4月1日

ボズ・スキャッグス「ミドル・マン」秋の夜長に聴きたいAOR

49
1
 
 この日何の日? 
ボズ・スキャッグスのアルバム「ミドル・マン」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1980年のコラム 
デビュー曲のどアタマの音符に込められた佐野元春の大発明

サイボーグ009と共に。いま爆音で響かせたいアニソン「誰がために」

共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.5

アメフトのラインメンがボズ・スキャッグスをこよなく愛す理由(わけ)

名月や 秋の夜長に ボズ・スキャッグス — 大人のアルバム「ミドル・マン」

歴史が遣わせたアイドル、松田聖子が最もエキサイティングだった黄金の6年間

もっとみる≫







近年の世界的な気候変動のせいかどうか判らないが、少なくともここ東京においては、以前のような「四季」の感覚がだいぶ薄らいできたと思う。春と秋の時季が年々短くなって、実質的に「二季」になってしまいそうな気さえする。

とは言え、秋分の日を過ぎて日に日に夜が長くなることに変わりはないので、気にせずに今日は「秋の夜長」について書いてみたいと思う。で、「秋の夜長」と言えば、なぜか聴きたくなるのが AOR だ。

AOR が「Adult Oriented Rock」を略した和製英語で、1970年代後半から80年代前半にかけて日本で流行った「黒人音楽の影響を受けた大人向けの白人のロック」の総称である… というのは、何人ものカタリベさんが書いている通りだが、もし「50~60代の日本の音楽ファン100人に聞きました! AOR と言えば誰?」というアンケートを取ったとしたら、おそらく63人くらいがボズ・スキャッグスと答えるのではないだろうか。

実際、彼が76年にリリースしたアルバム『シルク・ディグリーズ』から、一種の AOR ブームが日本で始まったと言われているし、次作『ダウン・トゥー・ゼン・レフト』、次々作『ミドル・マン』と合わせて「AOR 三部作」と呼ばれることもある。

だが、実を言うと、僕はその頃はボズ・スキャッグスをあまり好きではなかった。なぜなら、日本で耳にする彼の曲と言えば、数々の CM で取り上げられ、田中康夫の『なんとなく、クリスタル』にも登場した「ウィアー・オール・アローン」や、トヨタ・クレスタの CMソング「トワイライト・ハイウェイ(You Can Have Me Anytime)」といったバラードばかりで、当時の僕にはスイート過ぎたからだ。

だが、それが食わず嫌いだったことに、その後まもなくして僕は気づくことになる。

そもそもボズ・スキャッグスは、ブルースや R&B に魅了されてプロミュージシャンを志した人物で、67年にクラスメイトだったスティーヴ・ミラーが結成したブルース・ロック・バンド、その名もスティーヴ・ミラー・バンドに参加、69年にはサザン・ロックの天才ギタリスト、デュアン・オールマンとも共演アルバムを作ったりもしている。つまり、実際の彼は、世間が抱いている都会的でメロウなイメージより、ずっと骨太なミュージシャンだったのだ。

そんなボズ・スキャッグスの功績の一つが、彼のレコーディングから TOTO というバンドが生まれたことである。これは一見、リンダ・ロンシュタットとイーグルスの関係と同じように見えるかもしれないが、実際には全然違う。イーグルスのメンバーがリンダのバックを務めたのはほんの数ヵ月のことだし、リンダのお陰で彼らが有名になった訳でもない。

だが、TOTO のメンバーにとっては全くボズさまさまで、上述のアルバム『シルク・ディグリーズ』のレコーディングに参加したデヴィッド・ペイチ(キーボード)、ジェフ・ポーカロ(ドラムス)、デヴィッド・ハンゲイト(ベース)の3人は、この時の共演をきっかけに TOTO を結成した。『ダウン・トゥー・ゼン・レフト』に参加したスティーヴ・ルカサー(ギター)は、これを機に頭角を現したと言われている。

さて、「80年代音楽エンタメコミュニティ」を標榜する本サイトに書かせてもらっている以上、80年リリースのこの作品に触れないわけにはいかないだろう。AOR三部作の最後を飾る『ミドル・マン』である。この作品にも、TOTO からボビー・キンボール(ボーカル)以外の全メンバーが参加している。

このアルバムから最初にシングルカットされ、A面2曲目に収録された「ブレイクダウン・デッド・アヘッド」は「ほとんど TOTO じゃん!」って感じのサウンドだが、不思議なことにドラムはジェフ・ポーカロではなく、スティーリー・ダンなどのセッションで知られるリック・マロッタが叩いている。

本作のオープニングナンバーで、2番目にシングルカットされた「ジョジョ」は、TOTO メンバーよりレイ・パーカー Jr.が弾くギターのカッティングが印象的で、とても夜っぽい大人な一曲である。ちなみに「トワイライト・ハイウェイ(You Can Have Me Anytime)」でギターソロを弾いているのは、ラテン・ロック・レジェンド=カルロス・サンタナである。

… ということで、秋の夜長にこの一枚をどうぞ!


Billboard Chart
■ Breakdown Dead Ahead / Boz Scaggs(1980年5月17日 全米15位)
■ JoJo / Boz Scaggs(1980年8月23日 全米17位)


Billboard(Album)
■ Silk Degrees / Boz Scaggs (1976年9月18日 全米2位)
■ Down Two Then Left / Boz Scaggs(1978年1月14日 全米11位)
■ Middle Man / Boz Scaggs(1980年6月14日 全米8位)


2019.11.04
49
  YouTube / Boz Scaggs


  YouTube / Boz Scaggs
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
中川肇
コラムリスト≫
81
1
9
8
0
名月や 秋の夜長に ボズ・スキャッグス — 大人のアルバム「ミドル・マン」
カタリベ / 藤澤 一雅
18
1
9
8
2
ブリティッシュ・インヴェイジョンの狼煙に阻まれたTOTOの「ロザーナ」
カタリベ / KARL南澤
34
1
9
8
3
追悼:みんな覚えがアルジャロウ?「モーニン」は朝のキラキラAOR
カタリベ / @0onos
28
1
9
7
9
AORファンも要チェック、グラミーの常連♪マンハッタン・トランスファー
カタリベ / DR.ENO
11
1
9
8
0
アメフトのラインメンがボズ・スキャッグスをこよなく愛す理由(わけ)
カタリベ / 小山 眞史
33
1
9
8
2
もはやAORではない、ポール・デイヴィスと振り返る絶頂期のアメリカ
カタリベ / 中川 肇
Re:minder - リマインダー