1988年生まれ
後藤 護
(暗黒批評系)音楽・映画ライター、翻訳家
 TOTAL 
646
『機関精神史』編集主幹。
ライターとしての活動は以下のような感じです。


【発表した論攷】


「背中で吠えつつ笑殺せしめよ〜ILL西成BLUES〜」
(『キネマ旬報 2019年3月下旬号』掲載、映画『月夜釜合戦』評)

「飾窓の女(マネキン)と魂(ソウル)のゆくえ」
(『キネマ旬報 2019年5月上・下旬合併号』掲載、映画『マネキン』評)

「羊腸たる蝶々に捧ぐ轉身の頌」
(『キネマ旬報 2019年7月上旬号』掲載、リメイク版『パピヨン』評)

「スペクタクルとしての畸形――及びセックス・ピストルズの闘争/逃走術」
(『見世物6号』新宿書房、2016年所収)

「GGアリンの見世物的糞便学(スカトロジア)」
(『見世物7号』新宿書房、2018年所収)

「歌う/歌わない吸血鬼――デトロイト・ロック・シティーからタンジェリン・ドリームへ」
(『ヱクリヲ』6号、「特集:ジャームッシュ、映画の奏でる音楽」2016年所収)

「レアグルーヴ、平岡正明」
(『ヱクリヲ』7号、「特集:音楽批評のオルタナティヴ」2017年所収)

「暗黒機械と天使の歌――『ドライヴ』の奏でるメタル・マシン・ミュージック」
(『ヱクリヲ』8号、「特集:ニコラス・ウィンディング・レフンーー拡張するノワール」2018年所収)

「「重力」としての映画音楽――フリードキン版『恐怖の報酬』の魔的なる音楽使用法」
(『南海』第四号、2018年所収)



【WEBで読める論考】

「楕円幻想としての『ラ・ラ・ランド』(サイン・シンボル篇)」

「『ラ・ラ・ランド』と青の神話学 ――あるいは夢みる道化のような芸術家の肖像 (フール・ロマン派篇)」

「ノワールの彼岸 ―ポスト・マニエリスムとしての 『ドッグ・イート・ドッグ』―」

「月と斬首から逃れて――遠藤麻衣子『TECHNOLOGY』論」

「〈疣〉の〈黄金〉への変容 ――アミール・ナデリ『山〈モンテ〉』の観念史/錬金術による解読」

(すべて『ヱクリヲWEB』掲載)


【WEBで読めるレヴュー及びコラム】

「ガーリー・カルチャーの神様、ソフィア・コッポラの映画を音楽で深読みする アルバム四選」
(『エンタメステーション』掲載)

「未来百景:ラ・ラ・ランド」
(『時間デザイン』掲載)

「スクリーンは語る:理由なき反抗」
(『時間デザイン』掲載)

「アンヴィル的瞬間―アンティ・ハーセ監督『ローディ! 地獄からの脱出』」
(『neoneo web』掲載)


【翻訳】

J・G・フレイザー『金枝篇』(国書刊行会)※訳文校正。

トニー・レインズ「虚無との接触」(『アピチャッポン・ウィーラセタクン』フィルムアート社)

ジョージー・ウールリッジ『Waterlife 水のいきもの』『Birds 鳥』(青土社)

【インタヴュー】

ギャスパー・ノエ インタヴュー(文・構成)
「幻想牢獄の「3D」――デス・ディスコ・ディオニュソス」
(『キネマ旬報』2019年11月上旬号掲載)


【今まで行ってきたイベント・鼎談】


「進入角度は平岡正明!」(@横浜シネマリン)
(映画『月夜釜合戦』上映後の「暗黒トーク」)

赤井浩太(大失敗)×後藤護(機関精神史)
「令和残侠伝~止められるか、俺たちを」@神保町スピノール
(第一部「平岡正明」篇を『機関精神史』二号に、第二部「同人誌」篇を『大失敗』二号にそれぞれ掲載予定)

郡淳一郎×後藤護
「Twitterの詩学」@早稲田大学

後藤護×宗像真弓
「見世物学会 第三回談話会」@浅草公会堂
(『見世物6号』掲載)

後藤護×山田宗史
「見世物の拡張 GGアリン(パンク)と石井輝男(映画)のグロテスク」@美学校
(『見世物7号』掲載)

大谷能生×後藤護×吉田雅史
「「平岡正明論」の再設定」@横浜
(『ヱクリヲ』WEB掲載)

佐々木敦×佐久間義貴×後藤護×細田成嗣×吉田雅史×大西常雨
「『ヱクリヲ7』刊行イベント いま音楽批評の場所はどこにあるのか」@三鷹SCHOOL
(『ヱクリヲ8』掲載)

伊藤弘了×後藤護×數藤友亮×山下研
「『ヱクリヲ8』刊行イベント 『N・W・レフン――拡張するノワール特集』を拡張する」@下北沢B&B
(『ヱクリヲ9』掲載)


【書評した本】

『幻想と怪奇の英文学Ⅲ』(春風社)
※中身はローズマリー・ジャクスン『幻想文学』の完訳
(『春風新聞 Vol.24』掲載、)

マーク・フィッシャー、五井健太郎訳『わが人生の幽霊たち』(P-VINE)
(『文藝』2019年夏号掲載)

大谷能生『平岡正明論』(P-VINE)
(『図書新聞』2018年7月28日号掲載)

ジェームズ・ブラクストン・ピーターソン『ヒップホップ・アンダーグラウンド』
(ヱクリヲweb掲載:連載「音楽批評のアルシーヴ海外編」)

ジョアンナ・デマーズ『ドローンと黙示録』
(ヱクリヲweb掲載:連載「音楽批評のアルシーヴ海外編」)

平岡正明『チャーリー・パーカーの芸術』(毎日新聞社)
(『ヱクリヲ7』、「音楽批評のアルシーヴ」掲載)

エリック・デイヴィス『レッド・ツェッペリンⅣ』(水声社)
(『ヱクリヲ7』、「音楽批評のアルシーヴ」掲載)

初沢克利『浅草』(春風社)
(『大見世物2号』掲載)

松浦寿夫+林道郎【責任編集】『Art Trace Press 03:特集 ブラック・マウンテン・カレッジ』(Art Trace)
(『機関精神史 創刊号』掲載)


twitterアカウント:ちゃーめん(@pantryboy)
 
12
1
9
8
8
ジェームス藤木は日本のJBだった?「ダンス・エクスプロージョン」の衝撃
カタリベ / 後藤 護
11
1
9
7
9
ブラックミュージックとしてのジョイ・ディヴィジョン、ブルー・マンデーを超えて
カタリベ / 後藤 護
21
1
9
8
2
ザ・キュアー「ポルノグラフィー」が放つゴシックの炎
カタリベ / 後藤 護
13
1
9
8
0
悪女映画の傑作「ジェラシー」― 愛と死の二重らせん
カタリベ / 後藤 護
11
1
9
8
0
YMO「増殖」の衝撃と笑劇 ― コミックソングが J-POP を作った
カタリベ / 後藤 護
31
1
9
8
7
再評価されるべき現代的映画「マネキン」と スターシップの「愛は止まらない」
カタリベ / 後藤 護
12
1
9
8
0
クールスと青の神話学「カリフォルニア・ブルースカイ」
カタリベ / 後藤 護
55
1
9
8
3
あくなき反骨精神、マドンナの知られざるパンク・スピリット
カタリベ / 後藤 護
12
1
9
8
9
マーティン・スコセッシの「最後の誘惑」サントラはピーター・ガブリエル
カタリベ / 後藤 護
6
1
9
8
4
充ち溢れる「精神」の歓喜 ― レアグルーヴ、田中浩一
カタリベ / 後藤 護
16
1
9
8
2
夜の鼓動を聴け —「ネブラスカ」が描くアメリカンマインドの闇
カタリベ / 後藤 護
7
1
9
8
2
マスター・オブ・ダークネス「ネブラスカ」が描くアメリカンマインドの闇
カタリベ / 後藤 護
19
1
9
8
0
墜落と笑殺 — オレンジ・ジュースに学ぶ「皮肉な処世術」
カタリベ / 後藤 護
28
1
9
8
4
ザ・スミスとエドワード・ゴーリー、沼地(ムーア)の憂鬱に今こそ学ぶ
カタリベ / 後藤 護
11
1
9
8
1
伝説のカルト映画「ルシファー・ライジング」をめぐる2枚のサントラ
カタリベ / 後藤 護
9
1
9
8
7
GGアリンの見世物的糞便学 — 血と憎悪のスカトロジア
カタリベ / 後藤 護
44
1
9
8
0
モリッシーも愛したポストパンクの重要人物、リンダー・スターリング
カタリベ / 後藤 護
11
1
9
8
2
時計じかけのスティング — 超暴力的スリラー「ブリムストン&トリ-クル」
カタリベ / 後藤 護
33
1
9
8
6
スミス・ミーツ・ピカソ ー「フェリスはある朝突然に」のメランコリー
カタリベ / 後藤 護
33
1
9
8
4
解放と抑圧のヴィジョン、映画「1984」とユーリズミックス
カタリベ / 後藤 護
23
1
9
8
9
部屋とワイセツと私、デペッシュ・モード「パーソナル・ジーザス」
カタリベ / 後藤 護
20
1
9
7
8
パンクキッズが宇宙人に恋をした ー パーティで女の子に話しかけるには
カタリベ / 後藤 護
22
1
9
8
1
アトミック・ブロンドが更新した「アンダー・プレッシャー」の新たな意味
カタリベ / 後藤 護
17
1
9
9
1
R.E.M.「ルージング・マイ・レリジョン」の神話学
カタリベ / 後藤 護
17
1
9
8
7
ジャングルから宇宙へ。ガンズのミュージックビデオを巡る三本の映画
カタリベ / 後藤 護
13
1
9
8
5
くたばれMTV!リプレイスメンツのパンク的映像表現
カタリベ / 後藤 護
51
1
9
8
2
言語化されたパンク、批評を通じて生まれた「20センチュリー・ウーマン」
カタリベ / 後藤 護
19
1
9
8
9
誰にも屈しないマドンナとN.W.A. ふたつの「エクスプレス・ユアセルフ」
カタリベ / 後藤 護
24
1
9
8
9
80年代のカルト映画と「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」の関係
カタリベ / 後藤 護
45
1
9
8
5
a-ha とダイアー・ストレイツ、MTV黄金時代に産まれた2曲のネガポジ関係
カタリベ / 後藤 護
Re:minder - リマインダー