1976年 3月25日
人間交差点・コトバの交差点 ♪ 伊藤銀次(その1)
38
0
 
 この日何の日? 
大滝詠一のアルバム「ナイアガラ・トライアングル  VOL.1」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1976年のコラム 
我が家にラジオがやってきた、大入りダイヤルからのオールナイトニッポン!

エレキギターを振り回し血を吐く地獄の軍団、KISSが教室にやってきた!

70年代を食べて80年代を走った、ロック世代のアーチストたち

ニューミュージックの扉を開いたハイ・ファイ・セット vol.2

資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 揺れるまなざしと一瞬のきらめき

追悼:西城秀樹 — たて髪を振るい歌え!若き獅子たちよ

もっとみる≫


さて、リマインダーと BS12 『ザ・カセットテープ・ミュージック』のコラボレーション企画、80年代に特化したトーク&ライブイベント「リスペクト」第2弾が発表されました。

題して、『Re:spect vol.2 ー 人間交差点 ♪ 伊藤銀次』。2018年9月24日(月・祝)13時30分~代官山 WGT にて、限定80席。前売4,900円。当日は、私がホストを務めさせていただきます。ぜひお越しください。

というわけで、このイベント開催を記念して、ここから数回、伊藤銀次氏の歩みをたどる記事を書いていきたいと思います。ちょうど今年、氏の音楽人生を振り返る本=『伊藤銀次 自伝 MY LIFE, POP LIFE』(シンコーミュージック・エンタテイメント)が発売されました。イベント当日は、この貴重な本を教科書として活用したいと思います。

そして、今回の記事シリーズでも、この本の中にある、伊藤銀次氏を取り巻いた様々な音楽家による、印象的なコトバを追っていくことで、氏のリアルな歩みを、人間臭くたどっていきたいと思います。題して、「人間交差点・コトバの交差点 ♪ 伊藤銀次」。

まずその第1回のコトバは、これです――。

「南海ホークスとして、パ・リーグでやっていくつもりなら、俺はやらない。両リーグで覇権を獲る、巨人と戦って日本シリーズで勝つという気持ちがあるなら、東京へ来なさい」

コトバの主は、大滝詠一。伊藤銀次氏が、大阪で活動していた自身のバンド=ごまのはえのプロデュースを依頼したときに、大滝詠一が返したコトバだそうです。

このコトバの背景として、伊藤銀次氏が南海ホークス(現・福岡ソフトバンクホークス)のファンだったということがあります。対して、大滝詠一は有名な巨人ファン。

時間軸的には、本の内容より、72年の暮れか73年初頭のことと思われますので、野球人気は、パ・リーグではなくセ・リーグに偏っていた頃。そして、そのパ・リーグは阪急ブレーブス全盛時代になっており、南海ホークスの勢いが落ちてきた頃なのです。

このコトバは深い。大滝詠一という人の、強烈なポップ志向を表しているからです。要するに「パ・リーグ(大阪)という狭いところで、地味にやっていくなら、手は貸さない。日本シリーズ(全国規模)で勝つという意気込みがあるなら手を貸すぞ」ということなのですから。

この言葉が更に深いのは、この73年のシーズン、南海ホークスは、阪急ブレーブスとのプレーオフに勝ち、巨人との日本シリーズに、本当に出場するからなのです。ただし、伊藤銀次氏、そして大滝詠一の2人が、日本シリーズほどのメジャーな舞台で活躍するのは、もう少しあとのことなのですが。

少し余談になりますが、最近本で読んで知った、大滝詠一の新しいエピソードをご紹介します。その本とは、音楽プロデューサーとして名高い牧村憲一による『「ヒットソング」の作り方 大滝詠一と日本ポップスの開拓者たち』(NHK出版新書)です。この本に、当時の大滝詠一の面倒くささを象徴する、激烈なエピソードが書かれていました。

ご存知の通り、『ナイアガラ・トライアングル VOL.1』は、大滝詠一・伊藤銀次・山下達郎の3人でしたが、実は当初、山下達郎ではなく、センチメンタル・シティ・ロマンスの告井延隆が候補になっていたそうです。しかし、ある「すれ違い」があって、告井延隆は候補から外されたというのです。それは――

―― ファンの間で「告井破門事件」として知られるラーメンをめぐるやり取りです。福生45スタジオ(鈴木註:大滝詠一の自宅スタジオ)で大滝さんの作ったラーメンを食した告井さんが、「不味い」と言ってしまったことで、即刻「破門」になったというエピソードです(牧村憲一『「ヒットソング」の作り方』-NHK出版新書-)

どんな状況だったのか、どれほど「不味い」ラーメンだったのかは分かりませんが、とは言え、ラーメンはラーメン。こういう些細なことでキレるあたり、当時の大滝詠一という人は、かなり面倒くさい人だったのでしょう。

話を戻すと、そういう大滝詠一に、「日本シリーズで戦ってみろ」とけしかけられ、伊藤銀次氏(と南海ホークス)は東京に向かい、大滝詠一(読売ジャイアンツ)と真っ向からぶつかることになります。そして、大滝詠一に始まり、山下達郎、沢田研二、佐野元春… などの新しい才能と、次々と「交差」していくことになるのですが、それはまた次回に。

今回のイベント当日は、当時の大滝詠一(の面倒くささ)をめぐるエピソードなども、いろいろうかがってみたいと思います。

ぜひお越しくださいませ。

2018.08.26
38
  YouTube / ShinkoMusic


  YouTube / moptop channel
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
スージー鈴木
コラムリスト≫
55
2
0
1
8
Talk & Live「Re:spect vol.2 – 人間交差点 ♪ 伊藤銀次」
カタリベ / 鎌倉屋 武士
43
1
9
7
3
人間交差点・コトバの交差点 ♪ 伊藤銀次(その2)
カタリベ / スージー鈴木
42
1
9
8
2
人間交差点・コトバの交差点 ♪ 伊藤銀次(その3)
カタリベ / スージー鈴木
32
1
9
8
2
ADULT-KIDS ONLY ー 伊藤銀次の「BABY BLUE」はドリーミーで優しかった
カタリベ / 佐々木 美夏
103
1
9
8
2
波の数だけ抱きしめて、1982年夏のマストアルバムは大滝詠一と山下達郎
カタリベ / 中川 肇
65
1
9
8
1
資生堂 vs カネボウ CMソング戦争 〜 矢野顕子と大滝詠一の因果な関係
カタリベ / @0onos
Re:minder - リマインダー