3月

イアン・スチュワート、ストーンズから外された愛すべきブギウギの名手

24
0
 
 この日何の日? 
ロケット88 のアルバム「ロケット88」が発売された月
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1981年のコラム 
スネークマンショー「はい、菊池です」涙のポール・マッカートニー取調室

黄金の6年間:アニメ新世紀宣言!歴史を変えた「機動戦士ガンダム」の登場

佐野元春の綴る「ハート・ビート」様々な思いを抱えた都市生活者の夜

みんなの洋楽ナイト — 忘れじのツバキハウス、とびっきりのニューウェイヴ

メシ喰うな!町田町蔵の独特な歌詞とバンド名に気い狂て死ぬ

音楽が聴こえてきた街:黄色に赤のレコードバッグ、渋谷タワーレコードの衝撃!

もっとみる≫







ウィル・ブラッドレイ・トリオの古いヒット曲「ダウン・ザ・ロード・アピース」は、こんな一節から始まる。


 もし俺が弾くようなブギが聴きたいなら
 古いピアノとボロいベースがあればいい


イアン・スチュワートの弾くピアノを聴いていると、そして彼の47年の人生を思うとき、僕はよくこのフレーズを思い出す。

スチュの愛称で親しまれ、世界中のミュージシャンから愛されたブギウギが得意なこのピアニストは、ローリング・ストーンズのオリジナルメンバーだった。

デビュー前、ルックスがバンドのイメージに合わないというあまりに不当な理由でメンバーからはずされた後も、ロードマネージャーとして、またサポートミュージシャンとして、亡くなるまでストーンズと行動を共にしている。

僕がスチュのことを意識したのは、1986年の春にリリースされたアルバム『ダーティ・ワーク』でだった。この作品は、前年の暮れに心臓発作で亡くなったスチュに捧げられている。「ありがとう、スチュ。25年間のブギウギに」とクレジットされ、アルバムの最後にはシークレットトラックとして、彼の弾く短いピアノがひっそりと収められているのだ。

友達に頼まれて『ダーティ・ワーク』をカセットテープに録音すると、翌日の学校では「最後のピアノがかっこいいね」と言われることが多かった。佇まいが粋だったからだろう。

スチュは古いリズム&ブルースやジャズをこよなく愛し、それに準じた演奏スタイルを生涯変えることはなかった。だから、彼が参加した曲にはいつもルーツミュージックの匂いがした。また、自分の意に沿わない曲には、けっして参加しようとはしなかった。

そんなスチュがリーダーを務めたのが、ロケット88 というブギウギバンドだ。バンド名は尊敬するブギウギピアノの巨匠ピート・ジョンソンの「ロケット88ブギ」に由来し、メンバーにはチャーリー・ワッツ、ジャック・ブルース、アレクシス・コーナーなどが名を列ねていた。

1981年3月には、このバンド名義で唯一のアルバム『ロケット88』をリリースしている。ドイツのクラブでの演奏を収めたライヴ盤で、内容はスチュ曰く「ブギウギでいっぱいのブルースレコード」。つまり、彼が愛してやまないジャンプ・ブルースやスウィング・ジャズのライヴコレクションだった。プロデュースもスチュ自身が担当している。

面白いのは、収録されている曲のうち、スチュが演奏に参加しているのは、わずか1曲だけというところだ。いくらなんでもエゴがなさ過ぎるというか、「リーダー作なのにいいのか?」とも思うけど、それもまたスチュらしいのだ。

ストーンズのメンバーはそんなスチュのことを、信頼し、愛した。ミック・ジャガーはスチュについて、「俺達が最も満足してほしい男の1人だった。書いた曲であれ、リハーサルであれ、彼に OK だと思ってもらう必要があった」と語り、1989年にストーンズがロックの殿堂入りをした際には、壇上からこんなスピーチをしている。

「素晴らしい友で最高のブルースピアニスト。彼のおかげでブルースをはずれる事がなかった」と。

スチュの死は突然のことだった。1985年12月12日、その日キース・リチャーズはスチュと会う約束をしていた。しかし、待ち合わせのホテルにスチュは現れず、キースに届いたのは、彼の訃報を知らせるチャーリー・ワッツから電話だった。

-- それから31年が経った2016年12月、ローリング・ストーンズはブルースのカヴァーを集めたアルバム『ブルー&ロンサム』をリリース。バンドにとってのルーツ回帰ともなったこの作品について、キースは制作中に「よくイアン・スチュワートのことを思い出した」と語っている。

僕もこのアルバムを聴いて、最初に思い浮かべたのはスチュのことだった。もしスチュが生きていたら、きっと喜んでピアノを弾いたに違いない。2本のギターの間から、ハーモニカの音色の向こうから、耳をすませばスチュのピアノが聞こえてくる。今もそんな気がするのだ。

2019.07.18
24
  YouTube / Meuledodge
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1970年生まれ
宮井章裕
コラムリスト≫
14
1
9
8
6
80年代ストーンズ!ダーティー・ワークとワン・ヒットの衝撃!
カタリベ /  白石・しゅーげ
24
1
9
8
6
16歳で出会った最高のアルバム、ストーンズの新譜「ダーティ・ワーク」
カタリベ / 宮井 章裕
7
1
9
8
1
70年代のアウトテイク「刺青の男」ローリング・ストーンズのアップデート術
カタリベ / 海老沼 大輔
31
1
9
8
6
ストーンズの「ダーティ・ワーク」と中華鍋を振るキース・リチャーズ
カタリベ / ソウマ マナブ
27
1
9
8
3
映画館で観てから30年、やっとたどり着いたローリング・ストーンズ
カタリベ / 本田 隆
131
1
9
9
0
ローリング・ストーンズ初来日、ここから始まった21世紀型ライブビジネス
カタリベ / 喜久野 俊和
Re:minder - リマインダー