12月5日
sus4イントロの源流を探る旅、ストーンズ、ビリー・ジョエル、アリス…
33
3
 
 この日何の日? 
ビリー・ジョエルのシングル「マイ・ライフ」が日本でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1978年のコラム 
サファリ・ナイト、大橋純子が美乃家セントラル・ステイションで輝くとき

ふたりだけのクリスマス ー 聖夜のクラシックをカヴァーしたイーグルス

黄金タッグふたたび~マイケル・マクドナルド&ケニー・ロギンス(前篇)

合言葉は「グリース」、大人への入り口だったミュージカル映画の傑作

理想の女、峰不二子について語ろう。悪女とラヴ・スコール

これこそ不条理!? キュアーのデビューシングル「アラブ人」の運命は?

もっとみる≫


冒頭で告知です。

2018年2月11日(日)いよいよ目前に迫りました、イントロクイズ・イベント=「80年代イントロ十番勝負 ― J-POPの源流」(ご予約はこちらのリンクから)。残席わずかとなりました。まだ予約していらっしゃらない方は、お早めに。


さて、「sus4話」をまだ続けます。前回、「沢田研二『TOKIO』のイントロは、セックス・ピストルズ『アナーキー・イン・ザ・U.K.』(1976年)の2回目の間奏から影響を受けているのではないか」と書きました。

しかし、『アナーキー・イン・ザ・U.K.』だけでは、同80年の「sus4イントロ」ラッシュ=渡辺真知子『唇よ、熱く君を語れ』、太田裕美『南風 - SOUTH WIND -』、松田聖子『青い珊瑚礁』までの説明には至らないとも、思っていました。

そこで今回は、一大歴史絵巻=「sus4イントロの歴史」をご紹介したいと思います。ツイッターなどで、「sus4イントロ」同好の士(?)の方々から、たくさんの助言をいただきました。ありがとうございます。

まずは、やはりビートルズです。『ア・ハード・デイズ・ナイト』(64年)のあの「♪ジャーン」が、「sus4イントロ」史が始まる号砲です。あの音の響きは、様々な研究家によって研究されていますが、基本的には「Gsus4」の響きにかなり近いものです。

そして本格的な「sus4イントロ」の世界初・第一号が、ママス&パパス『マンデー・マンデー』(66年)の「♪パ・ラー・パー・ララ・ッラ」。機を見るに敏な浜口庫之助が2年後に、このイントロの影響の下、島倉千代子『愛のさざなみ』(68年)を作ります。これがおそらく、日本初の「sus4イントロ」。

『マンデー・マンデー』が「アメリカ版・sus4イントロ」の始祖なら、イギリス版は、フリーの『オール・ライト・ナウ』が始祖となります。ただしこのイントロは、厳密には、「sus4」ではなく、サブドミナント(キーAに対するD)を使っています。その流れをくむのが、ロッド・スチュワートがボーカルのイギリスのバンド=フェイセズによる翌年の『ステイ・ウィズ・ミー』ですが、「イギリス版・sus4イントロ」はこの程度で終わり、大きなうねりにはなりませんでした。

ここで「sus4イントロ」の特大ヒットが生まれます。71年のローリング・ストーンズ『ブラウン・シュガー』です。ストーンズということは、額面上はイギリス版ということになりますが、響きも、ブリティッシュブルース臭の強い『オール・ライト・ナウ』とは異なる、アメリカ的な軽快な感じですし、事実、アメリカでも大ヒットしたので、のちのクイーン『愛という名の欲望(Crazy Little Thing Called Love)』同様、「アメリカ版」と区分けする必要はないと考えます。

しかし、日本の音楽シーンに「sus4イントロ」が広まるきっかけとしては、実は、これらの曲よりも、自国日本の曲の方が、大きかったのではないでしょうか。それは75年のアリス『今はもうだれも』、76年の風『ささやかなこの人生』、78年のアリス『涙の誓い』、世良公則&ツイスト『宿無し』などです。特にアリス『今はもうだれも』のイントロは、sus4の快感を日本に広く知らしめたという意味で、「sus4イントロの歴史」上、とても重要なものとなるでしょう。

日本における「ザ・sus4バンド」がアリスだったとしたら、アメリカのそれはボストンです。彼らの大ヒット=『宇宙の彼方へ(More Than A Feeling)』(76年)と『ドント・ルック・バック』(78年)は、両方とも「sus4イントロ」。「sus4イントロ=軽快でアメリカンな感じ」という図式は、ボストンによって確立されたと思われます。

そして、「アメリカ版・sus4イントロ」の決定打が、78年のビリー・ジョエル『マイ・ライフ』。加えて、その二の矢として、ドゥービー・ブラザーズ『ホワット・ア・フール・ビリーヴス』(78年)が追い打ちをかけます。『唇よ、熱く君を語れ』『南風 - SOUTH WIND -』『青い珊瑚礁』に加えて、79年の浜田省吾『風を感じて』などの元ネタは、おそらくこのあたり。

ちなみに79年には、アコースティックギターの美しい「sus4イントロ」が鳴り響く、クイーンの『愛という名の欲望』がリリースされますが、これもアメリカ市場を意識した音作りで、アメリカでも大ヒットしたので、『ブラウン・シュガー』同様、アメリカ版と別個にしなくていいでしょう。

という流れが、一大歴史絵巻=「sus4イントロの歴史」になります。まとめると、

①「sus4イントロ」は、基本的にアメリカ発のものである(『ブラウン・シュガー』『愛という名の欲望(Crazy Little Thing Called Love)』も含む)。

②世界初の「sus4イントロ」は、ママス&パパス『マンデー・マンデー』で、日本初は、島倉千代子『愛のさざなみ』。

③日本における80年(以降)の「sus4イントロブーム」には、『マイ・ライフ』や『ホワット・ア・フール・ビリーヴス』、そしてボストンのヒット曲などが、強く影響している。

④アリスの『今はもうだれも』や『涙の誓い』、『宿無し』などの、「from日本to日本」の影響も見逃せない。

⑤『アナーキー・イン・ザ・U.K.』発と思われる、沢田研二『TOKIO』のイントロは、「sus4イントロの歴史」上は亜流。

こうして、80年前後に、浜田省吾『風を感じて』、渡辺真知子『唇よ、熱く君を語れ』、太田裕美『南風 - SOUTH WIND -』、松田聖子『青い珊瑚礁』などの「sus4イントロ」が量産され、その後、ビートたけし『OK! マリアンヌ』、吉川晃司『モニカ』、アースシェイカー『ラジオ・マジック』、松任谷由実『青春のリグレット』、うしろゆびさされ組『渚の「・・・・・」』、小泉今日子『学園天国』につながっていきます。

今後、さらにこの歴史を精緻化していきたいと思っています。情報お待ちしております。

2018.02.03
33
  YouTube / Marco White


  YouTube / kidon hicchi


  YouTube / CatRevolver
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1962年生まれ
るりっぺ
そうか、ワタシってSUS4が好きだったのね〜 ってわかるまでに40年かかってしまったw
2018/02/05 00:14
0
返信
1966年生まれ
スージー鈴木
【宣伝】リマインダー新ネタ入りました。ミとファを使った「sus4イントロ」の歴史を研究してみました。恐らく世界初の論文です。他の人には書けません。てか、バカバカしくって、他の人は研究しようとしないでしょう。
2018/02/03 09:11
3
返信
カタリベ
1966年生まれ
スージー鈴木
コラムリスト≫
54
1
9
8
0
80年代に sus4イントロが増えた理由、その源流はロンドンパンクだった!
カタリベ / スージー鈴木
63
1
9
8
0
1980元日発売!時代の転換点となった「TOKIO」すべてを飲み込む沢田研二
カタリベ / スージー鈴木
55
1
9
8
0
山口百恵から松田聖子、さよならの向こう側にある青い珊瑚礁が眩しかった
カタリベ / 太田 秀樹
39
1
9
8
0
松田聖子のピークが訪れた瞬間。それは、デビュー間もない「青い珊瑚礁」
カタリベ / KARL南澤
27
1
9
8
0
エキサイティング80's!時代の扉は沢田研二の「TOKIO」によって開かれた
カタリベ / 太田 秀樹
22
1
9
8
0
14年越しの「青い珊瑚礁」あの日の松田聖子はとても大人びていた
カタリベ / 鎌倉屋 武士
Re:minder - リマインダー