1月21日

RCサクセション「雨あがりの夜空に」:スージー鈴木の OSAKA TEENAGE BLUE 1980 vol.11

38
1
 
 この日何の日? 
RCサクセションのシングル「雨あがりの夜空に」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1980年のコラム 
ザ・バグルス「プラスチックの中の未来」MTV時代の到来を象徴する傑作

前作を超える恐ろしさ「阿修羅のごとく パートⅡ」挿入曲はレインボーとYMO!

ピンク・フロイドのロックオペラ「ザ・ウォール」今こそ壁を取り壊すとき!

渡辺真知子「唇よ、熱く君を語れ」:スージー鈴木の OSAKA TEENAGE BLUE 1980 vol.10

仲井戸麗市の「雨あがりの夜空に」RCサクセションの野音は特別だった

クリスタルキング「大都会」もう二度と再現できないあのツインヴォーカル

もっとみる≫




OSAKA TEENAGE BLUE 1980~vol.11

■ RCサクセション『雨上がりの夜空に』
作詞:忌野清志郎・仲井戸麗市
作曲:忌野清志郎・仲井戸麗市
編曲:RCサクセション&椎名和夫
発売:1980年1月21日

70年代後半、お笑い界を席巻した、せんだみつお・笑福亭鶴光・あのねのね


1979年の3月。小学校の卒業式を終えたあとの教室。みんなの机を後ろに押しやって作られた空間をステージとして、その上に僕らは立っている。

僕ら―― いちばん仲の良かった小川と2人。実は僕ら2人組にはグループ名がある――「あねもね」。

数ヶ月に一度開催される、クラスのお楽しみ会のような場で、僕らは、清水国明と原田伸郎のユニット=あのねのねのコピーを、何度となく披露していたのだ。そして今、卒業式のあと、つまり小学校生活最後のお楽しみ会で、僕らはまたステージに立っているのだ。

少し説明が要るのかも知れない。1970年代後半のあのねのねについて。

平成に入って、テレビなどでお笑いの歴史が振り返られるとき、いつも声高に語られるのが、80年に起きた、いわゆる「漫才ブーム」だ。そして、ツービートや紳助竜介の映像ともに漫才ブームが語られるとき、かき消されていくのが、70年代後半のお笑い界のことである。

70年代後半、せんだみつお、笑福亭鶴光、そしてあのねのねが、当時のお笑い界を席巻したという、今やないがしろにされつつある、それでもれっきとした事実――。

中でも僕と小川は、あのねのねに夢中になった。彼らの音楽にではない。彼らのネタにでもない。では何に夢中になったのか。あえて言えば、彼らのセンスだ。それもとびっきりナンセンスな。

例えば、当時、僕と小川が好んで聴いた彼らの曲に『アホの唄』があった。バンドの演奏に合わせて「アホー!」「アホー!」と叫ぶだけの、まったく何の意味もない曲。

『アホの唄』と比較すれば、漫才ブームの漫才には、意味やメッセージのようなものが、ちゃんとあったと思う。対してあのねのねは、当時の漫画『がきデカ』や『マカロニほうれん荘』などとともに、意味やメッセージをあざ笑うナンセンスの魅力を教えてくれた。

当時、僕の家のテレビはまだ白黒だったのだが、白黒のくすんだ画面の中から、あのねのね、せんだみつお、笑福亭鶴光が送り出す、カラフルなナンセンスの風が吹いてきた。そして僕と小川は、その風を全身で受け止めた。

あのねのねをコピー、もじって「あねもね」


「あのねのねのコピーしよ。名前は、せやな、あのねのねをもじって『あねもね』や」

花の名前を使うところなど、若干の少女趣味が入っているように見えるかもしれないが、もちろん、僕も小川も、アネモネという花がどういう花かなど知らない。

そんなユニット=あねもねが最後の舞台に立つ。そう、この舞台は解散コンサートなのだ。中学生になって、こんな馬鹿なことは続けられないと、僕も小川も思っていた。

解散コンサートのネタは、景気付けとしてまず、せんだみつおのコピーから始まった。

観客=つまりクラスメイトに手拍子を強要して、せんだのギャグ「せんだ、えらい!」を真似た「小川、えらい!」を何度も繰り返す。このギャグをやるときのせんだのように、僕と小川が両手を繰り返し上に突き出して、ステージ狭しと踊り狂う。

教室が盛り上がってくる。そしてだんだん手拍子のリズムが速くなってくる。僕の動きは羞恥心のせいで中途半端なのだが、小川はもう一心不乱に踊り狂って、走り回って、そのさまがウケまくっている。

温まったところで、次は小噺(こばなし)だ。もちろんこれは笑福亭鶴光が当時得意にしていた「小噺その1」「小噺その2」…… のシリーズを真似たもの。

鶴光のようなアクセントで小川が、僕らの担任だった、当時たぶん50歳前後の女性教師=栗原先生の顔立ちをネタにした小噺をし始める。

「小噺その1。栗原先生が交通事故に遭って、顔に大怪我をして病院に行きました。顔を見た先生が……『ずいぶん治りましたね』」

小噺のオチを言ったあと、「わーい!わーい!」と僕らがステージを走り回るのがルーティン。この小噺もまた、ドッカンドッカンとウケている。

お楽しみ会への出演を繰り返す中で、僕らあねもねのネタ運びが板に付いてきたこともあろうが、それ以上に、クラスメイトが抱いていた「今日で小学校生活も最後なんだ」という感慨も、盛り上がりに加勢していたと思う。

次は漫才だ。まだ漫才ブームの1年前。僕らが披露したのは、古めかしい内容のものだった。具体的には、当時それなりの人気を得ていた漫才コンビ=青芝フック・キックのネタを借用したもの。

設定は病院。風邪をひいてずっと治らない客が僕、医者が小川。ナンセンスなやり取りが続いたあと、オチに入る。

「で、どんな薬、飲んでまんねん?」
「塗り薬や」
「そんなアホな!」

ドッカーン! もう教室はもうライブハウスと化している。そして最後は、あのねのね風のナンセンスソングで締める。

教室全体に吹き荒れた “ナンセンスの風” 大成功だった解散コンサート


僕ら2人はフォークギターを抱える。チューニングもおぼつかない僕だが、小川はギターがとても上手い。なんでも近所に、ギターを教えてくれる高校生の兄ちゃんがいるのだという。

フォークギターのヘッドのところから、切らずに放ってある弦が放射状に伸びている。あのねのねがそうしていて、かっこいいと思って、僕らも真似ている。

ジャーン!

小川がGのコードを鳴らす。そしてMCも彼の役だ。

「今日で僕ら、あねもねは解散します」

これまでとは打って変わって、しんみりとしたトーンで話し始める。

「だから次の曲が、僕らの最後の曲です。最後の曲は――『解散の唄』」

クラスメイトが静まり返る中、小川がギターのボディにピックを叩き付けてカウントを取る。

カン!カン!カン!
ジャンジャカ・ジャンジャカ・ジャンジャカ・ジャン!

「かい・かい・かい…… かいが3つで解散!」

ドッカーン! ドッカーン! ドッカーン!

今、ナンセンスの風が笑いの台風となって、教室全体に吹き荒れた。あねもねの解散コンサートは大成功だった。そして、観客から声援が飛んだ。

「3年後、中学の卒業式でもやってくれ!」
「せやせや、やってくれー!」

私立中学に行く数名を除いて、僕らはみんな同じ公立中学に行く。3年後、中学の卒業式での「復活コンサート」。悪くないなと僕は思った。

激変した80年代お笑い界の構図、漫才ブームがやってきた


あっという間に3年が経った。1982年の3月。中学校の卒業式の前日に開催される学年の集まりで、あねもねがまた舞台に立つこととなった。今度は教室ではない。ちゃんとした舞台のある体育館だ。

3年前のステージを生で見ていて、そして今やグレてしまい、学年の番長格になっている小林から、半ば強制のように頼まれたのだ。

「でも、どうする?」

小川が悩ましい顔で、僕に聞いてきた。準備の打ち合わせのために、喫茶マロニエのボックス席に座った僕らは、2人きり無言で、すっかり悩み込んでしまった。

というのは、この3年間で、お笑い界の構図が激変してしまったからだ。1980年、僕らが中2のときに起きた漫才ブームの嵐は凄まじく、あのねのねも、せんだみつおも笑福亭鶴光も吹き飛ばされたように見えた。

さらにYMO人気の流れで巻き起こったスネークマンショーのブーム。彼らのシュールで知的な笑いを、同級生たちは無理をして理解しようとし始めた。

そして決定的だったのは、1981年の元日に始まったニッポン放送『ビートたけしのオールナイトニッポン』である。十把一絡げの漫才ブームから、「ビートたけしとそれ以外」という時代へ。

『ビートたけしのオールナイトニッポン』でたけしが繰り出す、危険で、でもどことなく知的な速射砲のようなトークは、全国的なブームとなった。そして大阪の中学生をもとりこににした。

「ばーかーやーろー!」

ビートたけし特有の、大阪弁とは真逆のフラットなアクセントによる「ばーかーやーろー!」が、大阪の中3にも伝染し始めた。そして、大阪の下町が、まるで東京の下町風の言葉で覆い尽くされた。

つまり、この3年間で、お笑いのルールが根本から変わってしまったのだ。

「いやぁ、あのときのネタやっても全然ウケへんで」
「でもなぁ、小林にシバかれるんもイヤやしなぁ」

マロニエで2時間ほど粘ったが、結局いいアイデアは出なかった。そして出た結論は―― 昔のネタをそのままやる。スベったら、「小川、えらい!」を繰り返して舞台から逃亡する、という、何の策もない敗北主義的なものだった。

ウケない“ナンセンス” 中学校卒業式前日の舞台でピンチ


卒業式の前日に、卒業生が講堂に集まるのは、僕たちの中学の恒例行事だった。前半、卒業式のリハーサルをして、その後、各クラスからの余興を楽しむのだ。僕と小川が同じクラスだったことも、あねもねの再結成につながっていた。

他のクラスからは、女子のデュオがイルカの『なごり雪』を歌ったり、落語研究会の男子が『時うどん』を披露したりして、けっこうウケている。

番長の小林の差し金なのか、僕らはトリだった。僕は、高校受験のときにも感じなかったプレッシャーに押し潰されそうになった。

「しゃあない、行くか……」

小川も始めから敗戦モードだ。

「せやなぁ……」

僕も敗戦モードのまま、舞台に飛び出した。

「はーい、どーもー。僕ら2人であねもねでーす!」

観客の反応が悪い。よく考えたら当然だ。3年の月日の流れの中でみんな、あのねのねのことなんて忘れ始めていて、「あねもね=あのねのね」というコンセンサスがない状態なのだから。

しかし、めげずにネタに入る。漫才ブームだからということで、漫才ネタから始めることにした。でもネタ自体は、青芝フック・キックのあの古ぼけたネタだ。

「で、どんな薬、飲んでまんねん?」
「塗り薬や」
「そんなアホな!」

ウケない。これは本格的にやばい。さすがに古めかしかったか。シーンとしているどころか、一部のヤンキーから怒号が飛び始めた。

「オモロないぞー!」
「はよ帰れー!」

相方が突然歌い出した、RCサクセション「雨上がりの夜空に」


僕は、小川に目配せした。「もう逃げようや」というメッセージをアイコンタクトで伝えた。しかし、小川はすっと顔を背けた。

そして、何を思ったのか、舞台の袖に用意していた、最後のネタで使うはずのフォークギターを取りに行き、ストラップを首にかけ、顔を上げて、客席の方をじっと見た。

しかし、あの頃とは違って、小川のフォークギターのヘッドから、弦が放射状にはみ出ていない。きれいに切り落とされていた。

意を決したように小川は、強いストロークでDのコードを弾いた。

ジャージャカ・ジャージャカ・ジャージャカ・ジャージャカ!

あの頃とは違う、今っぽいエイトビートだ。そして何だかロックっぽい。

小川は、僕との打ち合わせで、全然話に出なかった歌を、突然勝手に歌い出した。

「♪この雨にやられて エンジンいかれちまった!」

―― RCサクセション『雨上がりの夜空に』だ!

そうすると、客席の雰囲気がガラッと変わった。シーンとしてた同級生たちからパラパラと手拍子が起こり始め、最後は総立ちになった。さっきヤジっていたヤンキーたちも乗りに乗っている。

みんな知っている、みんな聴いたことがある『雨上がりの夜空に』。これは、1982年の春に中学を卒業して高校生になり、そしてこれから、80年代に青春を謳歌するであろう、僕たちのアンセムだ。

僕はと言えば、ギターも持たず、マイクに向かって、サビだけを小川とユニゾンで歌うだけだった。つまり、あねもねの解散コンサートは、ほとんと小川の一人舞台になったのだ。

それでも、歌詞の内容に眉をひそめる教師たちを尻目に、小川の見事なギターと歌で、同級生が盛り上がるさまは快感だった。中学校生活の中で、最高の快感だった。

あねもねの最後のコンサート、そして僕らの中学生活が終わる――。

拍手喝采を受けながら、僕らは舞台下手に退いた。

「小川、えらい!」

今日披露しなかった、懐かしのネタで慰労した。小川は軽く、せんだみつおのように、ちょっとだけ腕を上げて、フラットなアクセントでこう返した。

「ばーかーやーろー!」

この瞬間、僕らは、あのねのね、せんだみつお、笑福亭鶴光の70年代を、やっと卒業して、ビートたけしとRCサクセションが君臨する80年代を、やっと迎え入れた。

中学校の卒業式の前日は、僕らにとって、70年代からの卒業式だったのだ。

心の中で僕はつぶやいた。

「さよなら、僕らが大好きで、僕らをとりこにしてくれた、とびっきりナンセンスな1970年代――」

薬師丸ひろ子 歌手活動40周年記念

▶ RCサクセションのコラム一覧はこちら!



2022.04.02
38
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
Baliみにょん
鬱屈と理屈の世代を押しのけるように爆発した、70年代のナンセンス。毎週『がきデカ』『マカロニほうれん荘』のページをめくってはただ笑い、ギャグを口にしていた。楽しく晴れがましかった"小川"とのナンセンスステージから3年。お笑いは知的な切り口が脚光を浴び、真摯に自分と向き合いせつなく歌うロック。"僕"と"小川"が少年から青年へ歩き出す姿が愛おしい。
2022/04/02 09:33
0
返信
カタリベ
1966年生まれ
スージー鈴木
コラムリスト≫
63
1
9
8
0
梅津和時が語るRCサクセション ① やっぱり特別!久保講堂ライブ「RHAPSODY」
カタリベ / 本田 隆
57
2
0
2
2
カメラマン・大川直人に訊く ① EPICソニーから始まる音楽の仕事40年の軌跡
カタリベ / 村上 あやの
67
1
9
8
8
いつから僕は忌野清志郎をリスペクトするようになったのだろう?
カタリベ / 宮井 章裕
21
1
9
8
8
俺たちのアニキ!ミッキー・ロークから教わったダメ男でも前に進む生き方
カタリベ / ソウマ マナブ
40
1
9
8
0
RCサクセションが教えてくれたとっておきの自由「トランジスタ・ラジオ」
カタリベ / 本田 隆
53
2
0
1
5
そろそろ2周年、僕がリマインダーを始めた理由 ― ちょっと生真面目篇
カタリベ / 太田 秀樹