith Richards
■プロデューサー:Brian Eno, Chuck Statler
■発売:1977年9月(シングル)

※2016年1月8日に掲載された記事をアップデート


2019.03.29
81
  YouTube / TheRunawaysVEVO


  YouTube / Warner Bros. Records


  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1964年生まれ
HI-SATAKE1224
「あ、メーテルが寝てる」 
「ちゃんと見えてる?メーテル?」
「あ、エーテルが煮えてる」


「激しく浣腸した」


「大学生~にいさんに~♪
 大という字を教わった~♪」

2018/11/20 18:48
7
返信
1966年生まれ
鎌倉屋 武士
おいらは~~ 山梨!! おまえェェ奈良!!
2018/11/25 01:51
3
1966年生まれ
鎌倉屋 武士
江口先生の描く女の子を3次元化すると森高千里に近付いていくような気がしてならない。

こういう絵柄、江口さん以前にはあまりなかったように思います。敢えて感情を深く絵柄に書き込まないところはアンドロイド的というか、テクノやニューウェーブのアーティストの印象と被りますよね。適度な写実性と人形のような無機質さが相まって、たしかに理想の女性のように見えます。「カワイイ」「キレイ」をディティールにまでこだわって描くととこうなるのかも。

2016/07/29 09:48
2
返信
1966年生まれ
プリンス目白
絵がかわいい。なぜこんなかわいいんだろ? 男性目線から見た理想の女性像?
2016/07/19 09:35
5
返信
1965年生まれ
トシちゃん25歳
マカほう、何度も読み返すのはモチロンでしたが…私は表紙に描かれた女の子を何度もガン見していました(汗)。鴨川先生の描く女の子はエロティックでしたから~www そういう意味では江口先生の絵は今でいう萌え路線でしたネ。
2016/04/09 07:38
3
返信
1967年生まれ
時の旅人
「マカロニほうれん荘」。翌週の発売日まで、10回ぐらいは読み返していた記憶があります。
2016/04/06 16:50
4
返信


カタリベ
1966年生まれ
鎌倉屋 武士
コラムリスト≫
34
1
9
8
6
そもそもクイーンがこんな世界的なバンドになるとはまったく思わなかった
カタリベ / 佐々木 美夏
27
1
9
7
8
ジャケットだけが好きになれない!ディーヴォ「頽廃的美学論」の買い方
カタリベ / やっすぅ
23
1
9
8
6
愛ある日々。クイーンの全キャリアから選ぶ個人的ベストはコレだ!
カタリベ /  白石・しゅーげ
75
1
9
8
0
YMO の必然と黄金の6年間、変わっていく時代と新しい音楽のカタチ
カタリベ / 指南役
46
2
0
1
7
愛にすべてを… クイーンのフロントマンにふさわしいのは誰?
カタリベ / 中川 肇
48
1
9
8
5
クイーンが魅せた音楽の力、ライヴエイドでの圧倒的パフォーマンス!
カタリベ /  白石・しゅーげ
Re:minder - リマインダー