1950年生まれ
喜久野 俊和
誰も相談に来ないコンサルタント
 TOTAL 
1303
福岡出身。音楽業界45年目のオールドスクール。いまだに地元福岡が好きで月一は戻っている。レコード会社勤務31年間。音楽出版社・メディア・アーティストマネージメント会社11年間。現在フリーランスの音楽コンサルタントとして3年目を迎えている。レコード会社の現場時代はほとんど洋楽部門。宣伝マンとして70年代。洋楽ディレクターとして洋楽黄金の80年代を過ごす。まさに時代を飾ったスーパーアーティストたちを担当。
このリアルな体験から、発信側の目線での情報を提供。
 
27
1
9
8
4
映画「フットルース」の勢いを利用して、ケニー・ロギンスのブレイクを狙え!
カタリベ / 喜久野 俊和
33
1
9
8
0
TOTOは演奏だけじゃない、その “いたずら” も超絶テクニック!
カタリベ / 喜久野 俊和
46
1
9
8
1
心優しきギタリスト、ロン・ウッドが “気の毒な石ころ” だった時代の話
カタリベ / 喜久野 俊和
42
1
9
7
8
ここ一番の勝負どこ、ビリー・ジョエルの初来日は中野サンプラザの昼公演!
カタリベ / 喜久野 俊和
59
1
9
8
5
ブルース・スプリングスティーン初来日公演「BORN IN THE USA ツアー」の真実
カタリベ / 喜久野 俊和
24
1
9
7
8
ビリー・ジョエルと妻エリザベス「素顔のままで」の愛憎エピソード
カタリベ / 喜久野 俊和
79
1
9
8
8
ミック・ジャガー初来日!盛田昭夫との挨拶に垣間見たその教養の高さ
カタリベ / 喜久野 俊和
22
1
9
8
3
ビリー・ジョエルやスプリングスティーン… 洋楽アーティストの様々な宣伝販促物
カタリベ / 喜久野 俊和
132
1
9
9
0
ローリング・ストーンズ初来日、ここから始まった21世紀型ライブビジネス
カタリベ / 喜久野 俊和
12
1
9
8
3
まさにアメリカンドリーム、ジャーニー「フロンティアーズ」全米ツアー同行記!
カタリベ / 喜久野 俊和
29
1
9
8
3
ビリー・ジョエルの新しいキャリア、アルバム「イノセント・マン」は緊急発売!
カタリベ / 喜久野 俊和
33
1
9
8
2
海外アーティストの来日公演、プロモーターとレコード会社のパートナーシップ
カタリベ / 喜久野 俊和
36
1
9
8
2
間違いだらけのギョーカイ用語、それってA&R? ディレクター? プロデユーサー?
カタリベ / 喜久野 俊和
54
1
9
8
2
ビリー・ジョエルの新しいファンを獲得せよ!音楽マーケティング最前線
カタリベ / 喜久野 俊和
53
1
9
8
7
デイヴィッド・カヴァデールの愛すべき素顔、プロモーション来日ドタバタ珍道中!
カタリベ / 喜久野 俊和
140
1
9
8
2
エアチェック全盛時代「FM局とFM雑誌」ヒットづくりの重要メディア
カタリベ / 喜久野 俊和
40
1
9
8
1
80年代の音楽革命、洋楽の黄金時代をつくった MTV の登場!
カタリベ / 喜久野 俊和
52
1
9
8
4
トラブルなんて当たり前、洋楽アーティストの来日と歌番組ブッキングの裏事情!
カタリベ / 喜久野 俊和
46
1
9
8
3
ハードとソフトの素敵な関係、ウォークマンとスーパースターのエピソード
カタリベ / 喜久野 俊和
65
1
9
8
4
松田聖子もオモテナシ ♡ ワンパク坊主、ビリー・ジョエルの素顔のままで
カタリベ / 喜久野 俊和
50
1
9
8
6
フットルースとトップガン、サントラから公開までの時間差マーケティング
カタリベ / 喜久野 俊和
46
1
9
8
8
なかなか売れないニューキッズ、これがホントのステップ・バイ・ステップ?
カタリベ / 喜久野 俊和
36
1
9
8
8
1988年、灼熱の夏。CBSソニー20周年企画 — STARBOX と KIRIN DRY GIGS
カタリベ / 喜久野 俊和
44
1
9
8
1
果てしなきスーパーエナジー、ジャーニーが日本で大ブレイクした理由
カタリベ / 喜久野 俊和
43
1
9
8
4
緊急発売体制! BORN IN THE U.S.A.の国内盤が店頭に並ぶまで
カタリベ / 喜久野 俊和
60
1
9
8
4
宣伝マンの心意気、音楽のヒットで映画をあてようぜ!— フットルース篇
カタリベ / 喜久野 俊和
Re:minder - リマインダー