12月1日

すべて40年前に登場!後の時代を席捲する1982年エンタメランキングTOP10

35
0
 
 この日何の日? 
マイケル・ジャクソンのアルバム「スリラー」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1982年のコラム 
マイケルの「スリラー」に味方した偶然のような必然 ー MTV篇

音楽から総合エンタメに変化、マイケルの「スリラー」は時代の大きな転換点

Kaja な気分は 今 Goo Goo!平成生まれの女性 DJ からみたアナログレコードの魅力

あざとくて何が悪い?竹内まりやが描く河合奈保子「Invitation」の世界

時代劇エイティーズ!影の軍団と伊賀忍法帖、忍者はバラードがよく似合う

矢沢永吉「It's Just Rock'n Roll」その先にある、まだ見ぬ新境地へ

もっとみる≫




感謝! 5,000コラムを越えたリマインダーのアーカイブ


2022年、皆さま明けましておめでとうございます。このサイトもおかげさまで奇跡の7年目に突入することができまして、心より感謝とお礼を申し上げます。まったく、Re:minder のようなメディアをこんなにも長く続けることができるなんて、関わってくれた全ての皆さまのおかげでしかありません。本当にありがとうございます。

思い返せば 2015年12月23日、わずか13コラムでスタートしてから休むことなく毎日更新。発足当時はPCサイトのみで、足かけ2,200日で5,000コラムを超える80年代アーカイブとなったわけです。少ない人数で校正・校閲をかけてコラムをアップしていくのはなかなか大変な作業ですが、素晴らしい原稿を寄せてくれるカタリベの思いや、SNS等で感想を聞かせてくれる読者の顔を想像すると、やっぱり嬉しいんですよね。

1982年に登場!後の時代を席捲する象徴的なコンテンツ


さて、2022年―― 今年も様々な周年企画が登場するでしょうが、やはり注目すべきは40周年を迎える1982年でしょうか。当時のボクは16歳、高校2年で勉強なんかそっちのけ。音楽にも目覚めはじめて、毎日毎日が楽しくてしょうがなかったなあ。まあ、今もあんまり変わってないんですけどね(笑)。それにしても、この40年という時間は凄いですよ。だって、1982年の40年前って1942年、太平洋戦争の真っ只中ですからね。ホントびっくりです。

そんな1982年―― 時代をちょっと俯瞰してみると、ある種の過渡期だったりもするのですが、指南役サンの提唱する「黄金の6年間」を締め括る最後の2年間だけに、なかなか興味深く、後の時代を席捲する象徴的なタレントやコンテンツが軒並み輩出されているのです。ちょっとボクなりにベストテンを選んでみました。


第10位:BOØWYデビュー
参考アーカイブ:平成生まれが感じたBOØWY、アルバム「MORAL」の身近でフレッシュな魅力

第9位:ボーイズ・タウン・ギャングのシングル「君の瞳に恋してる」リリース
参考アーカイブ:感無量!ついにエイティーズ代表となったゲイソング、君の瞳に恋してる

第8位:西武百貨店の広告「おいしい生活。」キャンペーン
コピーライター:糸井重里、アートディレクター:浅葉克己、イメージキャラクター:ウディ・アレン

第7位:佐野元春のアルバム「SOMEDAY」リリース
参考アーカイブ:佐野元春「SOMEDAY」40周年、パンデミックを経験した今だからこそ意義深い?

第6位:映画「ブレードランナー」劇場公開
監督:リドリー・スコット、原作:フィリップ・K・ディック、主演:ハリソン・フォード

第5位:小泉今日子デビュー
参考アーカイブ:断トツのサバイブ 小泉今日子、デビュー曲のキモは「パ」の破裂音♡

第4位:中森明菜デビュー
参考アーカイブ:中森明菜「スローモーション」にみるデビュー戦略、エースは遅れてやってくる?

第3位:ソニーから世界初のコンパクトディスクプレイヤー発売
参考アーカイブ:エンタメの横顔 — 80年代の音楽シーンを大きく変えた「CD」の登場

第2位:タモリの冠番組「笑っていいとも」「タモリ倶楽部」放送開始
参考アーカイブ:稀代のインテリ芸人・タモリと黄金の6年間、密室芸から紅白の総合司会までたった8年!

第1位:マイケル・ジャクソンのアルバム「スリラー」リリース
参考アーカイブ:音楽から総合エンタメに変化、マイケルの「スリラー」は時代の大きな転換点


―― さあ、どうでしょう。なんだかこのランキングってものすごくワクワクしませんか?

▶ マイケル・ジャクソンのコラム一覧はこちら!



2022.01.03
35
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
太田秀樹
コラムリスト≫
35
1
9
9
0
平成 J-POP 幕開けイントロ、四六時中ずっと聴きたいサザン「真夏の果実」
カタリベ / 藤田 太郎
63
1
9
7
8
合言葉は「グリース」、大人への入り口だったミュージカル映画の傑作
カタリベ / 藤澤 一雅
40
1
9
8
7
80年代のビートルズ、誰にも真似なんてできない史上最強バンドの行方
カタリベ / 中川 肇
140
1
9
8
4
佐野元春がひとりぼっちで生み出した勇気、今こそ鳴り響く「VISITORS」
カタリベ / 田中 泰延
6
1
9
7
9
山口百恵「愛の嵐」ジェラシーの音を表現した美しく重厚な30秒のイントロ
カタリベ / 藤田 太郎
39
1
9
8
0
18歳の松田聖子「Eighteen」ヒット曲で歌われるのはいつも17だったけど…
カタリベ / 三園 彩華