8月1日
エンドレス・ラブ、史上最強デュエットソングは「女王」最後の全米No.1
41
2
 
 この日何の日? 
ライオネル・リッチーとダイアナ・ロスによるデュエットシングル「エンドレス・ラブ 」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1981年のコラム 
大相撲をなめるなよ!デュラン・デュラン「グラビアの美少女」に憤り!

キッスは目にして、キュートなヴィーナスが私の記憶にキッスする

頭脳警察を探して三千里、やっと聴けた!発禁も生産中止も関係ない!

イモ欽トリオ、ダンスフロアに華やかなハイスクールララバイ

おでこが眩しかったぁ!松田聖子の初主演映画「野菊の墓」舞台挨拶

派手な動きとツーバスドコドコ!コージー・パウエルは僕のアイドル

もっとみる≫

photo:@PhilipHungCao  

僕は1965年生まれなので、音楽的な意味で物心がついたのは70年代だ。そして、その頃ポップミュージックの世界で「女王」と言えば、彼女をおいて他にはありえなかった。

ダイアナ・ロス。

初めて彼女が歌う姿をTVで観た時、「これが本物のスターか」と幼心にも衝撃的だったのを今でも覚えている。

彼女は18曲の全米No.1ヒットを持っており(シュープリームス時代に12曲、ソロになって6曲)、2008年にマライア・キャリーに追いつかれるまで単独トップだった。「ウィ・アー・ザ・ワールド」のレコーディングの際には、スティーヴィー・ワンダーと共に、当たり前のように最前列中央に立っていた。

92年にケビン・コスナーとホイットニー・ヒューストンが共演して大ヒットした映画「ボディガード」も、元はと言えば、70年代にスティーブ・マックイーンとダイアナ・ロスの共演を前提に書かれたものだ(その後一旦お蔵入り)。

そんなダイアナにとって最後のNo.1ヒットとなったのが、ライオネル・リッチーとデュエットした「エンドレス・ラブ」。

彼女は過去に3人の男性シンガーとイレギュラーのデュエットを組んでいるが、マーヴィン・ゲイ、マイケル・ジャクソンに続く3人目のパートナーが、ちょうどコモドアーズから独立したばかりのライオネルだった。

そもそもデュエットソングは、映画とのタイアップが多いこともあって、僕たち旧世代の日本人にとって、歌詞も曲調もとても正気で聴いていられないような「こっぱずかしい」ものが殆ど。だからこそ、ダイアナの「女王」ぶりが際立つのかもしれない。

「エンドレス・ラブ」はその最たるものだと思うが、楽曲だけを見れば(聴けば)ライオネルのソングライターとしての力量が発揮された名バラードだと言えるだろう。

思えば、80年代には男女デュエットのヒット曲がたくさん登場した。以下は全て80年代の楽曲である。


■ジョー・コッカー&ジェニファー・ウォーンズ「愛と青春の旅だち」

■パティ・オースティン&ジェームス・イングラム「あまねく愛で」

■ケニー・ロジャース&ドリー・パートン「アイランド・イン・ザ・ストリーム」

■パティ・ラベル&マイケル・マクドナルド「オン・マイ・オウン」


そんな数あるデュエットソングの中で、史上最大のヒットとなったのが「エンドレス・ラブ」で、82年にはアカデミー賞とグラミー賞の両方でノミネートされている。「女王」の華々しいキャリアの最後は、やっぱり「女王」らしく華やかだった。


Endless Love / Diana Ross & Lionel Richie
作詞・作曲・プロデュース:Lionel Richie
発売:1981年8月1日(8月15日1位)

2016.08.03
41
  YouTube / DianaRossTV


  YouTube / satamikoR
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
中川 肇
これ初めて観ましたが、確かに笑えますね lol でも、Lionelのお陰で(?)Crystal Kayがあっさりと感じられて、日本人のオッサンとしては好感が持てました。
2016/08/03 18:34
3
返信
1966年生まれ
プリンス目白
コラムを読んではたと思い出した。どうしても目に焼き付いて離れない映像がある。それは2012年にアップされたライオネル・リッチーとクリスタル・ケイのデュエット。この映像は凄い。何が凄いってライオネルの満面の笑みと恍惚とした表情。いつもの5倍は鼻の穴が開いている。ライオネルに一歩も引けをとらず堂々と歌い上げるケイちゃんは美しくも賞賛に値するのだが、どうしたってこのライオネルには負ける。決して悪い意味で言ってるわけではないのだが、初めて観たときは大爆笑した。いや、絶対にケイちゃんも笑いをこらえている… 最後のカットまで1秒たりとも目が離せない! https://www.youtube.com/watch?v=R4rFHvVSMUs
2016/08/03 05:36
5
返信
カタリベ
1965年生まれ
中川肇
コラムリスト≫
47
1
9
8
2
恋はあせらず、80年代に引き継がれたモータウン・サウンド
カタリベ / 中川 肇
23
1
9
8
5
意表を突かれた大物コラボ、フィル・コリンズ&フィリップ・ベイリー
カタリベ / KARL南澤
27
1
9
8
5
イギリス育ちのブラコン・シンガー、ビリー・オーシャンのプライド
カタリベ / KARL南澤
55
1
9
8
2
資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 ブルック・シールズと土屋昌巳の名曲
カタリベ / @0onos
15
1
9
8
2
不思議でおかしい男女のためのデュエットソング、もしかして I LOVE YOU.
カタリベ / 小山 眞史
28
1
9
8
2
マイケルの「スリラー」に味方した偶然のような必然 ー ムーンウォーク篇
カタリベ / 太田 秀樹
Re:minder - リマインダー