11月1日

小泉今日子の少女三部作「まっ赤な女の子 → 半分少女 → 艶姿ナミダ娘」

23
0
 
 この日何の日? 
小泉今日子のシングル「艶姿ナミダ娘」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1983年のコラム 
やくざ映画のニューウェイブ、金子正次の「竜二」と 萩原健一の「ララバイ」

追悼:エディ・ヴァン・ヘイレン、クイーンのブライアン・メイとビッグな共演!

インディーズの襲来!ナゴムレコード主宰者 “ケラ” 率いる有頂天の音楽性とは?

恋するハートの疾走感!小泉今日子「艶姿ナミダ娘」に詰まっている17歳のリアル

有線放送に強かったアイドル!中森明菜は夜の街から人気が高まっていった?

J-POP界の開発屋、なぜ角松敏生はいつも早すぎるのか? vol.5

もっとみる≫



photo:Victor Entertainment  

80’s Idols Remind Me Of… vol.10
まっ赤な女の子、半分少女、艶姿ナミダ娘 / 小泉今日子


アイドルシーンを豪華に彩った “花の82年組” は、80年代を通して見れば中森明菜と小泉今日子が双璧ともいえる存在感を示していた。

しかし、このふたりのデビューから最初の3枚のシングルを比較すれば――

■中森明菜
「スローモーション」30位
「少女A」5位、
「セカンド・ラブ」1位

■小泉今日子
「私の16才」22位
「素敵なラブリーボーイ」19位
「ひとり街角」13位

(※オリコン・シングルランキング最高位)

―― スタートダッシュで小泉は、中森に大きく水をあけられていたのは明白だ。

小泉今日子が “アイドル アーティスト” として広く一般層に強い印象を与えた作品が何かと言えば、何と言っても「なんてったってアイドル」(85年)であり、以降彼女はシンガーとしての確たる存在感・立ち位置を90年代前半まで、長きにわたり築いていった。それはもう中森に匹敵する、いや凌ぐ勢いだったのは周知の事実。

では「なんてったってアイドル」までの3年間を小泉は、ただ指をくわえて “中森台風” が過ぎるのを傍観していたのだろうか…

答えはノーだ!

小泉陣営は5枚目から7枚目のシングル(すべて83年)で、ターニングポイントともいえる素晴らしい仕掛けを以て、中森陣営(延いては、松田聖子陣営)に挑んでいた――。

★5枚目「まっ赤な女の子」
欧州女性グループを彷彿とさせる極上キャンディポップ。

★6枚目「半分少女」
名曲然とした楽曲。シティポップの極致のよう。

★7枚目「艶姿ナミダ娘」
トレヴァー・ホーンばりのニューウェービーなクラブポップ。

すなわち、この3枚で、それまでとは明らかに一線を画したシングル楽曲のブラッシュアップを図っていたのだ! それは、今でいう “楽曲派アイドル” たるものであった。

80年代アイドルシーンの特徴のひとつとして、松田聖子を中心とするシングル楽曲のいわゆるシティポップ化が挙げられるが、小泉陣営はその潮流に乗りながら、類まれなる小泉今日子のアイドルとしての資質を開花させようと目論んだわけだ。

そして、この3作のタイトルを見てみると、『女の子』⇒『少女』⇒『娘』とある。ひとりの女性がオトナの階段を登っていく成長過程を見せられているではないか! シングル作品3枚にわたる、なんと壮大な仕掛けであることよ! さらに付け加えるならば、その直後のシングルが “あんみつ姫” 名義の「クライマックス御一緒に」なのである――。

なんと、『娘』が『姫』になってクライマックスを迎える… そんな深読みをせざるを得ない完璧なオチまで用意。これが宇宙レベルの大仕掛けだったということが、皆さんにはわかって頂けただろうか。

「まっ赤な女の子」はオリコン最高位8位を記録。以降、小泉のシングルは94年まで、そのすべてがトップ10入り。83年の『少女三部作』の仕掛けは(勝手にそう呼んでいます)、結果的に見事小泉陣営の目論見通りとなったという訳だ。

「なんてったってアイドル」は決して突発的なヒットではなかった。そこに至るまでの試行錯誤とエポックメイキングな仕掛け――『少女三部作』を見逃すわけにはいかないし、これを永遠に語り継いでいきたいものだ。

2019.02.04
23
  YouTube / Victor Entertainment 


iTunes / コイズミクロニクル コンプリートシングルベスト1982-2017

 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1962年生まれ
KARL南澤
コラムリスト≫
104
1
9
8
3
アイドルから表現者への歩み、中森明菜「禁区」流浪する歌姫への旅立ち
カタリベ / 松林 建
23
1
9
8
4
時代を駆け上がった松田聖子、人気絶頂の佐野元春が提供した「ハートのイアリング」
カタリベ / 本田 隆
43
1
9
8
3
80’sコネクション:早見優「夏色のナンシー」は無意識過剰?
カタリベ / スージー鈴木
33
1
9
8
4
恐ろしいほどの輝き、松田聖子の「ハートのイアリング」
カタリベ / 太田 秀樹
44
1
9
8
8
80年代の船山基紀、アナログとデジタルの狭間を駆け抜けた編曲家
カタリベ / スージー鈴木
32
1
9
8
1
セーラー服と機関銃 ー ひろ子姫の小さな泣きぼくろとカスバの女(前篇)
カタリベ / 鎌倉屋 武士