4月1日

ボズ・スキャッグスとデイヴィッド・フォスター、最初で最後のコラボレーション

32
0
 
 この日何の日? 
ボズ・スキャッグスのアルバム「ミドル・マン」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1980年のコラム 
なにもかもが風変わりなバンド “突然段ボール” の強烈な真髄!

サイボーグ009と共に!いま爆音で響かせたいアニソン「誰がために」

共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.5

アメフトのラインメンがボズ・スキャッグスをこよなく愛す理由(わけ)

ボズ・スキャッグス「ミドル・マン」秋の夜長に聴きたいAOR

名月や 秋の夜長に ボズ・スキャッグス — 大人のアルバム「ミドル・マン」

もっとみる≫




リ・リ・リリッスン・エイティーズ ~ 80年代を聴き返す ~ Vol.7
Boz Scaggs / Middle Man

ボズ・スキャッグスのAOR、「ミドル・マン」も評価は高いが…


「AOR」の代表的作品を枚挙するときに、たいてい選ばれる作品ですね。で、そこには、ボズ・スキャッグスの『Silk Degrees』(1976)と『Down Two Then Left』(1977)もたぶん入っています。本作を合わせて、これらはボズの「AOR三部作」と呼ばれています。

ところで、AORとは Adult-Oriented Rock の頭文字ですが、「Album-Oriented Rock」という解釈もあるそうです。「(1曲1曲がどうこうでなく)アルバム全体で聴かせるロック」ということですが、このアルバムがそうなのかと言うと、私にはちょっと疑問です。このアルバムには統一性がない、と私は思っています。もっと言うと作品のデキに差があり過ぎるのです。

いや、それでも充分、買う価値のあるアルバムだとは思いますが、統一性のある名曲・名演奏で溢れた文句なしの名盤、『Silk Degrees』と『Down Two Then Left』に比べてしまうと、どうしても見劣りがしてしまいます。

A面はいい、曲順もバッチリ!


1曲目の「Jojo」、これは群を抜いて素晴らしい。このアルバムに限らず、ボズの全ての作品の中でも最高レベルの名作でしょう。95BPMというかなりゆっくり目のビートに乗せて、まさに大人のロックが展開されます。ただゆったりしているだけでなく、要所要所に、2拍3連(4分音符2つ分の長さを3等分するフレーズ)や、“1拍半フレーズ×6つ+ブレイク” といった“罠”を仕掛けて、適度に緊張の糸を引いてくれます。計算し尽くされたアレンジです。そして何よりも、ボズの独特の歌唱。ホントはめちゃ上手いんだけど、全然 “これ見よがし” でなくて、鼻歌のような軽さがある。この軽さ、やわらかさが実に気持ちいい。

2曲目「Breakdown Dead Ahead」はうって変わって速いシャッフルのロックですが、メロもいいし、ボズの歌はやはり軽やか。佳作だと思いますが、できればドラムはジェフ・ポーカロ(Jeff Porcaro)にしてほしかった。リック・マロッタ(Rick Marotta)も悪くはないけど、何が違うんだろう? ジェフのドラムに比べて “快活さ” が足りない。そうそう、前2アルバムは全曲ジェフが叩いているのに、本アルバムでは9曲中6曲なのです。これが“敗因”のひとつだな。

3曲目「Simone」もいいです。マイナー調で、歌謡曲みたいなメロディが新鮮です。

4曲目「You Can Have Me Anytime」はバラード。バラードには定評のあるボズですが、この曲はまあ “並”。個人的には「Slow Dancer」がベスト。次いで「We’re All Alone」か「Harbor Lights」。だけどこの曲の、カルロス・サンタナ(Carlos Santana)による間奏のギターソロは絶品です。サンタナのパターンと言えばパターンですが、メロディ構成が素晴らしい。歌メロよりもこちらが印象に残ります。

問題はB面、敗因はデイヴィッド・フォスターの起用?


以上でアナログならばA面が終わりなのですが、ここまではいい。曲順もバッチリだと思います。問題はB面。1曲目、CDならば5曲目のタイトル曲「Middle Man」。これ、歌がなかったら完全に “TOTO” でしょう。プレイヤーがほとんど TOTO のメンバーだからとは言え、どうなんでしょうか? デイヴィッド・フォスター(David Foster)がデイヴィッド・ペイチ(David Paich)の代わりを務めているので、フォスターがご愛嬌のつもりでやったのか? まあ TOTO のサウンドは嫌いじゃないので、百歩譲ったとしても、このボーカルはいただけません。ボズにシャウトは似合わない。これならキンボールに歌わせたほうがいい。

この傾向は3曲目「Angel You」、5曲目「You Got Some Imagination」にも現れます。“TOTOもどき”。そもそも TOTO は『Silk Degrees』の時にいっしょに演奏したのがきっかけで生まれたバンドなのに、ここではその “我が子” に頼っているみたい。

そして残りの2曲、「Do Like You Do in New York」と「Isn’t It Time」は、特にどこと言って取り柄のない凡庸な曲だなー。

ということで、B面はボロボロ。もちろん意見を異にする人もいるでしょう。そういう人はスルーしてください。思うに、フォスターの起用が二つ目の敗因かと。本アルバムでボズは、デイヴィッド・フォスターを初めて起用して、キーボードの演奏やアレンジはもとより、共同作曲者としても6曲でコラボしています。

その後、8年間も沈黙してしまったボズ・スキャッグス


フォスターは本作リリースの前年、1979年に、“EW&F” の「After the Love Has Gone」でコンポーザー、そしてアレンジャーとして、業界にその名を知らしめました。この頃は、あちこちから声を掛けられ始めた前途洋々の存在だったでしょう。そこへボズ・スキャッグスという大物からの依頼。プロデューサーとまではいかなかったけど、曲作りにまで参加するという重要な仕事に、フォスターは張り切ったと思います。

だけど実は、ボズはちょっと悩んでいた。あ、これは想像です。だって、全米2位、米国だけで500万枚以上も売り上げた『Silk Degrees』に対し、『Down Two Then Left』は全米11位、100万枚と、充分なヒットとは言え、前作が大き過ぎたゆえに、やや“盛り下がった感”が出てしまいました。内容的には、超えているとまでは言えないけど、全く遜色ないと思うのに。『Down Two Then Left』から本アルバムまでの、3年間というやや長いインターバルが悩みの現れではないでしょうか。

今まで通りのAORではもう飽きられるのだろうか? じゃあ何をやればいいのか? ロックか? ……その解を、ボズは頭角を現してきたフォスターに期待したのでしょうが、この時点での彼には力及ばずだった。そして結果としての本アルバム、全米チャートは8位とやや持ち直したものの、ボズ自身満足はしていなかったんじゃないでしょうか。

なぜなら、本アルバムの後、ボズは8年間も沈黙してしまうのです(同年内に『Hits!』というベストアルバムを出しますがこれはレコード会社主導でしょう)。そして、たとえば TOTO のメンバーや、レイ・パーカー・Jr. とはそれ以降もよく仕事をしますが、デイヴィッド・フォスターとのコラボレーションはこれが最初で最後。「相性が悪かった」と考えるしかないような……。

2020.08.15
32
  YouTube / Boz Scaggs


  YouTube / Boz Scaggs
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1954年生まれ
福岡智彦
コラムリスト≫
54
1
9
8
0
ボズ・スキャッグス「ミドル・マン」秋の夜長に聴きたいAOR
カタリベ / 中川 肇
92
1
9
8
0
名月や 秋の夜長に ボズ・スキャッグス — 大人のアルバム「ミドル・マン」
カタリベ / 藤澤 一雅
35
1
9
8
3
みんな覚えがアルジャロウ? AOR定番「モーニン」と てんぱいぽんちん体操
カタリベ / @0onos
11
1
9
8
0
アメフトのラインメンがボズ・スキャッグスをこよなく愛す理由(わけ)
カタリベ / 小山 眞史
10
1
9
8
7
1987年5月、デイヴィッド・フォスター@昭和女子大学人見記念講堂
カタリベ / @0onos
24
1
9
8
2
80年代洋楽ヒット代表、TOTO「ロザーナ」の1位を阻んだのは誰?
カタリベ / KARL南澤
Re:minder - リマインダー