10月25日

くたばれMTV!リプレイスメンツのパンク的映像表現

13
0
 
 この日何の日? 
リプレイスメンツのアルバム「ティム」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1985年のコラム 
ビートルズのいない80年代、そこにはニック・ロウがいた!

イメージしたことは面白いほど叶う ー 米米CLUB:博多めぐみとの邂逅

僕のラジオデイズ、深夜に胸ときめかせた辻仁成のオールナイトニッポン

反アパルトヘイト。ロックが世界を変えた時代、サン・シティ

バンド・エイドよりはるかにカッコよかったチャリティ「サン・シティ」

レ・ミゼラブル「夢やぶれて」… 夢、これ以外に将来を作り出すものはない

もっとみる≫



photo:FANART.TV  

自らを「交換可能な奴ら(リプレイスメンツ)」と名乗ることは、決して人生に対する諦めなどではなく、自分たちが「交換 “不” 可能」であることの誇りや自覚に立脚している。「俺たちは社会の歯車じゃない!」という目覚めこそがパンクなのだとしたら、リプメイスメンツというこのミネアポリス出身の田舎者バンドは、紛れもなくパンクだったといえる。

アルバム『ティム』に収録された「バスターズ・オブ・ヤング」という曲がある。ここには、音楽批評家マイケル・アゼラッドがリプレイスメンツのイメージとして挙げた「不適合者(misfit)、負け犬(loser)、田舎者(yokel)」という負の三要素が余すところなく収められている。冒頭のポール・ウェスターバーグの「うわあああああ!」という言葉にならないシャウトに、レーガン政権下、ヤッピー的サクセスドリームから零れ落ちてしまった「敗者の精神」が凝縮されているようだ。

この曲はMTV向けにPVが作られたが、その内容は驚くべきものだ。クロースアップしたスピーカーが振動する様子がひたすら映され続け、徐々にカメラは引いていき、ソファでくつろいでいる若者の手と燻らす煙草の煙だけが見える。曲が終わると若者はすっと立ち上がり、スピーカーを苛立たし気に蹴り飛ばし、外へ飛び出していく…… それだけである。

普通に考えれば、何の面白みもないPVだ。「プロモーション」という観点でいえば、間違いなく落第点である。でも少なくとも、ヤッピー的成功になど何の縁もない「俺」の魂には触れた(当時生まれてないけど)。おそらくスピーカーをひたすら見つめたことなどなかった世界中の「俺」達もまた、ただただこの映像に狼狽えたに違いない。「一体何が起こっているのか?」

アンチ・コマーシャルのつもりで撮ったPVは、ここで予想外の「映像の深さ」を獲得している。これほどゆとりある時間と空間を映し出したPVはかつてなかっただろうし、これほどリスナーと映像を同化させる体験的PVもかつてなかったはずだ。

スピーカーの「円」というフォルムにこれほど見入ったことはなかったし、立ち上る紫煙にこれほど豊かな詩情を感じたこともなかった―― 要するに詩的映像の次元なのだ。動的な楽曲に対して、不動の映像があてられる。でもそこに不調和はなく、むしろパンクの生き急ぐ衝動がより克明になる。

「くたばれMTV!」と中指を突き立てて作られたであろう、本来面白くもなんともないはずの映像が、結局最も面白い映像表現となってしまうという逆理。リプレイスメンツはただ「音」にのみ立脚することで、映像を一切顧みないことによって、逆説的にPVそのものを刷新してしまった。しかし、新たな表現形式が生まれるときというのは、そうした偶発・事故的なものではないだろうか。

彼らはその後、「レフト・オブ・ザ・ダイアル」や「アレックス・チルトン」など、同じ作風のPVを連発することになるのだが、やはり「バスターズ・オブ・ヤング」ほどの衝迫力は持ちえなかった。

やはり意図的過ぎるし、繰り返すことで反抗の身振りそのものがクリシェになっている(というか資本主義の生産→再生産→再々生産の無限地獄の論理にのっかっているように見えるのだ)。横転、事故、偶然だったからこそ、「バスターズ」は革命足りえた。青春が短く一度きりであるように、パンク的表現も一度きりの瞬間芸なのだと思う。

2017.08.07
13
  YouTube / Warner Bros Records


  YouTube / RHINO 
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1988年生まれ
後藤護
コラムリスト≫
41
1
9
9
1
女優としてのマドンナ、映画の中のキャラクターとその実像
カタリベ / goo_chan
18
1
9
8
3
僕たちムーンウォーカー世代、マイケルとブルース・リーが神だった
カタリベ / 鎌倉屋 武士
206
1
9
8
7
田中泰延が会社を辞めたほんとうの理由、迷走王ボーダーとブルーハーツ
カタリベ / 田中 泰延
54
1
9
8
3
ロックバンドの革命として語り継がれるザ・モッズ80年代の軌跡
カタリベ / 本田 隆
25
1
9
8
5
清涼感溢れるUKのフュージョンファンク、レベル42の夏向きヒットソング
カタリベ / DR.ENO
36
1
9
8
7
ルード・ボーイ、80年代後半 THE CLASH が日本で愛された理由
カタリベ / 本田 隆