Baliみにょん
 TOTAL 
5
 
 
36
1
9
7
8
アリス「ジョニーの子守唄」:スージー鈴木の OSAKA TEENAGE BLUE 1980 vol.12
カタリベ / スージー鈴木

Baliみにょん

 
東京の中でも緑多い中の神宮球場や、新しくできた横浜スタジアムに比べて、川崎球場はオッサンのいる昭和の風景だった。物語でいう、大阪球場の風景に似ていたかもしれない。私も80年代は球場から足が遠のき、スポーツニュースを見るくらいになっていた。バラエティ番組の中だけで、実生活で聞き慣れなかった大阪弁が、ドラマの主役が喋ることで、急に近くなった気がした時代。アゼリアができても相変わらずオッサン風景だった川崎駅前で、標準語生活の"僕"はアリスと一緒に大阪球場にリープしたんだ。
2022/04/17 10:10
35
1
9
7
8
渡辺真知子「ブルー」:スージー鈴木の OSAKA TEENAGE BLUE 1980 vol.9
カタリベ / スージー鈴木

Baliみにょん

 
初めて自分で買ったレコードは?スージーさんが時々話題にする。昔のことをドンドン忘れている私は、やっぱり思い出せない😅。ローティーンの頃はレコードや本は「高額」のイメージで、LPは"リッチな"友達に借り、カセットテープにダビングしていた。高校時代終わり頃自宅が改築され初めて自分の部屋ができた。バイトで貯めたまとまったお金でターンテーブルとカセットデッキのコンポステレオ(もちろん簡易的な!)を買った。自分で買い出した拓郎やユーミンのLP を繰り返し聞いていた風景は覚えている。《そのキラキラした音からは、ステンドグラスにきれいに張り巡らせた色とりどりのガラスが、パリパリっと割れて落ちてくるようなイメージが浮かんだ》こんなふうに私は歌を聴いていたのだろうか。思春期の数年の間に景色が変わる経験をしたのだろうか。「僕」と音楽の素敵な日々に陶然とするシリーズです。
2022/03/05 19:20
 
 
50
1
9
8
0
渡辺真知子「唇よ、熱く君を語れ」:スージー鈴木の OSAKA TEENAGE BLUE 1980 vol.10
カタリベ / スージー鈴木

Baliみにょん

 
「じゃじゃ馬」喫茶店名「マロニエ」ドアベルの「カラーン♪」熟年にとっては時代を思い出すモノばかりだ。実力派シンガーソングライターが花開き、世の耳目を集め出す80年代。アイドル女子が自分自身で足元を見つめ、しなやかにしたたかに魅力を発揮し始めた。けれど、熱い「うちの問題」を抱えていた女子がたくさんいたんだろう、チクリと胸が痛くなった。
2022/03/20 10:56
38
1
9
8
0
RCサクセション「雨あがりの夜空に」:スージー鈴木の OSAKA TEENAGE BLUE 1980 vol.11
カタリベ / スージー鈴木

Baliみにょん

 
鬱屈と理屈の世代を押しのけるように爆発した、70年代のナンセンス。毎週『がきデカ』『マカロニほうれん荘』のページをめくってはただ笑い、ギャグを口にしていた。楽しく晴れがましかった"小川"とのナンセンスステージから3年。お笑いは知的な切り口が脚光を浴び、真摯に自分と向き合いせつなく歌うロック。"僕"と"小川"が少年から青年へ歩き出す姿が愛おしい。
2022/04/02 09:33
27
1
9
8
0
サザン「いなせなロコモーション」:スージー鈴木の OSAKA TEENAGE BLUE 1980 vol.6
カタリベ / スージー鈴木

Baliみにょん

 
美しいフォームを頭の中でイメージし、身体の力を抜く為に、アタマの中で歌う。実際のスポーツだけでなく、生き辛くなった時これまで何度も歌って来たのを思い出した。そして空を見上げた。胸に込み上げる思いのプレイバック。
2022/01/16 09:19
 
 
 
 
 
 
 
66
1
9
8
7
みんなのブルーハーツ「終わらない歌」真島昌利が言葉にしたはちきれんばかりの初期衝動!
カタリベ / スージー鈴木

Baliみにょん

 
《自分たちを「クソッタレ」「クズ共」「・・・・」と規定した青春を思い出して、エモーショナルになるオヤジ》を忌避?する若者は
《格差がどんどん広がってる。だから、そういうことに気づかないといけない。自分が何に属しているのか。逆に何にも属さない自分とか。》に思いが至らない令和の現状。
スージーさんのこの分析を読み《恐ろしいほどにシンプルなコードとリズム、メロディによって、初期衝動をありのままに盛り立て》『終わらない歌』を繰り返し聞き「みんなのブルーハーツ」を自分に向けたいと感じる。
2022/10/22 09:16
31
1
9
8
7
みんなのブルーハーツ「パンク・ロック」今の時代、メッセージソングは有効なのか?
カタリベ / スージー鈴木

Baliみにょん

 
時代が移り行く中で"守旧派"は代わる。《日本の大衆音楽の歴史は、歌詞批判の歴史》《音楽シーンへの革命は、守旧派からの批判を浴びる。よく考えたら、当たり前のこと。》
ブルーハーツは批判を受けても、更に
《「燃料」投下フレーズを生み出した》音楽的マーケティング的な器量の秀逸さに改めて驚き、今こそ、ブルーハーツに歌って欲しいと思った。

2022/11/19 11:08