10月31日

追悼:エディ・ヴァン・ヘイレン、クイーンのブライアン・メイとビッグな共演!

37
0
 
 この日何の日? 
ブライアン・メイ&フレンズのミニアルバム「無敵艦隊スター・フリート」が英国でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1983年のコラム 
松田聖子「蒼いフォトグラフ」松本隆が描く “風街発横浜” の風情

胸キュンドラマ「青が散る」主題歌、松田聖子が描いてみせた “蒼い” 青春の光と影

やくざ映画のニューウェイブ、金子正次の「竜二」と 萩原健一の「ララバイ」

インディーズの襲来!ナゴムレコード主宰者 “ケラ” 率いる有頂天の音楽性とは?

恋するハートの疾走感!小泉今日子「艶姿ナミダ娘」に詰まっている17歳のリアル

小泉今日子の少女三部作「まっ赤な女の子 → 半分少女 → 艶姿ナミダ娘」

もっとみる≫




『追悼:エディ・ヴァン・ヘイレン、革新的ギタープレイとポピュラリティの奇跡的バランス』からのつづき

クイーンのギタリスト、ブライアン・メイとのコラボレーション


誰もがイメージする “笑顔で弾くギタリスト”、エディ・ヴァン・ヘイレン。その親しみやすい表情をみていると、さぞ数多くのアーティストたちと共演していそうな気がするのだが、意外にもその例は少ない。

他のギタリストとの例でいえば、以前のコラム『ヴァン・ヘイレンも憧れた真のギターレジェンド、アラン・ホールズワース』でも書いた、自らが尊敬するアラン・ホールズワースとの1982、83年に行ったジャムのブートレッグ的な音源が残されている他、1988年には、かのレス・ポール氏のイベントライヴに参加し、ストレイ・キャッツを介して、B.B.キングら多数の著名ギタリストたちとステージを共にした映像を確認できる。

しかし、オフィシャルな音源での共演や、ゲスト参加となると皆無に等しい。そんな中で、もっとも知られているのが、ギタリストではないものの、結局のところ「今夜はビート・イット」でのマイケル・ジャクソンとの共演… ということになるが、それに勝るとも劣らない、知る人ぞ知るもうひとつのスーパースターとの共演があった。それが『スター・フリート・プロジェクト』での、エディとブライアン・メイのコラボレーションだ。

2人の出会いは、1978年に遡るという。当時、ヴァン・ヘイレンはブラック・サバスのオープニングに起用されており、トニー・アイオミと友人だったブライアンは、ロンドンでのライヴに訪れていた。

そこで初めて観たエディは「眩すぎるほどに輝いていた」と、ブライアンは述懐している。以来、友人としてエディのことを気にかけていたブライアンだが、1983年、LAに滞在していた時に、ふとエディとの共演を思いついたという。

1983年のクイーンといえば、問題作『ホット・スペース』をリリース後、ツアーもひと段落していた頃だ。ギターが極端にオミットされた作風の中で、ブライアン自身は、ロックギターをもっと弾きたい欲求が高まっていたに違いない。

特撮人形劇「無敵艦隊スター・フリート」のテーマ曲をレコーディング


一方のエディは、マイケルとの共演で一層ネームヴァリューを上げていた。さらに、5月下旬には伝説の『USフェスティバル』への出演を控え、名作『1984』の制作期間とも重なる、まさに脂が乗り切った時期だった。

「クイーンとはかけ離れた環境で、自分達だけで本当に楽しみながら音楽を作りたい」

ブライアンから連絡を受けたエディはそれに賛同し、同じくブライアンの友人である、ロッド・スチュワートバンドのベーシスト、フィル・チェン、REOスピードワゴンのドラマー、アラン・グラッツァーらと、1983年4月21日、22日に、LAにあるレコード・プラント・スタジオに入った。

ブライアンのアイデアとは、彼の息子が大ファンだった、英国で放送された特撮SF人形劇『スター・フリート』のテーマ曲を中心に、友人たちとセッションし、その模様をレコーディングすることだった。

ブライアンは手元のマスターテープを、外部には発表せずに、自分だけの個人的な最高の思い出として、保存しておくことも考えた。けれども、演奏したメンバーから音源として発表するよう促されたこともあり、ラフにミックスをしただけの状態で、1983年の10月に正式発売をするに至ったのだ。

エディ・ヴァン・ヘイレンとブライアン・メイのギター競演!


日本ではブライアン・メイ&フレンズ名義で『無敵艦隊スター・フリート』とタイトルされたミニアルバム。そこには、3曲約28分の音源が収められた。エディの軽快なハーモニクスで始まり、ブライアンの重厚なリフへと繋がっていく「スター・フリート」は、その映像にマッチした、勇壮で希望を感じさせるメロディが印象的な楽曲。ブライアンの少々線の細いヴォーカルのバックには、ロジャー・テイラーがコーラスで参加している。

聴きどころはもちろん、曲中の至る所で自在に絡み合う、エディとブライアンのギターの “競演” だ。粒立ちと抜けの良い音色のエディは、超絶な速弾き、ライトハンド奏法、いな鳴くようなアーミングと、持てる技を次々と駆使していく。一方、繊細で暖かい音色のブライアンは、クイーンさながらのギターオーケストレーションやハーモニーを繰り出し、先駆者の貫禄を見せつける。

ブライアンが書き下ろした「レット・ミー・アウト」、ブライアンとエディが尊敬するエリック・クラプトンに捧げた「ブルース・ブレイカー」は、シンプルなコードチェンジで、ブルース調のジャムセッションが長尺で続く楽曲だ。お互いのルーツを確認しながら、まるで会話するように延々と展開される、2本の個性的なギターによるジャミングは、聴いているだけで、ただただ楽しい。他のギタリストとの共演自体が珍しいエディだが、ここでは、信頼できる友人とのジャムを、リラックスして心の底から楽しんでいる様子が、眼に浮かぶようだ。

ミニアルバムのインナーには、ブライアンの愛器レッドスペシャルと、エディの愛器フランケンシュタインがスタジオ内に仲良く並び、僕のような2人のファンには見るだけでグッときてしまう、貴重な写真が掲載されている。奇しくも自らのギターをハンドメイドした者同士として、相通じるケミストリーが感じられるようだ。

ロックギター史上に残る歴史的なジャムセッション


わずか数十秒間のソロに、緊張感を高めて挑んだマイケル・ジャクソンとの共演とは全く真逆に、長い時間をかけ、リラックスして楽しんだブライアンとの夢の共演。80年代の2人のスーパースターとの共演が、形は違えどエディにもたらしたものが大きかったのは、想像に難くない。

残念なことに、『スター・フリート』の正式な音源は現時点で廃盤状態だ。当時のメディアで本作は、ブライアンの “真面目な” ソロ活動として捉えられてしまい、信じられないことに酷評を受けている。しかし、エディの訃報に接し、今改めて聴き直すと、いかにロックギター史上に残る歴史的なジャムセッションであったのかは、自明の理であろう。エディとブライアンが80年代に残してくれたこの貴重な音源が、再発やストリーミング化されることを願いたい。

エディのことを誰よりも気にかけていたブライアンだけに、今回いち早く出した追悼のメッセージは深く、悲しみに満ちていた。

「歴史上、最もオリジナリティで眩いギタリスト」
「僕達が分かち合った時間を宝物にする」

そんなブライアンからのメッセージは、きっと天国のエディにも届いていることだろう。



2020.10.31
37
  YouTube / Brian May Official
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1968年生まれ
中塚一晶
コラムリスト≫
74
1
9
8
4
80年代は洋楽黄金時代【シンセリフ TOP10】エイティーズサウンドの特徴って何?
カタリベ / 中川 肇
9
1
9
8
5
西海岸のハイウェイで聴いたドッケン、シスコ ↔ ロスの日帰りドライヴ!
カタリベ / KazーK
24
1
9
8
8
U2が探し求めたロックンロール、そして「魂の叫び」の先にあるもの
カタリベ / 宮井 章裕
13
1
9
8
1
孤独の男の叫びを聴け!ハードロック界の横山やすし、グラハム・ボネット
カタリベ / DR.ENO
18
1
9
8
6
アフリカ飢餓救済チャリティ「ヒア・アンド・エイド」HR/HM 勢も続け!
カタリベ / KazーK
157
1
9
7
7
大橋純子&美乃家セントラル・ステイション、ブレイクへの礎となった隠れた名曲
カタリベ / 望月 ゆみ子