8月20日

黄金タッグふたたび!マイケル・マクドナルド&ケニー・ロギンス(後篇)

25
0
 
 この日何の日? 
ケニー・ロギンスのアルバム「ハイ・アドヴェンチャー」全米リリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1982年のコラム 
岩崎良美「Vacance」観測史上最も遅い梅雨明けに泣いた1982年夏の名曲

眩しすぎた西海岸の夏、ゴーゴーズのバケーションはヴェイケイション!?

自腹で往復43万!ニューヨークでたまたま観たブロンディ最後のツアー

名曲「オンリー・ユー」英国出身のエレクトロポップデュオ、ヤズーの魅力とは?

ロバート・ワイアットの魔法、コステロが捧げた名曲と奇跡の声

堀ちえみ「待ちぼうけ」竹内まりやから女性アイドルへの楽曲提供第1号

もっとみる≫



photo:FANART.TV  

マイケル・マクドナルドとケニー・ロギンスは、「ホワット・ア・フール・ビリーヴス」以外にも度々楽曲を共作しており、それぞれのソロ作によく収録されています。

マイケル・マクドナルドの2作目のソロ『ノー・ルッキン・バック』のタイトルトラック(ケニーのヴァージョンもあり)やケニー・ロギンスの「明日に向かって(This Is It)」など、シングルカットされたものもあります。

そんな中でも私のお気に入りがケニー・ロギンスの「ハート・トゥ・ハート」。

まだ「フットルース」や「デンジャー・ゾーン」の大ヒット以前のケニー・ロギンスは元ロギンス&メッシーナの人といったイメージでしたが、この「ハート・トゥ・ハート」収録のアルバム『ハイ・アドヴェンチャー』には発売前からかなりの期待をしてました。

なぜなら、先行シングルのスティーヴ・ペリーとのデュエット「サンライズ・パーティー(Don't Fight It)」がヒットしていたからです。

この曲がラジオでよくかかっていたのは、私がジャーニーのヒットアルバム『エスケイプ』を盤がすり減るほど聴きまくっていた頃で、彼らの次のアルバムを超渇望していたときだったのです。二人のハイトーンヴォーカルがとにかく楽しそうに盛り上がる曲にこちらも盛り上がりまくり、てな具合です。

ということでどっちかというとジャーニー理由で購入した『ハイ・アドヴェンチャー』にはいい意味で期待を裏切られました。

「サンライズ・パーティー」のようなストレートなロックはあまり収録されておらず、どちらかというと大人向きのAOR作品がメイン。しかしながら楽曲自体はしっかりアレンジされたいい作品ばかりなのです。なかでも次にシングルカットされた「ハート・トゥ・ハート」の出来には大満足。

「ノー・ルッキン・バック」がどちらかというとケニー・ロギンスっぽいメロディーが主導なのに対し、この「ハート・トゥ・ハート」はキーボードのリフも曲のメロもマイケル・マクドナルドが前に出てきます。スリリングなイントロからTOTOっぽい曲全体の仕上がりも素晴らしい(スティーヴ・ルカサー、デヴィッド・ペイチが参加してますからね~)。

このアルバムには、プロデュースも兼ねて参加したデイヴィッド・フォスターのほかに、ネイザン・イースト、デイヴィッド・サンボーン、リチャード・ペイジ、ニール・ラーセンなど錚々たるメンツが参加。いい時代ですね。

ということでアルバム『ハイ・アドヴェンチャー』は、ケニー・ロギンスのソロ作のなかではあまり名盤扱いはされてないようですが、私にとって燦然と輝く2曲「サンライズ・パーティー」「ハート・トゥ・ハート」が入った名盤なのでございます。

2017.05.10
25
  YouTube / Adam Brown


  YouTube / lanceflatul's channel
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1968年生まれ
DR.ENO
コラムリスト≫
40
1
9
8
0
TOTOの兄貴分、エアプレイ唯一のアルバムはロマンティック?
カタリベ / 中川 肇
50
1
9
8
5
爆発のときを待っていた渡辺美里、すべては「GROWIN' UP」から始まった!
カタリベ / 佐々木 美夏
22
1
9
8
2
ジャーニーが屈辱を晴らした夜、初の武道館ライブ終了後に大パーティ!
カタリベ / 喜久野 俊和
50
1
9
8
4
映画「フットルース」の勢いを利用して、ケニー・ロギンスのブレイクを狙え!
カタリベ / 喜久野 俊和
22
1
9
8
6
ピーター・セテラの「グローリー・オブ・ラブ」タムリン・トミタに憧れて
カタリベ / clake
46
1
9
8
3
ハードとソフトの素敵な関係、ウォークマンとスーパースターのエピソード
カタリベ / 喜久野 俊和