11月23日

ブルーハーツ「TRAIN-TRAIN」真島昌利の言葉は今もまったく錆び付いていない

50
1
 
 この日何の日? 
ザ・ブルーハーツのサードアルバム「TRAIN-TRAIN」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1988年のコラム 
5月11日は泉谷しげるの誕生日!その魅力は「春夏秋冬」だけじゃない

飛入り上等!伝説のライブハウス「六本木 PIT INN」の軌跡

昭和平成をまたぐヒット、ポーラ・アブドゥルとデヴィッド・フィンチャー

ブルハだ、RCだ、ボ・ガンボスだ!秋の夜長に聴きたい80年代ロック秋うた名曲10選!

ブルーハーツ「僕の右手」甲本ヒロトと MASAMI という右手を失くしたパンクス

ブルーハーツ「TRAIN-TRAIN」トップ10ヒット2曲を生んだ大ヒットアルバム

もっとみる≫




みんなのブルーハーツvol.11​​


■ THE BLUE HEARTS『TRAIN-TRAIN』
作詞:真島昌利
作曲:真島昌利
編曲:THE BLUE HEARTS
発売:1988年11月23日

格差社会の中、「弱い者達が夕暮れ さらに弱い者をたたく」​​


いよいよ『TRAIN-TRAIN』の番が回ってきた。個人的な体感ではブルーハーツ最大ヒット曲という感じがするのだが、しかし実は、『情熱の薔薇』(90年)の方が倍も売れているのだから、体感など、まるであてにならない。

この2曲には共通項があって、両方とも、斉藤由貴が荒れた高校の教師を演じたドラマ、TBS『はいすくーる落書』パート1、パート2それぞれの主題歌なのだ。

到達点は『情熱の薔薇』の方が上だったとしても、到達点にたどり着く速度、さらには加速度について、『TRAIN-TRAIN』の方が上回っていたと思うのだ。たった1年前には、どこの馬の骨とも変わらなかった4人組が、ぐんぐんと加速度を高める列車に乗って、「栄光」を勝ち取った1曲として。

ちなみにシングルの売上枚数は26.4万枚、最高5位。『情熱の薔薇』は甲本ヒロト作品なので、ブルーハーツの真島昌利作品としては、最大のヒットということになる。

さて、ブルーハーツの歌詞は現代性を増している。特に真島昌利作品については、そう思う。2月23日の中日新聞(朝刊)に寄せた拙稿より。

―― しかし、おかしなことに、彼らの言葉はまったく錆び付いていない。むしろ現実が、その言葉に追い付いてきている感じさえするのである。私がそう感じ始めたのは、数年前の「生活保護バッシング」の報道に触れたときだった。ヒット曲『TRAIN-TRAIN』(88年)のあの歌詞が浮かんできたのだ。

―― 弱い者達が夕暮れ さらに弱い者をたたく

生活保護バッシングにかかわらず、いわゆる「●●叩き」という現象を見ると、「♪弱い者達が夕暮れ さらに弱い者をたたく」というメロディが、私の心の中に必ず流れてくる。

「格差社会」といわれる。専門的なことは分からないが、この日本において「格差」が着実に開いてきたことは理解しているし、理由も何となく分かる。

ただ、「弱い者」という言葉を格差の「下」と定義付ければ、先の歌詞は、広がる格差自体ではなく、広がった結果としての「下」の中でも、さらに格差を広げようとする動きがあることを歌っているのだ。

「下」の仲間割れ。とびきり古い言葉を持ち出せば「内ゲバ」だ。徒党を組めばいいのにと思いつつ、仲間割れする理由は私には分からない。ただ唯一言えることは、仲間割れ、内ゲバは、「上」にとって好都合ということだ。だって、仲間割れしているということは、少なくとも自分たちは攻撃されないということなのだから。

「弱い者達が〜」の歌詞とセットで私は、浜田省吾『悲しい夜』(76年)にある

―― だけどそれは一体誰の思いどおりのことかな

という歌詞を思い出すのだ。

1970年代後半、「英国病」と言われ、同じく「下」が仲間割れしていたと聞くイギリスから、パンクロックが、クラッシュが出てきたように、この現代の日本で、「令和のブルーハーツ」が生まれないものかと、楽しみに待っているのだが、少なくとも私には、「令和のTRAIN-TRAIN」はまだ聴こえてこない。

先の中日新聞の拙稿より。

―― 学生時代にブルーハーツに直撃された世代として、若い世代に彼らの音楽を薦めたいと思うし、「令和のブルーハーツ」のようなバンドが出てくることを強く期待したい。そして今、若者にいちばん託したい言葉は『ロクデナシ』(87年)のこれだ――「生まれたからには生きてやる」

「見えない自由がほしくて 見えない銃を撃ちまくる」​​


曲の中で4回繰り返される、いわゆるパンチライン。キモはもちろん「自由」(じゆう)と「銃」(じゅう)の韻、いわば洒落だ。曲の中には「記念日」(きねんび)と「記念碑」(きねんひ)という韻もあり、4回も繰り返される「自由」と「銃」も含めて、佐野元春『アンジェリーナ』の「車が来るまで闇にくるまって」のような様相を呈している。

まずもってタイトルからして「TRAIN-TRAIN」なのだ。さらに歌詞の文末を読んでみてほしい。例えば1番なら「乗って行こう」「乗って行こう」「弱いものをたたく」「加速して行く」など、全編にわたって、見事にしつこいほどに韻が踏まれている。

そういう歌なのだ。

ジョン・レノンで見知った​​「自由」と「銃」の韻


「自由」と「銃」の話に戻る。実は私、この「自由」と「銃」の韻を見たのは、この曲が初めてではなかった。中央公論社『ジョン・レノン』(81年2月発売)という本で見知っていたのである。

ジョン・レノンが射殺されてから(80年12月)、すぐに発売されたこの本は、ジョン・レノンとオノ・ヨーコのインタビューを冒頭に置き、その後は、数々の有識者が、ジョン・レノン射殺事件に寄せたコラムで構成されている。

リアルタイム(中2)でこの本を買った私は、ビートルズやジョン・レノンについて、まだよく分かっていなかったせいで、本の内容に関して、残念ながら十分についていけなかったのだが、村上龍が寄せたコラムにあった、バイト先のロック好きガードマンから無名時代の村上が聞いたフレーズは、ずっと憶えていた。

――「テクニックは大したことないんだけどね、後ノリがいいんだよ、ビートルズの中でリンゴ・スターだけが黒っぽかったんじゃないか、後の奴は今考えると白いよ、とくにジョン・レノンはまっしろだ」

もうひとつ、「自由」と「銃」の韻も、忘れたことはなかったのだ。それは谷川俊太郎による「かえうた」という詩の冒頭にあった(改行省略)。

―― だれがジョンを ころしたの?
わたし とマークがいいました
わたしのじゆう(1)で
わたしがころした

ご丁寧に、その「かえうた」という詩の末尾には「(1)じゆう=自由叉は銃。」と補足されている。

谷川俊太郎には作詞作品もあり、代表作は『鉄腕アトム』だろうが、小室等(及び彼のユニット “まるで六文銭のように”)に提供した『おしっこ』という曲があり、その中でも、この韻を使っている。

―― 銃がなければ平和は守れぬ 金がなければ自由も買えぬ

「自由」と「銃」の韻の深み・凄みは、一見「逆接」の対義語のように見えて、実は「順接」にも捉えられるということだ。

―― 銃がなければ自由も買えぬ

いうまでもなく私は、銃、つまり武器を買い漁っている、買い漁ることを強いられている、今の日本の話をしているのだが。

余談ばかりになってしまっているが、ブルーハーツに話を戻すと、

―― 見えない自由がほしくて 見えない銃を撃ちまくる

と、書いた真島昌利は、この中央公論社『ジョン・レノン』という本を持っていたのではないかと思うのだ。そして、私と同じように、この谷川俊太郎の奇妙で特異な詩に触れ、それをずっと憶えていたのではないか――

真島昌利のレコード遍歴を記した本=『ROCK&ROLL RECORDER』でも、(ある種当然のことながら)冒頭にはビートルズがドーンと置かれている。『ジョン・レノン』を買った可能性は十分にあるだろう。

無論、パクリだ剽窃だなどという低い次元の話をしているのではない。そもそも「自由」と「銃」を重ねる表現は、他にもいろいろありそうだ。そんな「順接」の話をしているのではなく、むしろ「逆接」として、私はこう思っているのだ。

―― 私と同じようにこの本に出会い、同じようにこの詩のことを憶えて『TRAIN-TRAIN』を書いたのであれば、こんな誇らしいことはない!



「TRAIN-TRAIN 走ってゆく TRAIN-TRAIN どこまでも」


また驚いた。また細かい話なのだが、また驚いたことがある。

『リンダリンダ』(87年)の「♪リンダリンダ」同様、上に掲げた「♪TRAIN-TRAIN 走ってゆく TRAIN-TRAIN どこまでも」もまた、歌詞カードに書かれていないのだ。

私はCDシングル(超余談だが、運転免許に合格したその日に、神奈川県の運転免許センターに近い二俣川のCD屋で買った)を持っているが、「♪TRAIN-TRAIN~」のフレーズは、手書きの歌詞カードに書かれていない。もちろんアルバム『TRAIN-TRAIN』やその他ベスト盤の歌詞カードにも。

まぁ、ここまでは想定の範囲内だ。『リンダリンダ』の項で引用した東京弁護士会が発行する『LIBRA』における甲本ヒロト発言を思い出した。

── 私は当時,ブルーハーツを浴びるように聴いていたとき、あまり深くは歌詞の意味を考えてませんでした。それが最近,ふと「リンダって誰?」と思ったりしたんですが、どういう意味なんでしょうか。
甲本:僕も分からない。答えとか元々ないんだよ。だから,リンダリンダって歌詞カードには書いてないでしょ。登録もしてないから自由に歌っていいんだよ。

さらに驚いたのは、歌詞カードには書かれていないそのフレーズについて、「TRAIN-TRAIN 走って ”ゆく”」説と「TRAIN-TRAIN走って ”ゆけ”」説が両方あるというのだ。もちろん歌詞カードに書かれていないのだから、どちらが正解、間違いかもないのだが。

ただスタジオ盤を普通に聴けば、甲本ヒロトは明らかに前者「走ってゆく」で歌っている。しかし、バックコーラスの真島昌利は「走ってゆけ」と歌っているように聴こえなくもない。また「走ってゆけ」としている歌詞サイトもあったり、カラオケ画面でも「走ってゆけ」だったと指摘するブログにも出くわした。

「登録もしてないから自由に歌っていいんだよ」なので、真偽の詮索はやめるとして、でもどっちが好きか、しっくり来るかの話は続けていいだろう。

私なら絶対に――「走ってゆく」だ。

というのは、「TRAIN-TRAIN」という列車を、ブルーハーツ自身に見立てるからだ。1988年秋、まだ長野新幹線が出来る前の信越本線、碓氷峠のような高勾配の音楽シーンを、最高の加速度で一気に駆け上がるブルーハーツ号。

ブルーハーツ号は他者という客体ではなく、自分たちという主体だ。他者に対して「走ってゆ “け”」と言うのではなく、自らの意志で「走って ”ゆく”、どこまでも」―― と考えた方が、嘘がないという気がするのだ。だから、個人的には「走って”ゆく”」で決定。

先頃、東京新聞に掲載されていた10年前(2013年)の記事。坂本龍一と東京新聞記者100人との意見交換会の中でのひとコマ。「これまで被災者に寄り添ってきましたが、音楽家として今後、被災者を元気にするために、どんな音楽をつくっていきたいですか」という質問に対しての坂本龍一発言。

――「難しい質問ですが、自分にうそをつかない音楽を作ることだと思うんです。もしかして、自分の音楽で元気になってくれる人がいるかもしれないけど、変に『これで元気にしてやろう』なんて不遜なことは考えてはいけないと思う」。

ここまで書いてきてやっと分かったブルーハーツの歌詞の魅力。それは「自分たちにうそをつかない音楽を作ること」。嘘や商売やサービス精神で「ガンバレ!」と言わないことだ。

だから―― ブルーハーツ号は、確固たる自らの意志で「走って ”ゆく”」。

▶ ブルーハーツのコラム一覧はこちら!



2023.03.13
50
  Songlink


  YouTube / THE BLUE HEARTS
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
Baliみにょん
「♪弱い者達が夕暮れ さらに弱い者をたたく」本当に今現在の事を歌っているし、正に「一体誰の思いどおりのことかな」という状況にドキッとする。
《「自由」と「銃」の韻》余りにドラスティックな語の押韻は、胸が苦しくなるほどだ。
《ブルーハーツの歌詞の魅力。それは「自分たちにうそをつかない音楽を作ること」。嘘や商売やサービス精神で「ガンバレ!」と言わないことだ。》ブルーハーツを受け取る私達も、こういう日々を送りたいと、心から思う。
2023/03/13 18:14
1
返信
カタリベ
1966年生まれ
スージー鈴木
コラムリスト≫
35
1
9
8
8
ブルーハーツ「TRAIN-TRAIN」トップ10ヒット2曲を生んだ大ヒットアルバム
カタリベ / 宮木 宣嗣
115
1
9
8
7
ブルーハーツの「終わらない歌」この曲は95%僕のことを歌っている!
カタリベ / 宮木 宣嗣
20
2
0
0
2
エイティーズのその後を楽しむ、超極私的フェイヴァリットカヴァーズ!
カタリベ / 鎌倉屋 武士
30
1
9
8
7
リンダリンダ、私もいつか誰かのドブネズミになれますように
カタリベ / 小林 礼奈
34
1
9
8
7
BOØWY「ONLY YOU」アイドル多勢のヒットチャートで放つ存在感!
カタリベ / かじやん
64
1
9
8
7
みんなのブルーハーツ「英雄にあこがれて」甲本ヒロトが描く “普通の少年の狂気”
カタリベ / スージー鈴木