5月1日
人間交差点・コトバの交差点 ♪ 伊藤銀次(その3)
42
0
 
 この日何の日? 
沢田研二のシングル「おまえにチェックイン」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1982年のコラム 
やっぱりJAGATARAは厄介だ、常識も非常識も「ナンのこっちゃい」

波の数だけ抱きしめて、1982年夏のマストアルバムは大滝詠一と山下達郎

激しくも上品なトランペッター、ハーブ・アルパートが奏でる男伊達の音楽

ヘンタイよいこ白昼堂々秘密の大集会、ラストを飾ったルージュマジック!

豪雨の屋上、カッパで特訓!創作ダンスはABCの「ルック・オブ・ラブ」

輸入盤のドラッギーな魅力!真空パックを破ると漂う…あの匂い

もっとみる≫


リマインダーと BS12 『ザ・カセットテープ・ミュージック』のコラボレーション企画、80年代に特化したトーク&ライブイベント「リスペクト」第2弾、題して、『Re:spect vol.2 ― 人間交差点 ♪ 伊藤銀次』

2018年9月24日(月・祝)13時30分~代官山 WGT にて、限定80席。前売4,900円。いよいよチケットの残り少なくなってきました。当日は、私がホストを務めさせていただきます。ぜひお越しください。

で、今回は、『伊藤銀次 自伝 MY LIFE, POP LIFE』(シンコーミュージック・エンタテイメント)より、伊藤銀次氏を取り巻いた様々な音楽家による、印象的なコトバを追っていくことで、氏のリアルな歩みを、人間臭くたどっていく「人間交差点・コトバの交差点 ♪ 伊藤銀次」の「その3」です。「その1」「その2」がナイアガラ系だったので、次はこの方のこのコトバを。

「せっかく今日これだけの人が集まってるんだから、このメンバーでやったらどう?」

コトバの主は加瀬邦彦。ザ・ワイルドワンズのリーダーにして、この当時は、沢田研二のプロデューサーとして、辣腕をふるっていたころです。シチュエーションは、沢田研二「おまえにチェックイン」(82年)のレコーディング。で、「このメンバー」とは誰かと言うと――。

―― それで加瀬(鈴木註:邦彦)さんが、「せっかく今日これだけの人が集まってるんだから、このメンバーでやったらどう?」って提案したんですね。それで急遽マイクを2本立てて、そこにジュリー、佐野(註:元春)君、大沢(註:誉志幸)君、僕の4人で立って、せーので「♪ チュルルル」ってやったんです。1テイクか2テイクで録れました。クレジットはされていないんですけど、コーラスはその4人です(『伊藤銀次 自伝 MY LIFE, POP LIFE』-シンコーミュージック-)

はい。「このメンバー」とは、沢田研二、佐野元春、大沢誉志幸、伊藤銀次でした。何という豪勢な4人でしょう。その4人が「せーの」で「♪ チュルルル」とやったのが、あのイントロなんですね。

細かい話ですが、その豪勢な4人が、2本のマイクで歌っているのがいいですね。4本ではなく2本というのが。こうなると、4人がどう分かれて、2本のマイクに向かったのかが気になります。イベント当日に確かめてみることにしたいのですが、私の仮説としては、上の並びそのままに、「沢田研二、佐野元春」と「大沢誉志幸、伊藤銀次」で分かれたような気がするのです。というのは、加瀬邦彦のこんなコトバもあるからです。

「この子凄いじゃない!」

これは、「おまえにチェックイン」の2年前、シチュエーションは、沢田研二のアルバム『G.S.I LOVE YOU』のレコーディング。佐野元春が作った「彼女はデリケート」のリハーサルに、佐野自身が飛び入り参加し、「ライブが始まったみたいなテンション」(前掲書)で歌い出し、それに加瀬邦彦が驚き、発したコトバです。

この「彼女はデリケート」レコーディング話には続きがあります。それも非常に重要な。というのは、この佐野元春に感化されたことが、80年代前半の「ニューウェーブ沢田研二」のガソリンとなったような気がするからです。ではその続きを、伊藤銀次オフィシャルブログ『サンデー銀次』より。

――「次は僕が歌うよ。」

目が輝いている。そこにはオフの沢田さんではなく、まぎれもないアーティスト、ジュリーが立っていた。佐野元春の体をはった歌いっぷりに刺激を受け、じっとしていられなくなられたのではと思う。佐野君が沢田さんのロック・スピリットに火をつけたのだ。

そのときの沢田さんの歌には鬼気迫るものがあった。まだまだ負けてないぜという、ロッカーとしての意地みたいなものが、歌のあちこちからバチバチ弾けていた。そして炸裂するようなオケを録ることができた。「彼女はデリケート」はまさに「G. S. I Love You」のハイライトになるセッションだった。
(出典:伊藤銀次オフィシャルブログ『サンデー銀次』

若き佐野元春に感化された沢田研二。ボーカリストとしての佐野元春をリスペクトしていたはずです。だから、マイク1本を佐野と2人で分け合ったと見るのですが、どうでしょうか。

これはあまり指摘されることがないのですが、80年代前半の「ニューウェーブ沢田研二」の歌い方は、どことなく佐野元春に近いものを感じます。さらに言えば、佐野元春の歌い方のあのビート感を装備することで、「ニューウェーブ沢田研二」が成立したと思うのです。そしてその歴史的契機は、「彼女はデリケート」のレコーディングにあったと。

というわけで、イベント当日は、「ナイアガラコーナー」に加えて「ジュリーコーナー」も設けて、伊藤銀次氏の、沢田研二との色々な経験もあれこれと聞いていきます。アルバムで言えば、『G.S.I LOVE YOU』だけでなく、私が大好きな『S/T/R/I/P/P/E/R』(81年)のロンドン録音の話も含めて。よろしくおねがいします。

2018.09.15
42
  YouTube / ShinkoMusic


Apple Music / ROYAL STRAIGHT FLUSH[3] 沢田研二

 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
スージー鈴木
コラムリスト≫
55
2
0
1
8
Talk & Live「Re:spect vol.2 – 人間交差点 ♪ 伊藤銀次」
カタリベ / 鎌倉屋 武士
38
1
9
7
6
人間交差点・コトバの交差点 ♪ 伊藤銀次(その1)
カタリベ / スージー鈴木
74
1
9
7
9
熱望!沢田研二展、日本のボウイは間違いなくジュリーなんである!
カタリベ / 親王塚 リカ
34
2
0
1
8
武道館で初ジュリー!沢田研二・古希ツアー初日ルポ(開演後バクバク篇)
カタリベ / 親王塚 リカ
51
1
9
8
2
彼女はデリケート、佐野元春のビートが僕の未来を約束してくれた
カタリベ / 本田 隆
24
2
0
1
8
武道館で初ジュリー!沢田研二・古希ツアー初日ルポ(開演前ドキドキ篇)
カタリベ / 親王塚 リカ
Re:minder - リマインダー