1月1日

シンプリー・レッドのミック・ハックネルは「赤い悪魔」の熱狂的サポーター

30
2
 
 この日何の日? 
シンプリー・レッドのシングル「ホールディング・バック・イヤーズ」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1986年のコラム 
インダストリアル・サウンドの美学、鉄男の音楽を手掛けた石川忠のバンド

偉大なるアメリカン・ギターズ、愛ある限りギブソンは復活する!

スーツの似合うロックミュージシャン、ロバート・パーマーは男の憧れ!

80年代メタルのギター革命! イングヴェイ、そしてポール・ギルバートの衝撃

アフリカ飢餓救済チャリティ「ヒア・アンド・エイド」HR/HM 勢も続け!

カバーの女王「椎名恵」さしづめ彼女はシンガーソングトランスレーター

もっとみる≫



photo:simplyred.com  

今から2年ちょっと前の話だが、英国のタブロイド紙『Daily Mail』のスポーツ欄に面白い見出しを見つけた。


Simply Dread! Fergie and Hucknall holding back the tears after late Fulham equaliser.


これは、世界的なフットボール・クラブ(サッカーは米語なので敢えてフットボールと表記)であるマンチェスター・ユナイテッドが、本拠地で当時最下位のフルアムに終了間際に追いつかれて2-2で引き分けた試合の記事である。

写真を見ると、マンUの伝説的名将で「Sir」の称号を持つアレックス・ファーガソン元監督の隣に、何とシンプリー・レッドのボーカリスト、ミック・ハックネルが座っている。

つまり、見出しの Simply Dread は Simply Red を、holding back the tears は彼らのヒット曲「Holding Back the Years」をもじったという訳だ。

そもそもシンプリー・レッドというバンド名は「ミック・ハックネルが赤毛だということ」と「彼が熱狂的にサポートしているマンUのシンボルカラーが赤であること」に由来しているらしい。

フットボールの母国イングランドでは、彼に限らず多くのミュージシャンが、自分がサポートしているクラブ名を表明している。例えば、ポール・マッカートニーのエヴァートン、エルトン・ジョンのワトフォード、スティングのニューカッスルを始め、オアシスのギャラガー兄弟がマンチェスター・シティの熱狂的サポーターというのも有名な話だ。

シンプリー・レッドは、85年末にリリースしたデビューアルバム『ピクチャー・ブック』がいきなりヒットしたが、日本の音楽ファンにとっては、日本人ドラマー屋敷豪太が正式メンバーとして参画し、91~92年に英国の年間チャートで2年連続1位になった『スターズ』の方が知られているかもしれない。

しかし、彼らの出世作であり初の全米No.1作品「ホールディング・バック・イヤーズ」は、今聴いても味わい深いバラードだと思う。ミックが17歳の時に書いた曲で、幼少時から持ち続けた抑圧感を歌ったらしいが、映像も含めて非常に英国的な作品ではないだろうか。

なお、彼らはその3年後、フィリー・ソウルの定番、ハロルド・メルヴィン&ザ・ブルーノーツの「二人の絆(If You Don t Know Me By Now)」をカバーして、再度No.1に輝いている。


Holding Back the Years / Simply Red
作詞・作曲:Mick Hucknall, Neil Moss
プロデュース:Stewart Levine
発売:1986年1月1日

2016.06.11
30
  YouTube / Simply Red


  YouTube / Simply Red
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
中川 肇
Mick Hucknallは、この記事の写真を撮られた時点で53歳ですが、実年齢以上に劣化してる感じが・・・
2016/06/13 12:48
1
返信
1966年生まれ
プリンス目白
大好きな曲です。30年聴き続けている曲があるってなんて幸せだろう。しかしながら、ミック・ハックネルの変貌にはビックリ。
2016/06/11 06:32
2
返信
カタリベ
1965年生まれ
中川肇
コラムリスト≫
32
1
9
8
6
今こそ再び!メタル版 USAフォー・アフリカ「ヒア・アンド・エイド」
カタリベ / 中塚 一晶
104
1
9
9
3
W杯予選「ドーハの悲劇」から30年!サッカー日本代表に受け継がれる消えることなきDNA
カタリベ / 指南役
17
1
9
8
9
ヴァン・モリソン、いまだ来日公演のない最後の大物アーティスト
カタリベ / DR.ENO
103
1
9
8
7
スタイル・カウンシルよりずっとクールだったブロウ・モンキーズ
カタリベ / 中川 肇
9
1
9
8
7
松田聖子も選んだロビー・ネヴィル、決して「セ・ラ・ヴィ」だけじゃない!
カタリベ / KARL南澤
9
1
9
8
5
地味ながらセンス抜群、天才テリー・ホールの魅力「カラーフィールド」篇
カタリベ / DR.ENO