3月10日
ガラスのニューヨーク52歳、ビリー・ジョエルの目力でパワー注入中!
28
3
 
 この日何の日? 
ビリー・ジョエルのアルバム「グラス・ハウス」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1980年のコラム 
スペクトラムが甲冑を着てやってきた!ラフォーレ原宿と原宿音楽祭

共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.3

妄想探偵が解き明かす!マイケル・ジャクソンとピンク・レディーの類似性

大好きだったビリー・ジョエル、誕生日のプレゼントは「グラス・ハウス」

共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.4

デビュー曲のどアタマの音符に込められた佐野元春の大発明(後篇)

もっとみる≫

photo:日刊ろっくす  

ビリー・ジョエルを初めて聴いたのは中学時代。友人の(きれいな)お姉さんに教えてもらいました。その時、彼女が良く聴いてたのが 1977年にリリースされた名アルバム『ストレンジャー』。その中の「素顔のままで」は、心にジーンとしみる名曲中の名曲だと思っています。

この曲を聴くと思春期真っ只中のやんちゃな思い出たちと、きれいなお姉さんの大人びた知的な横顔が浮かんできます。お姉さん… 今もきっと、素敵に歳を重ねていることでしょう。というか、今度同窓会があったら友人に聞いてみよっと。

翌年には『ニューヨーク52番街』がリリースされ、カセットテープが擦り切れるほど聴きました。そう、カセット!

何せ当時はおこちゃまなので、メタルテープなんて大層なものはとても敷居が高くて手が出せず、もっぱら安売りのノーマルテープ一筋。テープがイカレたら再録音を繰り返す日々でした。

そして、80年代に突入してリリースされたアルバムが『グラス・ハウス』。今回紹介する曲は、この中に収録されている「オール・フォー・レイナ」です。

私は今年(2016年)の5月で52歳になったのですが、YouTubeにアップされているビデオを毎日のように観て、聴いて、パワーを注入しています。

ちなみに、ビリー・ジョエルの曲タイトルと私の年齢を合わせ、コラムタイトルにまで「ガラスのニューヨーク52歳」と入れてしまいした(ニューヨークに住んでいるわけではありませんが…)。

何と言ってもこのビデオ、ビリー・ジョエルの「目力」がすごい!

ビデオのド頭からいきなり全開でキてます。そして、曲のテンポとキレの良さも相まって、日本語訳を見なくてもしっかり情熱というか 「魂」が伝わってきます。

ビデオを観るとわかりますが、中盤でピアノとシンセの一人コラボが入ったり、「STOP!」のかけ声とともに映像がカットバックしたり、とにかくキレっキレっ。

終盤の「STOP!」では、ビリー本人がピアノから手を離し、両手で「ストッーープ!!!!!」をかけます。その時の「目力」なんてアドレナリンが大噴火しそうな勢い(笑)。 

余談ですが、「オール・フォー・レイナ」は交感神経に。「素顔のままで」は副交感神経に。そして、この二つのバランスは、自律神経の乱れを整えるのにも「いいね!」かもしれません。

この歳になると、気力も少しずつ低下し、まさに「ガラスのメンタル」になりがちなので、同世代でビリー・ジョエルがお好きな方、是非この曲を聴いてパワーを注入してください。そしてこれからの人生を大いに楽んでいきましょう! 

「オール・フォー・レイナ」

愛する家族や大切な人のために! そして何よりも自分のために! 超おススメです!

2016.07.03
28
  YouTube / billyjoelVEVO


  YouTube / billyjoelVEVO
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1964年生まれ
ミスターZ
同窓会まで、目一杯妄想を膨らませておきます。。。(笑)
2016/07/10 08:03
1
返信
1967年生まれ
時の旅人
友だちのお姉さんって、十中八九魅力的でしたなぁ。 ぜひ同窓会後の後日談も。
2016/07/06 16:00
4
返信
カタリベ
1964年生まれ
ミスターZ
コラムリスト≫
40
1
9
8
0
大好きだったビリー・ジョエル、誕生日のプレゼントは「グラス・ハウス」
カタリベ / 藤澤 一雅
60
1
9
8
5
誰もがわたせせいぞう、ビリー・ジョエルは妄想を駆り立てる男のロマン?
カタリベ / 時の旅人
19
1
9
7
7
女心と秋の空… 男心に男が惚れる、ビリー・ジョエルの素顔のままで
カタリベ / ミスターZ
71
1
9
8
3
ビリー・ジョエルのロックンロール・レヴュー「イノセント・マン」
カタリベ / 藤澤 一雅
51
1
9
8
2
グッドナイト・サイゴン〜80年代にビリー・ジョエルが歌ったベトナム戦争
カタリベ / 宮井 章裕
30
1
9
8
5
80年代サウンドの発信源!ニューヨークのスタジオ・パワー・ステーション
カタリベ / 中川 肇
Re:minder - リマインダー