9月17日
11月の雨 — YouTube の再生回数が10億を超えたガンズの秋曲
38
0
 
 この日何の日? 
ガンズ・アンド・ローゼズのアルバム「ユーズ・ユア・イリュージョンⅠ」が米国でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1991年のコラム 
ALIVE 〜 グランジの絶望なんて大したことなかった

スーパーソニックは僕らとオアシスのドキュメンタリー!

ガンズ&ローゼズ@ウェンブリー イジーとトップレス女子が忘らんないよ

マライア・キャリー「エモーションズ」のルーツをたどってみたら…

七夕の夜に思い出す、シンプリー・レッドの「スターズ」と屋敷豪太

GALA湯沢へ一直線!六本木から発車したZOOの「Choo-Choo-Train」

もっとみる≫

photo:UNIVERSAL MUSIC JAPAN  

あのクソほど暑かった夏が、まるで大昔のように感じる今日この頃だが、皆さんは「秋」と言えばどんな曲を思い浮かべるだろうか?

僕の場合だと、例えば、エラ・フィッツジェラルドとルイ・アームストロングのデュエットによる「ニューヨークの秋(Autumn In New York)」。

―― ジョージ・ガーシュウィンの弟子であるヴァーノン・デュークが書いた曲で、1934年初演のブロードウェイ・ミュージカル『サムズ・アップ!』のクロージングナンバーとして使われた。49年にはフランク・シナトラの歌でヒットしたので、そっちの方が有名かも。

あるいは、シャンソンの名曲「枯葉(Les Feuilles Mortes / Autumn Leaves)」。

―― 46年公開のフランス映画『枯葉~夜の門~(Les Portes de la Nuit)』の挿入歌としてイヴ・モンタンが歌ったが、その後もジュリエット・グレコ、ビング・クロスビー、ナット・キング・コールらによってカバーされた。

この曲については、96年に33歳の若さで夭折したシンガー、エヴァ・キャシディのライブアルバム『ライブ・アット・ブルース・アレイ』に収録されたバージョンも秀逸だ。彼女については、その存在が世界的に認知されたのが亡くなった後だというのが、本当に残念である。

それはともかく、ここに挙げた2つの曲は、いずれも20世紀前半に作り出されたものだ。で、どうして僕がそんな古い曲を持ち出してきたかと言うと、正直なところ、ポップスの秋曲をあんまり思い浮かべられなかったからだ。

無理して捻出すれば、ママス&パパス「夢のカリフォルニア(California Dreamin')」、ザ・キンクス「オータム・オルマナック」、ヴァン・モリソン「ムーンダンス」、アース・ウインド&ファイアー「セプテンバー」くらいは出てくるが、せいぜいこんなところしかない。

僕が思うに、50年代~60年代頃に誕生したポップミュージックという音楽ジャンルは、その時代背景ゆえに「大量生産・大量消費」時代の産物であると言える。そのせいで、消費行動に結びつきやすい「夏」や「クリスマス」をテーマにした方が、ずっとしっくり来るのだと思う。

そんな中、少々無理しつつも僕が紹介したい秋曲は、ガンズ・アンド・ローゼズの「ノーヴェンバー・レイン」 だ。87年にデビューしたこのバンドのファン層は、おそらく僕たちより少し下の世代だと思うし、僕自身もこのバンドのことはほとんどノーマークだったが、何故かこの曲のビデオクリップだけは覚えていた。

特筆すべき点は2つ。このビデオは、92年の MTV ビデオ・ミュージック・アワードで最優秀撮影賞(Best Cinematography)を受賞したが、米国のビジネス誌『Forbes』によると、今年、その YouTube 動画再生回数が、90年代にリリースされた楽曲で初めて10億回(!)を超えたそうだ。

ちなみに、このビデオの制作費は、当時としては破格の150万ドル(当時の為替で約2億円!)。当時スーパーモデルブームを牽引した一人であるステファニー・シーモアも出演している。

10億回にしても、150万ドルにしても、何だか凄い話だが、とにかくこの曲の動画を観て、少しでも秋の深まりを感じてもらえたら幸いである。


Song Data
■Guns N' Roses / November Rain
■作詞・作曲:Axl Rose
■プロデュース:Mike Clink, Guns N' Roses
■発売:1992年2月18日


2018.11.08
38
  YouTube / Guns N' Roses


  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
中川肇
コラムリスト≫
14
1
9
9
2
回想ライブレビュー:ガンズ・アンド・ローゼズ、熱病のようなあの興奮
カタリベ / 浅井 克俊
34
1
9
9
1
ガンズのライヴに欠かせない!ウイングスの「007 死ぬのは奴らだ」
カタリベ / 宮木 宣嗣
17
1
9
8
7
ジャングルから宇宙へ。ガンズのミュージックビデオを巡る三本の映画
カタリベ / 後藤 護
35
1
9
9
1
ガンズ&ローゼズ@ウェンブリー イジーとトップレス女子が忘らんないよ
カタリベ / 平マリアンヌ
59
1
9
8
8
ガンズ&ローゼズがやって来た!女豹気分で挑んだ初来日公演はたったの…
カタリベ / 平マリアンヌ
51
2
0
1
7
ありがとうマルコム、天国で「地獄のハイウェイ」を演奏するっていいかもね
カタリベ / 藤澤 一雅
Re:minder - リマインダー