1月9日

ジャンプ! ヴァン・ヘイレンは今日も誰かの背中を押している

55
4
 
 この日何の日? 
ヴァン・ヘイレンのアルバム「1984」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1984年のコラム 
初めての海外旅行、そして2つの「北ウイング」

渡辺典子は劇伴シンガー!? 数多の映画をサポートした女優気質の歌唱力

小学生がジャケ買いしたレコードはジューダスの獣戦車メタリアン!

80年代は洋楽黄金時代【シンセリフ TOP10】エイティーズサウンドの特徴って何?

オリコン最高位2位、中森明菜「北ウイング」チャート集計期間のあやで泣いた名曲

80年代ディスコはハードロックで狂喜乱舞!ヴァン・ヘイレンでジャンプ!

もっとみる≫



photo:Warner Music Japan  

ヴァン・ヘイレン「ジャンプ」分厚いシンセの鮮烈イントロ!


1984年1月、3学期の授業が始まったばかりの頃、ロック好きの友人が悔しそうな顔で話しかけてきた。「発売日に買いに行ったのに、もう品切れだったよ」とのこと。何を買いに行ったのかと訊ねると、「レコードだよ。新星堂もハマヤも売り切れだった」という。どうも話がまどろっこしい。一体誰のアルバムを買いに行ったのかと訊くと、友人は得意そうな顔で「ヴァン・ヘイレン」と言った。初めて聞くバンド名だった。

数週間後、ある曲がものすごい勢いでヒットチャートを駆け上がっていることを知る。それが「ジャンプ」だった。MTV が1984年1月1日の午前零時に初オンエアしたというプロモーションビデオを、僕はほぼ一ヶ月遅れで観たことになる。

なんといっても、分厚いシンセサイザーのイントロが鮮烈だった。それが新しい年の幕開けを告げるファンファーレのように鳴り響くと、ヴォーカルのデイヴ・リー・ロスが不遜な声でこう歌い出すのだ。

すべてが破格!堂々たる振る舞いは「王者の風格」


 朝起きる
 俺を落ち込ませるものなんて何もない

デイヴは足を高く蹴り上げ、宙返りをし、殴り掛かるような素振りを見せたかと思うと、茶目っ気たっぷりに笑ってみせる。まるで悪ふざけをしているみたいだった。

エディ・ヴァン・ヘイレンのギターにも驚かされた。右手でギターのフレットをタップする不思議な弾き方で、これまでに聴いたこともないような高速フレーズを紡ぎ出していた。これが有名なライトハンド奏法だと知ったのもこのときだ。

すべてが破格、というのがヴァン・ヘイレンの第一印象だった。バンドは自信に満ちあふれ、怖いもの知らずで、底抜けに明るかった。その堂々たる振る舞いには、王者の風格が漂っていた。特にデイヴのあっけらかんとした個性は強烈で、「アメリカの不良とはこういうものなのか」と感心することしきりだった。

アルバムは最高2位、マイケル・ジャクソンに阻まれた「1984」


アルバムジャケットは、赤ん坊の天使が煙草を吸っているというもので、そんな不道徳なところも、バンドのカラーと相まってやけにかっこよく思えた。

「ジャンプ」は、文字通りの大ジャンプで一気にチャートのトップまで登り詰めると、5週間その座に居座った。アルバム『1984』も驚異的なセールスを記録し、現在までにアメリカだけで1,000万枚以上を売り上げている。それでも最高位が2位なのは、マイケル・ジャクソンの『スリラー』にトップを阻まれたからだ。これはこれですごい話である。

デイヴ・リー・ロスは歌う、俺を落ち込ませるものなんて何もない!


「ジャンプ」のイントロが聴こえてくると、今でも胸が踊るのはなぜだろう? あの分厚いシンセの音が古くならないのはどうしてだろう? その答えはきっと、曲にみなぎる乱暴なまでのポジティヴさにあるのだと思う。

デイヴが「俺を落ち込ませるものなんて何もない」と歌うとき、おそらくそこに根拠などない。でも、この複雑にからみあった世界では、時として、根拠のない自信だけが生きる勇気を与えてくれたりもするのだ。

 跳んだ方がいいぜ
 さぁ、跳べよ
 跳んでみればいいじゃないか
 さぁ、跳ぶんだ

今日も世界のどこかで「ジャンプ」は流れ、誰かのことを煽っている。無責任に背中を押している。では、もし本当に跳ぶことができたらどうなるのか? それは跳んだ者にしかわからない。


※2017年11月10日に掲載された記事をアップデート

2020.01.09
55
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1966年生まれ
太田秀樹(ohtachan)
1984年という年はこのディケイド、もっというと第二次世界大戦後から続く流れの分水嶺だった気がします。
2017/11/13 04:57
0
返信
1970年生まれ
宮井 章裕
戦後からの流れがきれいに消え去って、バブル(&その後)へ向かって走り出した感じでしょうか。
2017/11/13 06:52
0
カタリベ
1970年生まれ
宮井章裕
コラムリスト≫
9
1
9
9
0
ロバート・パーマーの2枚組大作「ドント・エクスプレイン」の魅力
カタリベ / 宮木 宣嗣
107
1
9
8
4
80年代は洋楽黄金時代【ドラムイントロ TOP5】記憶に残る名演!
カタリベ / 中川 肇
27
1
9
8
9
ブラック・サバスの不遇ボーカリスト、トニー・マーティンは頑張り屋!
カタリベ / 鳥居 淳吉
32
1
9
7
9
僕のファーストキッスは、ラヴィン・ユー・ベイビー!
カタリベ / 藤澤 一雅
14
1
9
8
4
青い瞳の聖ライフ&乳姉妹、大映ドラマ栄光の80年代と胸アツ!カヴァー主題歌
カタリベ / DR.ENO
52
1
9
8
3
新生イエスの「ロンリー・ハート」一世を風靡したオーケストラル・ヒット!
カタリベ / 中川 肇