1月27日

スレイド「ラン・ランナウェイ」でジム通い、アドレナリンが止まらない!

26
0
 
 この日何の日? 
スレイドのシングル「ラン・ランナウェイ」のシングルが英国でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1984年のコラム 
ジョン・レノン最後のアルバム「ミルク・アンド・ハニー」に収録された未完の名曲

安田成美「風の谷のナウシカ」後にも先にも皆無に等しい奇跡の制作クレジット

ブルーハーツ以前のパンクスター・戸川純に求めたアイデンティティの模索

ジャンルを超えた「見つめていたい」メヌードからポリスに架けられた橋

訪日外国人が2,400万人を越えた報道で「くちびるヌード」を思い出す私

ノストラダムスの大予言、恐怖の大王から僕を救ってくれたのはユーミン!?

もっとみる≫




柄にもなく最近、トレーニングジムに通うようになった。24時間空いており、自由に使ってください、というタイプのものだ。あまり大きくない最寄駅の周りに4つほどこんなジムがここ数年でできあがった。体力づくりを兼ねてブームに僕も乗ってみよう、ということである。

何しろ運動とは無縁の自分である。ダンベルはさっぱり上がらず、ランニングマシンで走っているとめまいがする始末。なんとか動かない体を動かす為に何か音楽を、と思いプレイリストを作ってみた。こういうものは初めが肝心なのであって、一曲目を選ぶ何回もの試行錯誤の末、ある一曲を選び出した。

それは、定番のオリビア・ニュートンジョンの「フィジカル」ではなくスレイドの「ラン・ランナウェイ」だった。

スレイドが僕にとってお気に入りのバンドの一つとなって久しい。ロックの正史に照らして見てみよう。彼らは70年代のグラムロック・ムーブメントに乗りハードでヘヴィなブギを鳴らしチャートを圧巻。ブームを起こした後、人気は低迷。

しかし80年代にイギリス産のヘヴィメタルが新たなムーブメントを起こすと、その雄、クワイエット・ライオットが代表曲「カモン・フィール・ザ・ノイズ(Cum On Feel The Noize)」をカヴァー。再評価が進み、90年代にはオアシスが同曲をカヴァーするなど、英国の代表的ロックバンドとなった、というものである。「ラン・ランナウェイ」は、80年代の再評価期の波に乗って放たれたヒット曲だ。

こんな話を聞いたことがある。イギリスではロックでも労働者階級と中流の聴くアーティストが違う、と。スレイドは圧倒的に労働者階級用のロックである。識字率が100パーセントではないイギリスで字を発音通り書くと “come” は猥雑な含みを持つ “cum” となり、“noise” は “noize” となる。スレイドはあえてそう綴った。労働者階級から支持を受けることを誇りにしていたからだろう。

単純労働の後パブに行きビールを一杯。フットボールの試合があれば、地元のチームをひたすら応援するフーリガンとなる。イギリスに住む友人から聞いた話であるが、ご当地ではフーリガンをあらかじめ警察がフェンスで「囲い」、その中ではどれだけ暴れても咎めないという対応方法もあるそうだ。そんな彼らの血の中に染み込んだ音楽を聴けば、こちらもフーリガンのように血は煮えたぎり運動も捗るというもの。

「ラン・ランナウェイ」はクラブチームの応援の「掛け合い」のようでフーリガンのための曲とも思えるし、とにかくアドレナリンの出る曲の典型のような一曲だ。日本各地にあるスポーツジムでこの曲がかかっていれば素晴らしいではないか… などと夢想しながら、今日もランニングマシンで走っている。

2019.07.22
26
  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1991年生まれ
 白石・しゅーげ
コラムリスト≫
32
1
9
8
3
ポリス有終の美「シンクロニシティー」と3本の名作ビデオ ー 前篇
カタリベ / DR.ENO
9
1
9
8
5
西海岸のハイウェイで聴いたドッケン、シスコ ↔ ロスの日帰りドライヴ!
カタリベ / KazーK
27
1
9
8
7
80年代のロックシーンを塗り替えたガンズ・アンド・ローゼズの反骨精神
カタリベ / 中塚 一晶
32
1
9
8
3
泣くがいい。声をあげて泣くがいい。アルカトラズは初のお取り寄せ!
カタリベ / KazーK
13
1
9
8
7
どっちも天才、超絶ギター! 12歳の少女「りーさーX」と「レーサーX」
カタリベ / KazーK
46
1
9
7
9
マイ・ウェイ ー 破滅的な人生をリアルに体現したシド・ヴィシャス
カタリベ / 本田 隆