3月28日

ジョン・ベルーシ、80年代に「監獄ロック」を連れてきてくれたソウルマン

132
1
 
 この日何の日? 
ジョン・ランディス監督の映画「ブルース・ブラザーズ」が日本で劇場公開された日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1981年のコラム 
父母会の敵、沖田浩之の功罪!? ABC、ABC、ABCDE気持ち!

80年代イントロなんでもベスト3 ~ その2「EEAB イントロ」

秋の夜長に身を任せ…人生一度きり “ジャスト・ワンス” に心洗われる秋

音楽好き必見!ブルース・ブラザーズこそ最高のミュージカル

わずか4年の活動期間、ピンク・レディーは僕らのヰタ・セクスアリス

みんなの洋楽ナイト — 眩しかったアメリカ、共有感溢れるヒットチャート

もっとみる≫






photo:Pyxurz  

ジョン・ベルーシ。享年33。

1982年3月5日、ハリウッドの高級ホテル「シャトー・マーモント・ホテル・アンド・バンガローズ」の客室内で薬物の過剰摂取により人気絶頂の中で死去。

偉大なコメディアンであり俳優、そしてミュージシャンであるベルーシがもし生きていたら、その後も素晴らしい映画を何本も僕たちに届けてくれたに違いない。

映画『ブルース・ブラザーズ』が日本で公開されたのは1981年の3月。当時、僕は15歳、一人で映画館に足を運んだ。完璧だった。痛快だった。これぞエンターテインメントだと思った。そしてアメリカはスゲーと思った。アメリカには敵わないと思った。

『ブルース・ブラザーズ』は、No.1ミュージカル映画として未だに僕の中で君臨している。コメディであるにも関わらず、観終わる度に僕は鼻水を垂らして泣く。何故か? それは、黒人音楽へのリスペクトが全編に行き渡り、ひしひしと伝わってくるからだ。痛いくらいに。

ご存知の通り、ブルース・ブラザーズというユニットは、1975年にスタートしたアメリカ NBC のバラエティ番組『サタデー・ナイト・ライブ』から生まれ、ブルースや R&Bに嵌っていたダン・エイクロイドがジョン・ベルーシを誘い結成された。

番組の第一期レギュラーであるジョン・ベルーシとダン・エイクロイドをフロントマンとするこのユニットは、映画が公開される以前から実在のバンドとして活動を開始。彼らの音楽は黒人音楽へのオマージュであり、ベルーシはブルースシンガーとして味わい深いヴォーカルを聴かせてくれる。

死して伝説となったベルーシに注目が集まりがちだけど、400頁にもおよぶ映画の脚本を書いたのはダン・エイクロイド。エイクロイドなくしてブルース・ブラザーズは存在しなかったわけだから、彼の才能にも敬意を表さないといけない。

映画『ブルース・ブラザーズ』の公開は、映画界のみならず一気に黒人音楽が注目を集めることになったという意味で、ブルース&ソウル史にとっても大事件であった。映画に登場する偉大な黒人ミュージシャンの面々にとっても、黒ずくめの二人は思いがけず降臨した白人のブルースヒーローだったに違いない。

だからこそ、半ば神格化されていたアレサ・フランクリンやマット・マーフィー、キャブ・キャロウェイは本当に楽しそうに演技をしているし、またジェイムズ・ブラウンもこの映画に出演したことが転機となったと自らの伝記の中で語っているほどだ。他にもB.B.キングが出演できなかったことを根に持ったという逸話まであり、この映画が如何に黒人ミュージシャン達に愛されたかがわかるだろう。

さて、映画のラストシーンで演奏される曲は「監獄ロック」。言わずと知れたエルヴィス・プレスリーの曲であり、黒人ミュージシャンの曲ではない。刑務所から出所するシーンから始まり、刑務所に戻るシーンで終わる映画だから、ラストの曲はお決まりのこの曲で誰もが納得するところだけど、僕はちょっと違った意味でこのラストシーンを捉えている。

「監獄ロック(Jailhouse Rock)」は、エルヴィス・プレスリーが1957年に発表したシングルで、彼の主演映画として3作目となる『監獄ロック』の主題歌。この時すでにエルヴィス・プレスリーは大スターになっていたわけだけど、彼が創設したと言っても過言ではないロックンロールは、当初は世間から大バッシングを浴びた。

黒人の音楽であるリズム&ブルースと白人の音楽であるカントリー&ウェスタンを掛け合わせたような音楽スタイルは、深刻な人種問題を抱えていた当時のアメリカではありえないことであり、画期的なことだったんだ。

そう、黒人音楽をリスペクトし、白人として黒人音楽を独自に表現したのがエルヴィス・プレスリーであり、この点がブルース・ブラザーズと共通している。だからこそ映画のラストシーンに相応しい。

そもそも僕と洋楽との出会いはエルヴィス・プレスリーだった。親の影響だと思うけど、幼稚園の頃には「ハウンド・ドッグ」と「監獄ロック」をデタラメな英語で歌っていた。だから、エルヴィス・プレスリーは僕にとって特別な存在で、映画のラストシーンで「監獄ロック」が演奏された時は、鳥肌が立った。

ガキの頃から聴いていたと言え、1965年生まれの自分にとって、エルヴィスの曲はクラシックロックで “僕たちの世代” の曲ではない。でも、ブルース・ブラザーズが1980年代に「監獄ロック」を連れてきてくれた。それがとても嬉しくて感動したんだ。

ジョン・ベルーシが歌う「監獄ロック」は実に素晴らしい。エンディングゆえに、ジェイムズ・ブラウン、キャブ・キャロウェイ、レイ・チャールズ、アレサ・フランクリンも歌ってくれる。やっぱりこの映画は凄い。


※2017年3月5日に掲載された記事をアップデート

2019.03.05
132
  Apple Music


  Apple Music


  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
藤澤一雅
コラムリスト≫
135
1
9
8
1
音楽好き必見!ブルース・ブラザーズこそ最高のミュージカル
カタリベ / 藤澤 一雅
41
1
9
8
0
70歳のジョン・ベルーシ、ブルースは続いていく!
カタリベ / 海老沼 大輔
38
2
0
0
6
ヘイル!ヘイル!ジェームズ・ブラウン、全てはおばさんパーマから始まった
カタリベ / ソウマ マナブ
13
1
9
7
9
ブルース・スプリングスティーンのロックンロール!来日公演の実現を切に願う
カタリベ / 海老沼 大輔
24
1
9
8
0
魔法の詰まった玉手箱♪ エルヴィス・コステロ「ゲット・ハッピー」
カタリベ / 宮井 章裕
23
1
9
8
4
時を超えても止まらない「ゴーストバスターズ」のワクワク感!
カタリベ / ともみ
Re:minder - リマインダー