11月21日

みんなのブルーハーツ「ロクデナシ」真島昌利のフレーズ “生まれたからには生きてやる”

45
2
 
 この日何の日? 
ブルーハーツのアルバム「YOUNG AND PRETTY」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1987年のコラム 
リック・アストリーは最高のソウルシンガー、人は見かけで判断しちゃダメ!

エルヴィス・コステロ来日公演、スペシャルゲストはニック・ロウ!

初代ヴォーカリストは宮城宗典、80年代を駆け抜けたヒルビリー・バップスの軌跡

みんなのブルーハーツ「英雄にあこがれて」甲本ヒロトが描く “普通の少年の狂気”

30周年!私をスキーに連れてって ー いかに私が「私スキ」をスキだったか

22歳のワセジョが語る ♡「私スキ」は、おしゃれで、詩的で、ロマンティック

もっとみる≫




みんなのブルーハーツ ~vol.9
■ THE BLUE HEARTS『ロクデナシ』
作詞:真島昌利
作曲:真島昌利
編曲:THE BLUE HEARTS
1987年11月21日(アルバム『YOUNG AND PRETTY』)

「全てのボクのようなロクデナシのために」


あと1曲だけ、セカンドアルバムから取り上げたい。

前回『英雄にあこがれて』の最後の最後に、今回の『ロクデナシ』にある珠玉のフレーズを記したのだが、それがなぜ珠玉かということを書きたくなったのだ。

そのフレーズについては後述するとして、まずはこの『ロクデナシ』について。正直にいえば、当時の私が、あまり意識していなかった曲だ。むしろ兄弟曲といえる『ロクデナシⅡ(ギター弾きに部屋は無し)』の方が、分かりやすくて鮮烈だった。

それにしても、1枚のアルバムで「ロクデナシ」という曲を2曲も収録するなんて、当時の真島昌利にとって、この5文字がキーワードになっていたのだろう。



主人公は、それはもう悲惨な状況にある。「役立たず」「最低」「死んじまえ」「このバカ」と言われ続けているのだから。

対するのは「要領良く演技」「愛想笑い」「うまい具合に世の中とやっていく」こと。これが出来なくて、主人公は「罵られ」続けている。この歌詞でまず刺さるのは、そんな「ロクデナシ」が主人公=「ボク」であることだ。

「がんばろう系J-POP」に対する違和感


私は何度となく、90年代以降の「がんばろう系J-POP」に対する違和感を表明してきた。慌てて補足すれば、「がんばろう系J-POP」で「がんばろう!」と沸き立っている音楽ファンを攻めるつもりは毛頭ない。また私自身、音楽を聴いて発奮することは、ままある。

私が問題としたいのは、主人公と聴き手との関係だ。

「がんばろう!」「夢を信じよう!」「そうすれば、いつか未来がひらけるよ!」と歌うのはいいけれど、多くの「がんばろう系J-POP」において、それはすでに、夢を信じてがんばって、未来が開けて、メジャーデビューするほどに成功した音楽家という大上段の立場から、まだまだしょぼくれている聴き手に歌っていた気がするのだ。

対して、この『ロクデナシ』は、「♪全てのボクのようなロクデナシのために」=ロクデナシそのものの物語なのである。言い換えると、ロクデナシから脱却した立場からロクデナシを諭すのではなく、ロクデナシ自身がロクデナシでいいと開き直っている歌――。

後に触れざるを得ない『人にやさしく』(88年。インディーズでは87年)。その中には「ガンバレ!」という、あからさまなフレーズが出てくるのだが、私のいう「がんばろう系J-POP」と違うのは、歌っている者自身がロクデナシで、かつ自分にも「ガンバレ!」と言っている感じがするところに、あの曲の魅力の本質があると思うのだけれど。

「♪全てのボクのようなロクデナシのために」に続くのは「この星はグルグルと回る」。ロクデナシがど真ん中にすっくと立ち、地軸となって地球が回っていく――

そんなダイナミックな映像が浮かんでくるフレーズになっている。

立ち位置の問題なのだと思う。成功した音楽家がど真ん中で、同心円の端っこに聴き手のロクデナシが置かれる歌なのか、ロクデナシがど真ん中、つまり地軸になって、主体的に地球をグルグルと回す歌なのか。

私は後者がいい。そして、誰かに「ガンバレ!」と焚き付けられるのではなく、自分で地球を回すときのグルグルという音が自然に、自分への「ガンバレ!」に変わっていくような歌の方が、私にとっては正直なのだ。

「ヒットラー」や「ゲッベルス」を歌詞に差し込む真島昌利


主人公の悲しい物語は続く。2番では「お前なんかどっちにしろ いてもいなくても同じ」とまで言われてしまうのだから。そんな2番で私が注目するのが、「そんな事言えるアナタは ヒットラーにもなれるだろう」である。ここで「ヒットラー」という単語をぶち込むことだ。

ヒットラー―― 最近では「ヒトラー」と表記されることが多い気がする。いうまでもなく、アドルフ・ヒトラーのこと。

この「ヒットラー」という文字列で思い出すのは、同じく真島昌利作詞・作曲、AAA(トリプル・エー)のシングル『ハリケーン・リリ,ボストン・マリ』(06年)という曲である。

私はこの曲をリアルタイムでは知らなかったのだが、2016年のNHK紅白歌合戦で見て、中間部の歌詞に驚いたのだ。

――「♪ブロードバンドにゲッベルスの幽霊忍び込んだぞ!」

ゲッベルス―― こちらはよく「ゲッペルス」と発音・表記されるが、正しくは「ゲッベルス」。ヨーゼフ・ゲッベルスという、ヒトラーの下で国民啓蒙・宣伝大臣を務めた人物のこと。

私は、広告代理店に勤めていたので、このゲッベルスという男の凄みを少しは知っているつもりだ。マーケティングや広告、デザインセンスが、ヒトラーとナチスに、いかに力を与えたかということを。

という前提で、「ブロードバンドにゲッベルスの幽霊忍び込んだぞ!」という文字列を見ると戦慄が走る。頭の中を「フェイクニュース」とか、最近では「ルフィ」とか何やらが駆けずり回る。

2016年紅白で、AAAの出番は早かった(白組の2番目、全体では3番目)。NHKホールの舞台全体が、タオルのようなものを回して盛り上がっている。そんな中に差し込まれる「ゲッベルス」の異物感たるや。

まぁ、ブルーハーツのことだから、「ヒットラー」にも「ゲッベルス」にも「そんなに深い意味はねえんだよ」ということになるのだろうが、それでもロック / ポップ音楽の中に、こういう歴史的な「異物ワード」を差し込むのは、彼ららしいと思うし、私は嫌いではない。

私が嫌う、いや苦手なのは、「バカがバカに対して供給する」( 『ラインを越えて』の回参照)という、若者向け音楽にしばしば見え隠れする前提だ。「ヒットラー」や「ゲッベルス」のような単語を面倒くさい、しゃらくさいとするような前提。私の人生も残り少ないから、そんな前提に付き合っている暇はない。

その「ヒットラー」の前に添えられるフレーズもまた強烈だ――「痛みは初めのうちだけ 慣れてしまえば大丈夫」。みなさんは何を想起しますか? 私は……。

そういえば真島昌利は、中原中也の顔がプリントされたTシャツをよく着ていた。音楽評論家の今井智子によれば、真島昌利はインタビューで「中原中也や萩原朔太郎も、今生きていたらロックやってたんじゃないか」と話したという。白状すれば、私は中原中也や萩原朔太郎も、さらにいえばヒットラーもよく知らない。ゲッベルスも正直、上辺だけだ。

それでも、中原中也を着て、「ヒットラー」や「ゲッベルス」を歌詞に差し込む真島昌利のことは知っている。そして誇らしいことに今、その真島昌利について書いている―― と思いながら、残り少ない人生を生きていきたい。

「生まれたからには生きてやる」からのライフストーリー


これが、前回取り上げた『英雄にあこがれて』の「おしまれながら死んでゆく 英雄にあこがれ」の対義語だ。曲の中盤で、リズムがゆったりとしたレゲエに変わった後、再度テンポアップしたところで歌われる、いや叫ばれるフレーズだ。

いいな。

「生まれたからには生きてやる」「生まれたからには生きてやる」―― 何度も繰り返したくなる。

様々な歌詞の意味を統合するAIがあるとして、ロックの歌詞を、そのAIにぶち込んで、ガラガラポンした結果のようなフレーズだと思う。あ、もしかしたら「こんな夜に おまえに乗れないなんて」も同時に出てくるかもしれないが。

私の好きな真島昌利フレーズをつないでライフストーリーを作れば、「生まれたからには生きてやる」→「幸せになるのには別に誰の許可もいらない」→「俺は俺の死を死にたい」。

「幸せになるのには別に誰の許可もいらない」はハイロウズ『夏の朝にキャッチボールを』(01年)から。「俺は俺の死を死にたい」はブルーハーツの同名の曲(93年)から。生まれたからには生きて、自分らしく幸せになって、自分の名の下に死んでいく。

先に「残り少ない人生を生きていきたい」と書いたが、その理由があるとすれば、もちろん――「生まれたから」、だ。

次回はいよいよ、あの「ガンバレ!」を読み解く。

▶ ブルーハーツのコラム一覧はこちら!



2023.02.15
45
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
Baliみにょん
《立ち位置の問題なのだと思う。成功した音楽家がど真ん中で、同心円の端っこに聴き手のロクデナシが置かれる歌なのか、ロクデナシがど真ん中、つまり地軸になって、主体的に地球をグルグルと回す歌なのか》
私も「がんばろう系J-POP」が苦手なのだが、この解説で膝を打ち《自分で地球を回す》聴き方ができる歌の方に、想いを寄せられるのだとスッキリした。

《私の好きな真島昌利フレーズをつないで》作った《ライフストーリー》ほど、私はアクティブではないと思ったが、底意ではこのベクトルなんだと気づいた。
2023/02/15 14:56
0
返信
カタリベ
1966年生まれ
スージー鈴木
コラムリスト≫
21
1
9
8
5
渋谷公園通りに突如出現したレコードショップ「CSV」80年代インディーズシーンの聖地!
カタリベ / 本田 隆
38
1
9
8
0
音楽が聴こえてきた街:佐野元春「情けない週末」洒脱で自由な横浜の魔力
カタリベ / 本田 隆
24
1
9
8
7
何という健気さ!岡村孝子「夢をあきらめないで」はこじらせ男子を生みだす応援歌?
カタリベ / goo_chan
47
1
9
8
8
ジュン・スカイ・ウォーカーズがもたらしたパンク・ロックの大革命! 
カタリベ / 本田 隆
19
1
9
8
7
みんな弱音くらい吐こう、そして「人にやさしく」を思いっきり歌おう!
カタリベ / まさこすもす
33
1
9
8
6
渋谷屋根裏で録音された名盤「JUST A BEAT SHOW」
カタリベ / 本田 隆