11月12日
解放と抑圧のヴィジョン、映画「1984」とユーリズミックス
33
0
 
 この日何の日? 
ユーリズミックスのアルバム「1984」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1984年のコラム 
六本木心中、素直になれなかった80年代とリアルにヤバかったゼロ年代

野口五郎・西城秀樹・郷ひろみ「新御三家」がくぐり抜けたそれぞれの80's

上條淳士のロードムービー、スライダーズが越えた「金網」の向こう

3人のテイラー(仕立て屋)がいるバンド、王者デュラン・デュラン

ナイル・ロジャース、マドンナをプロデュースしたシックという劇薬

TOM★CATと北斗の拳とスターボーの関係 ー ふられ気分でRock'n' Roll

もっとみる≫

photo:FANART.TV  

最近、TSUTAYA発掘良品に入った映画にマイケル・ラドフォード監督の『1984』がある。

原作は言わずもがな、管理社会の恐怖を描いたジョージ・オーウェルの近未来SF小説だが、ロックファンなら84年リリースのヴァン・ヘイレン『1984』(※直接の影響はない)、あるいはオーウェルの小説からコンセプトを頂いたデヴィッド・ボウイ『ダイアモンドの犬(Diamond Dogs)』やリック・ウェイクマン『デカダンス1984(1984)』あたりを自然と連想するかもしれない。

他にもいろいろあるが、とにかくそれぐらいロックミュージックの世界にも影響を与えた作品ということだ。

1984年に合わせて公開されたこの映画版では、『ブレードランナー2049』が記憶に新しい名匠ロジャー・ディーキンスが撮影を担当していて、灰色に閉ざされた息苦しい全体主義社会を重厚に映し取っている。翌年の1985年公開のテリー・ギリアム『未来世紀ブラジル』とは不思議なほどにテーマ的な類似を感じさせ、また戦争中の「オセアニア」のシンボルマークである魔の紋章「V」(Victoryの頭文字)は、のちに第三次世界大戦後の全体主義国家を描いた映画『Vフォー・ヴェンデッタ』に登場する謎のヒーロー「V」の正義の紋章として反転・継承されたりもした。

さて、では音楽担当は誰かというとあのユーリズミックスなのである。

しかしこれが曰く付きで、監督のラドフォードは彼らの音楽が気に入らなかったので、自身のオーケストラによる別ヴァージョンを録音したほどだ。それゆえ映画を見ていてまともに流れる(記憶に残る?)ユーリズミックスの曲と言えば、主人公ウィンストン・スミスの逢瀬の相手「ジュリア」の名を冠した最後の曲ぐらいとなっている。

共通の青い作業着に縛められた全体主義社会の中だからこそ、ジュリアの放恣な裸体が眩しい。陰毛を隠すことなく、恋人のためにせっせと朝のコーヒーを淹れる彼女の肉体からはエロティシズムが沸き立っている。その刹那的な肉の輝きを写し取ったようなこの楽曲は、実に物憂げな官能を湛えている。

なんとなく、僕はこのジュリアに『ブレードランナー』の人造美女レイチェルの姿を重ねてしまう。それというのも『1984』には、暗い廊下の先の「101号室」の扉を開くと、緑あふれる丘が突如広がっているという象徴的な幻想風景シーンがあるからで、SF的なテクノスケープの先に広がる自然という光景は、『ブレードランナー』の有名なラストでも同様に見られた解放のヴィジョンだ。しかし、レイチェルを連れ出して一応「外」の世界へ逃げおおせたデッカードと違い、ウィンストン・スミスの自由への扉は閉ざされる。

「セックス・クライム」に問われた主人公スミスは、「思想警察」の拷問によって「二重思考」を強制され、国家への隷属を余儀なくされるのだから――「101号室」とは、実のところ解放のヴィジョンでも何でもなくて、「愛情省」による拷問が行われた恐怖の部屋なのだ。(※注1)

ところでウィンストンは秘密の日記に、「2+2=4と言えるのが自由だ」と書きつけた。しかし統治の象徴である「ビッグ・ブラザー」にとっては「2+2=5」(※注2)なのであり、人民はこれに反感を覚えつつも同意する「二重思考」が要求される。まったくもってナンセンスだが、果たして現代の僕らがこの抑圧的な「二重思考」から解放されているかというと、怪しい。

そういえば、トランプ政権下、サンフランシスコに旅行へ行った僕の友人に、とっておきの面白い(あるいはとことん面白くない)話があった。

とある書店で、彼はオーウェルの『1984』を見つけ、手に取ったのだが、目敏い店主がこう言ったのだという。

「……この国はいまだ『1984』のままさ」

ファシズムが消えても、人間の「ファシズムへの意志」が消えることはない。そのことを忘れないためにも、今こそこの映画を見るべきなのではないか。



※注1:この段落のカギ括弧「」はすべて『1984』独特の用語法で、ユーリズミックスの曲名にもなっています。

※注2:レディオヘッドの「2+2=5」という曲は『1984』の影響を受けている。


2018.02.14
33
  YouTube / EurythmicsVideoTV


  YouTube / empressefireland
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1988年生まれ
後藤護
コラムリスト≫
34
1
9
8
3
今年のテーマはユーリズミックス、爆音で響けスウィート・ドリームス!
カタリベ / 太田 秀樹
51
1
9
8
3
ユーリズミックスの異質性 ー 暗く、美しい「スウィート・ドリームス」
カタリベ / 宮井 章裕
53
1
9
8
1
フレディとボウイの「アンダー・プレッシャー」ストーリーはまだ終らない
カタリベ / 宮木 宣嗣
32
1
9
8
3
アニー・レノックス、「甘い夢」で世界に一撃を与えた男装の麗人!
カタリベ / DR.ENO
79
1
9
8
4
奇跡の年1984。第1回MTVアワードを揺るがせた最大の事件―マドンナ
カタリベ / 指南役
32
1
9
8
4
アレンジの値段は適正か?ユーリズミックスそっくりな山下久美子の曲
カタリベ / 福岡 智彦
Re:minder - リマインダー