4月15日

MTV的映画「フラッシュダンス」と ジェリー・ブラッカイマーのメディアミックス

44
5
 
 この日何の日? 
映画「フラッシュダンス」が米国で劇場公開された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1983年のコラム 
恐るべし阿木燿子と柏原芳恵「ちょっとなら媚薬」悪女路線の濃密な3分間!

僕らの世代にとってデヴィッド・ボウイは最初からスーパースターだった

レッツ・ダンス — デヴィッド・ボウイと踊ろう、シリアスな月の下で

4月15日は「東京ディズニーランド」の誕生日、夢と魔法の王国が日本にできるまで!

北国からの主張、10代のメンタリティに刺さったアズテック・カメラ

杉山清貴&オメガトライブ「SUMMER SUSPICION」カーステと相性抜群の和風AOR

もっとみる≫



photo:UNIVERSAL MUSIC  

輝かしい実績! ハリウッドの大プロデューサー、ジェリー・ブラッカイマー


2000年代に入ってから、『CHASE チェイス / 逃亡者を追え!』、『HOSTAGES ホステージ』や、CSIシリーズなどの人気テレビドラマを手掛けてきた人物―― ジェリー・ブラッカイマー。ハリウッドの大プロデューサー。それ以前の代表作は『アルマゲドン』『パールハーバー』『パイレーツ・オブ・カリビアン』といった数々の大ヒット映画だ。

実に輝かしい実績を残しているが、これらの映画に共通するのは既存の “映画育ちの監督” ではなく、エイドリアン・ライン、トニー・スコットといった CM やミュージックビデオで斬新な映像センスを身につけた若い監督経験者を起用して大ヒット映画を量産してきたことである。

MTV的な映像表現、サウンドトラックからの大ヒット!


それまで映画は観て「考えるもの」だった。しかし、ブラッカイマーの登場以後、流行映画の文体はガラリと雰囲気を変えていく。速いテンポのカッティングとクールなポップミュージック… このときから大衆の認識は流行という風向きに倣って、映画は観て「感じるもの」に変容する。

その原点となるのが『フラッシュダンス』(1983年)。MTV的な映像表現を映画に初めて取り入れ成功した記念碑的な作品である。その後も『ビバリーヒルズ・コップ』(1984年)『トップガン』(1986年)『デイズ・オブ・サンダー』(1990年)などが大ヒット。当時はデートに行くならこういうシャレた映画を観なけりゃダメだと感じたものだ。

だから、この当時に青春を謳歌した我々世代のレコード棚には必ずと言っていいほど、この手のサウンドトラックが眠っている。アイリーン・キャラの「フラッシュダンス~ホワット・ア・フィーリング」、ボブ・シーガーの「シェイクダウン」、ケニー・ロギンスの「デンジャー・ゾーン」、デイヴィッド・カヴァデールの「自由への旅立ち(The Last Note of Freedom)」とイカした曲ばかり。

エンタテインメント業界の在り方を変えた「フラッシュダンス」


1960~1970年代の音楽を聴いてきた古くからのロックファンはそんな産業ロックと言うかもしれない。でもシーガー、ロギンス、カヴァデールのような70年代を生き抜いてきたレジェンドを抜擢したからこそ実現した奇跡であると私は思う。

映画を売るための音楽、音楽を売るための映画―― 今であればごく普通のことだが、ブラッカイマー以前のハリウッド映画では、何の関係もない歌付きの音楽がアクションシーンなどに流れることはあまり無かった。

メディアミックスと言えば、日本では1970年代後半から映画と書籍と音楽を売りまくった「角川商法」の例がある。ブラッカイマーの現在の栄達を鑑みれば、それ以前に同じようなやり方で日本中に夢を売った角川春樹という映画プロデューサーがいかに凄かったのか理解できる。

しかし、ブラッカイマーのプロデュースは、その遥かに上を行く世界的な一大ムーブメントだった。『フラッシュダンス』をきっかけにエンタテインメント業界の在り方が変わったといっても過言ではないだろう。


※2016年1月14日、2018年4月15日に掲載された記事をアップデート

2020.04.15
44


  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1966年生まれ
鎌倉屋 武士
プリンスさん、たしかに!ヒット曲の持つ力すごいですネ…。
このコラムを書くようになり、当時よく聴いた曲を再聴する度、自分がその時何をしていたのかとか記憶が強く蘇えります。ただ、本当の記憶と後から作られた記憶とを分けるのが意外と大変。記憶が間違いないか精査するのに結構時間を費やしてしまうことが多いんです(汗)。
2016/06/30 13:21
2
返信
1966年生まれ
プリンス目白
83年夏、この歌は本当に街のあちこちから聴こえていた。一聴するだけで当時の感覚が蘇る。好き嫌いはおいておいて、ヒット曲の持つ力って本当にすごい。
2016/06/10 05:56
2
返信
カタリベ
1966年生まれ
鎌倉屋 武士
コラムリスト≫
13
1
9
8
1
アーリー80's、ポインター・シスターズが放った一服の清涼剤
カタリベ / KARL南澤
19
1
9
8
6
アメリカ音楽への敬意と誇り、歌うはジョン・クーガー・メレンキャンプ
カタリベ / KARL南澤
42
2
0
2
0
80年代は洋楽黄金時代、ネットはなかったけど音楽は今よりずっと身近にあった
カタリベ / 本田 隆
19
1
9
8
3
ホワイトスネイクに抜かれたギタリスト、エイドリアン・ヴァンデンバーグ
カタリベ / 中塚 一晶
21
1
9
8
9
鬼気迫る松田優作、映画「ブラック・レイン」でマイケル・ダグラスと高倉健を凌ぐ存在感
カタリベ / ソウマ マナブ
30
1
9
9
1
80年代の奇才、ジム・ジャームッシュ「ナイト・オン・ザ・プラネット」
カタリベ /  白石・しゅーげ