3月9日
あくなき反骨精神、マドンナの知られざるパンク・スピリット
41
1
 
 この日何の日? 
マドンナのシングル「バーニング・アップ」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1983年のコラム 
地味なヒットが真骨頂、アメリカ以外でも再評価すべきボブ・シーガー!

鉛色の空と張りつめた空気感、スティーヴ・リリーホワイトと真冬の日本海

カバーはオリジナルを超えるか? 中島みゆきと吉田拓郎のファイト! 前篇

聴き比べ、クワイエット・ライオットの大ヒットはスレイドのカバー曲

爺爺トップなんかじゃないぜ、我が道を行くZZトップ!

僕たちムーンウォーカー世代、マイケルとブルース・リーが神だった

もっとみる≫

photo:TODAY IN MADONNA HISTORY  
photo:DailyMail  

『エミー・アンド・ザ・ブレイクファスト・クラブ』という映画が2017年に公開予定となっている。これはデビュー前のマドンナの恋愛模様と飽くなき野心に焦点を当てたドキュメンタリー映画で、寝室録音されたピロートークのテープが公開前から話題だ(元カレが流出させた!)。

そういう色っぽい話に終始するのも吝かではないのだが、ここではタイトルにある「エミー」と「ブレイクファスト・クラブ」が、彼女が所属していたパンク/NW系バンドの名前だったという点からマドンナのパンク・コネクションについて語ってみたい(ちなみにピロートークを流出させた元カレのダン・ギルロイはブレイクファスト・クラブのボーカルだ)。

「バーニング・アップ」という曲がある。これは1983年にリリースされたマドンナの1stアルバムからのセカンドシングルだが、これは実はエミー時代に作られた楽曲だ。当時のマドンナの彼氏はドラマーのスティーヴ・ブレイという男で、デモテープはその彼氏と一緒に録音された。

その中に「バーニング・アップ」は収録されていて、最終的にサイアー・レコードとのレコーディング契約を果たし、ここから誰もが知る「マドンナ伝説」が始まる。

しかしこのデモ音源からさらに遡ったライブバージョンにこそ、この曲の(というかマドンナその人の)エッセンスは隠されている。

ブレイのドラムは荒々しく、サウンドはガレージ風にささくれ立っていて、デモやアルバムで聴けるようなダンスチューンの要素は殆どない。マドンナのシャウトからは「色褪せるくらいならいっそ燃え尽きたい」というエモーションさえ感じられ、その魂のざわめきはパンクそのものだ。

要するにマドンナの原点はパンクだ、と修論でピストルズを扱った僕は声を大にして言いたい。

モードの祭典として名高い「METガラ 2013」に参加した54歳の彼女は、ブルネットのボブヘアのカツラに全身パンクファッションで現れた。いくら「PUNK: Chaos to Couture」というテーマがあったにせよ、54歳でこれだけのことをやってしまうとなると生粋のパンクスだと認めざるを得ないだろう。

最新の彼女のツアータイトルである「レベル・ハート(反骨精神)」は、彼女のパンクな生き様を言い表したものに他ならない。

最後に余談めいたことを言うと、「バーニング・アップ」のPVは、前回の僕のコラムで取り上げた「テイク・オン・ミー」及び「マネー・フォー・ナッシング」を監督したスティーヴ・バロンの手によるものである。大いなる偶然に乾杯!

2017.04.26
41
  YouTube / math p


  YouTube / txerxes


  YouTube / Warner Bros. Records
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1988年生まれ
後藤護
コラムリスト≫
21
1
9
7
9
ストラングラーズ、夜獣の館に漂うは初めて嗅ぐ本場のパンクロックの匂い
カタリベ / やっすぅ
27
1
9
8
0
ロックの原点回帰、暴走族に愛されたアナーキーのパンクロック
カタリベ / 本田 隆
20
1
9
7
9
バンドメンバー募集中、フォーク発フュージョン経由ロンドンパンク行き!
カタリベ / やっすぅ
8
1
9
8
6
どちらも生真面目!? PiLとスタカンは似てない双子か他人のそら似
カタリベ / ジャン・タリメー
16
1
9
8
6
オープン・ユア・ハートのビデオから感じるマドンナの特別さのワケ
カタリベ /  白石・しゅーげ
22
1
9
8
4
ロックとパンクの壮大なパロディ、キッチュが売りのフランキーとジグジグ
カタリベ / ジャン・タリメー
Re:minder - リマインダー