8月21日

堀ちえみ「待ちぼうけ」竹内まりやから女性アイドルへの楽曲提供第1号

20
1
 
 この日何の日? 
堀ちえみのサードシングル「待ちぼうけ」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1982年のコラム 
ロバート・ワイアットの魔法、コステロが捧げた名曲と奇跡の声

名曲「オンリー・ユー」英国出身のエレクトロポップデュオ、ヤズーの魅力とは?

黄金タッグふたたび~マイケル・マクドナルド&ケニー・ロギンス(後篇)

モヤモヤ感が満載のゼルダ、でもファーストアルバムは全て歌えます!

不思議でおかしい男女のためのデュエットソング、もしかして I LOVE YOU.

渡辺徹に抱く勝手な罪悪感、サヨナラさ Good-bye my brother…

もっとみる≫




80's Idols Remind Me Of… Vol.18
堀ちえみ / 待ちぼうけ

3枚目のシングルは歌手生命を占う試金石


デビューからある程度注目を浴びた新人シンガーにとって、3枚目のシングルは結構重要な役割を果たす場合が多い。ある意味その後シンガーとして生き残られるのか否か、歌手生命を占う試金石になりうる場合が多い、ということだ。今振り返れば、松田聖子「風は秋色」(80年)、中森明菜「セカンド・ラブ」(82年)なんぞは、そんな立ち位置の作品だったと気付かされる。

さて花の82年組、我らが堀ちえみの3枚目のシングルはというと、堀史上最も脱力なオチが配された「待ちぼうけ」(82年8月リリース)!

デートさえも夢の中、(比喩表現としての)セクシャリティを一切排除したデビュー曲「潮風の少女」、路線変更なく前作を踏襲、一定数の特定男子を悶絶死させたセカンド「真夏の少女」に続く待望のシングルが「待ちぼうけ」だった。

ロリータ路線の堀ちえみ、アイドルの処女性はキープできるのか?


用意された世界観は… ようやくデートにこぎつくものの、お互いすれ違いで結局デートそのものが実現せず…という、まあ言ってみれば他愛もない内容の作品。この他愛なさこそが、徹底した “ロリータ路線” が敷かれた堀ちえみにとっては、実はかなりキモだと言えよう。

男と1対1で会うデート… 深読みすれば、これは処女性の危機を想起させるわけで、デートの不成立は受け手側にひとまずの安心感を与えていたのだ。一方、ダサめな “ディズニーウォッチ” や “おろしたてのワンピース” みたいな言葉は、ヴァージニティへの設定ワードとして功を奏してもいる。

ソングライター竹内まりやが用意した脱力の、いや驚愕のオチ!


作詞(作曲も)はデビューからおよそ4年を経て、山下達郎と結婚直後だった竹内まりや。女性アイドルへの楽曲提供は、河合奈保子「けんかをやめて」(82年9月リリース)に脚光が浴びられがちだが、第1号提供作は「待ちぼうけ」だったのですね。気になるオチは… すれ違いの原因は、女の子が2時間も待ち合わせ時間を間違えていたという、聴く者全員が脱力の、驚愕のオチが用意されていた。

結果として本作は前2作を上回るおよそ10万枚を売り上げ、いよいよアイドル・シンガー堀ちえみが盤石の態勢になっていく。

ということで、ファースト、セカンドでデートを夢見て、サードでデートが実現しそうになる… 「待ちぼうけ」発売時点では、“これは壮大な3部作か!?” と思わされたもの。ところが、いよいよデートが実現した4枚目「とまどいの週末」(82年)、その後の意外な顛末を描いた5枚目「さよならの物語」(83年)が控えていたわけで、なんとその後壮大な5部作が完成したのだった。


※ KARL南澤の連載「80's Idols Remind Me Of…」
80年代の幕開けとともに、新たなアイドルシーンが増幅・形成されていった。文字通り偶像(アイドル)を追い求めた80年代を、女性アイドルと、そのヒットソングで紐解く大好評連載。

■ 80年代最大の問題作!おニャン子クラブ「セーラー服を脱がさないで」
■ 岡田有希子と竹内まりや、80年代の革新が普遍化した「ファースト・デイト」
■ 早見優「急いで!初恋」キラキラ眩しくキャッチーな、弾ける極上ポップソング
etc…

2020.01.22
20
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1962年生まれ
KARL南澤
コラムリスト≫
21
1
9
8
2
大事件勃発!堀ちえみ「とまどいの週末」15歳の女の子を襲う貞操の危機
カタリベ / KARL南澤
17
1
9
8
2
堀ちえみ「真夏の少女」のブレない姿勢。群雄割拠の “82年組” 2枚目の挑戦!
カタリベ / KARL南澤
84
1
9
8
0
松田聖子最初のピークは「風は秋色」サードシングルで初のオリコン1位!
カタリベ / 宮木 宣嗣
42
1
9
8
6
竹内まりやと中森明菜、解釈が分かれた「駅」の歌詞を深読み解説 <明菜篇>
カタリベ / ミチュルル©︎たかはしみさお
32
1
9
8
7
竹内まりやと中森明菜、解釈が分かれた「駅」の歌詞を深読み解説 <まりや篇>
カタリベ / ミチュルル©︎たかはしみさお
28
1
9
8
4
岡田有希子と竹内まりや、80年代の革新が普遍化した「ファースト・デイト」
カタリベ / KARL南澤
Re:minder - リマインダー