11月23日

ブルーハーツ「僕の右手」甲本ヒロトと MASAMI という右手を失くしたパンクス

104
1
 
 この日何の日? 
ブルーハーツのアルバム「TRAIN-TRAIN」が発売された日(僕の右手 収録)
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1988年のコラム 
5月11日は泉谷しげるの誕生日!その魅力は「春夏秋冬」だけじゃない

飛入り上等!伝説のライブハウス「六本木 PIT INN」の軌跡

昭和平成をまたぐヒット、ポーラ・アブドゥルとデヴィッド・フィンチャー

ブルハだ、RCだ、ボ・ガンボスだ!秋の夜長に聴きたい80年代ロック秋うた名曲10選!

ブルーハーツ「TRAIN-TRAIN」トップ10ヒット2曲を生んだ大ヒットアルバム

ザ・ブルーハーツ「トレイン・トレイン」僕にとっての “元気が出る!応援ソング”

もっとみる≫




みんなのブルーハーツ ~vol.13


■THE BLUE HEARTS『僕の右手』
作詞:甲本ヒロト
作曲:甲本ヒロト
編曲:THE BLUE HEARTS
発売:1988年11月23日(アルバム『TRAIN-TRAIN』)

33年前の「僕の右手」を覚えている理由


タイトル『僕の右手』にギョッとする。もしかしたらブルーハーツ史上、もっともインパクトのある曲名かもしれない。そして歌い出しは、聴き手をさらにギョッとさせる。

――「僕の右手を知りませんか?」

この歌詞の解釈は後述するとして、初めて聴いたとき、とにかくこのフレーズに驚き、そしてちょっとした恐怖も感じたものだ。

今回は、個人的な思い出から始めてみたい。東京ベイNKホールという会場で行われたブルーハーツのライブで、この曲を聴いたという思い出から。

インターネットはある意味、必要以上に便利なもので、そのコンサートの日時だけでなく、セットリストまでを、33年後の私に届けてくれる。「LiveFans」というサイトによれば、私が観たのは、90年の11月18日から20日の3日間のうちのどれか。「セットリスト」をクリックすると確かに、コンサートの後半で『僕の右手』をやっているみたい。

名前に反して、東京ではなく千葉県浦安市にあった、いかにもバブリーな作りの東京ベイNKホールに行ったのはたった2回だけだ。1回目は、1989年4月9日のサディスティック・ミカ・バンドの再結成コンサート。そして2回目が、このときのブルーハーツ。

ちなみに「NK」とは、開館時にこの施設を所有していた日本火災海上保険(現:損害保険ジャパン)の「日本(N)火災(K)」より。このように企業がコンサートホールを抱えるというのも、バブリーな感じ。

33年前にもかかわらず、この日の『僕の右手』をなぜ憶えているのか。それは、このコンサートに一緒に行った当時の彼女が、この曲にたいそう驚いていたからだ。

確か、11月が誕生日の私へのプレゼントとして、チケットを買ってくれたと思う。しかし、彼女自身は、そんなにブルーハーツを知らなかった。だから、コンサートの後半、とても盛り上がるタイミングで、甲本ヒロトから放たれた「僕の右手を知りませんか?」というフレーズに、彼女はびっくりしたらしい。

しかし帰り道、彼女はこういう感想を漏らす。

――「でも、最後の方の歌詞で救われるよね? あの曲」

そう。ブルーハーツの曲は、いい意味で見掛け倒しのところがあって、とても暴力的で鮮烈な入り方をしても、最終的にポジティブな読後感を残すものが多い。

「せやねん。夢は必ずかなうとか、な」

そんな会話をしたことを憶えている。一見、何ということのない会話。それでも、ブルーハーツの核心について、取り交わしたような会話―― この会話があったからこそ、今でもこの日、東京ベイNKホールでの『僕の右手』を忘れられないのだ。

このときの彼女とは早々に別れ、東京ベイNKホールも2005年に閉館。33年前のあれこれについて、先のサイトとおぼろげな記憶以外に、手がかりも何もなくなって、私はもう56歳にもなってしまった。憶えているのは、ここに書いたエピソードだけだ。

僕のあの頃を知りませんか。

「僕の右手」のモデルになった実在の人物とは?


――「人間はみんな弱いけど 夢は必ずかなうんだ」

『僕の右手』には、モデルがいることが知られている。マサミという人だ。

このマサミを追ったノンフィクション本がある。ISHIYA著『右手を失くしたカリスマ MASAMI伝』(blueprint) 。帯にはこう書かれている。

―― ジャパニーズ・ハードコアの歴史において、圧倒的なカリスマ性を誇り、いまなお語り継がれる片手のパンクス、マサミ。THE TRASH、GHOUL、BAD LOTS、MASAMI & L.O.X、SQWADでボーカリストを務め、1992年に34歳の若さでこの世を去ったマサミとは、いったいどんな人物だったのか?

表紙のイラストは浅野忠信によるもの。大勢の観客を前にマサミが歌っている構図なのだが、確かに右の掌がない。



同書によるとマサミは、小1のときに(おそらく)祖父の家にあったダイナマイトにいたずらで火をつけてしまい、右手首から先を失ってしまったのだという。

さて、この本の「第四章 特別インタビュー」に呼ばれているのが、何と甲本ヒロトとYOSHIKIなのだ。私のよく知らない「ジャパニーズ・ハードコア」の世界の狭さ(ある意味ではヒロトとYOSHIKIまでを含むという意味での「広さ」)を感じさせる。

では、マサミと甲本ヒロトはどんな関係だったのか。出会いは80年代初期だったよう。

―― この話はあんまりしたくないんだけど、僕はね、「エモーショナルマーケット」(註:ハードコアのイベント名)でTHE TRASHと殴り合いになって、1対4かなんかで袋叩きに遭ったの(笑)

まったく穏やかではない出会い方だったようだ。そして肝心の『僕の右手』との関係について、つまりこの曲のモデルがMASAMIだという説について、甲本ヒロトはこう返す。

―― その話、僕は知らなかったんだよ。歌作ったときには別にそんな意識はなかったし、それと紐づけたつもりは一度もないんだけど、そう言われてみりゃそうなのかもね。そうだな、マサミ右手なかったもんなぁ。

と発言する。このあたりは予想通りというか、歌詞の意味を問われたときに、具体性をはぐらかし、抽象的にぼやかすのは、甲本ヒロトの一種のルーティンである。ただ彼は、発言の中で、こうも添える。

―― マサミと付き合いがあるわけだから、心の中にあったかもしれない。

でも。

―― そこ(註:マサミが心の中にあったこと)は否定できないけど、そういうつもりで作ったわけじゃないんだよね。なんかちょっといい話だから否定したくないんだけどさ(笑)。みんながそう思ってくれるのは全然いいよ。

話は以上で終わる。で、仮にマサミを(ある程度は)想定して作ったとすると、2番で唐突に出てくる、ブルーハーツとしてはかなり青臭く直球な歌詞も、合点がいくのである。少なくとも、あのときの東京ベイNKホールにおける次の歌詞が、異常な説得力を持ったのも。

――「人間はみんな弱いけど 夢は必ずかなうんだ」

というのは、東京ベイNKホールのライブが行われた90年11月におけるマサミの状況を、同書で知ったからなのだが、それについては最後に触れる。

ヒロトはもっと新しいステージに向かいたいと思っていたのではないか?


――「見た事もないようなギターの弾き方で 聞いた事もないような歌い方をしたい」

しかしこの曲は、確かに、甲本ヒロトの言うように、マサミという個別の話にとどまらず、より広い歌詞世界に昇華していく。

「右手」の必要性を「見た事もないようなギターの弾き方で 聞いた事もないような歌い方をしたい」から、と表現する。また2番では「見た事もないようなマイクロフォンの握り方で」となる。

つまり「右手」が、「見た事もない」「聞いた事もない」モノ・コトを生み出す、言わば「クリエイティブ・ツール」という意味で再解釈されるのだ。つまりは「左脳」に対する「右脳」的な意味合い。

話を90年11月の東京ベイNKホールに戻す。ブルーハーツはもう『情熱の薔薇』をリリースして、国民的な人気バンドとなっている。先のセットリストによれば、アンコールの最後は『リンダリンダ』だ。満員の観客は狂ったように盛り上がっている。もちろんその中には私もいる。「ヒロトジャンプ」を真似て、ぴょんぴょん飛んでいたはずだ。

そんなさまを見て、甲本ヒロトはどう思っていたのだろう。この予定調和を超えて、もっと新しい表現に、もっと新しいステージに向かいたいと思っていたのではないか。

つまりは―― もっと「見た事もないようなギターの弾き方で 聞いた事もないような歌い方をしたい」!

そしてマサミのこと。『右手を失くしたカリスマ MASAMI伝』によれば、90年3月15日未明に倒れて、意識が戻らず92年9月26日に千葉県鴨川市の病院で亡くなる。東京ベイNKホールの時点では、意識が戻らない状態が続いていた。甲本ヒロトにも、その情報が入っていたのではないか。だから、なおさら『僕の右手』の説得力が増したのではないか――。

最後に僕の右手、つまり私の右手について。少年時代にたくさんの文字を書き殴り、たくさんの絵を描き上げ、決して上手くはなかったものの、ギターの弦をかき鳴らし、ピアノの鍵盤の上で踊った右手。そんな右手によるクリエイティビティが、56歳という年相応に疲れ、枯れてきつつある。

だから、まだPCもスマホも知らずに、鉛筆とペンとギターのピック、たまにグラブ(私は左利き)を持ってガシガシ動いていた頃の、クリエイティブな右手を思い出して、こう思うのだ。

僕の右手を知りませんか。

▶ ブルーハーツのコラム一覧はこちら!



2023.04.09
104
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
Baliみにょん
甲本ヒロトが自分と自分を取り巻く世界を十全に受け入れ、なおかつ穏やかに俯瞰して音楽で描き出す、そんな姿が思い浮かぶ。そしてその根底に世界への深い「愛」を感じ取る事ができる。スージーさんがブルーハーツのLIVEで跳ねていた20代を思い出すのも、大きな「愛」を受け取っていたからかもしれない。
2023/04/09 11:59
0
返信
カタリベ
1966年生まれ
スージー鈴木
コラムリスト≫
40
1
9
8
7
BOØWYがヒットを連発した87年、僕の知ってる原宿のドリーミーな原風景
カタリベ / 本田 隆
13
1
9
8
9
心に寄り添ってくれる音楽、マーシーのポスターと「夏のぬけがら」
カタリベ / 宮井 章裕
52
1
9
8
4
音楽が聴こえてきた街:新宿ロフトで観た「暴威 BOØWY」と一筋の光
カタリベ / 本田 隆
19
1
9
8
7
みんな弱音くらい吐こう、そして「人にやさしく」を思いっきり歌おう!
カタリベ / まさこすもす
113
1
9
8
7
つねに当事者であれ。ブルーハーツが教えてくれた危うくも純粋な青い心
カタリベ / 本田 隆
66
1
9
8
7
みんなのブルーハーツ「終わらない歌」真島昌利が言葉にしたはちきれんばかりの初期衝動!
カタリベ / スージー鈴木