5月29日

とんねるずはパロディソングの宝庫、ショーケンとチェッカーズと長渕剛!

24
1
 
 この日何の日? 
とんねるずのシングル「情けねえ」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1991年のコラム 
山下達郎「さよなら夏の日」としまえんのプールとジュブナイルからの卒業

U2「約束の地」ペット・ショップ・ボーイズのカバーに激昂したボノ

奇跡のロックバンド、マニック・ストリート・プリーチャーズの “4REAL” 事件

80年代が生んだ奇妙な果実、今も影響を与え続ける戸川純の現在進行形

靴の名曲「どんなときも。」泥だらけのスニーカーじゃ追い越せない!

時代が求めた「どんなときも。」槇原敬之の才能は優れたメロディメイクにあり!

もっとみる≫




厳選3曲、パロディソングの宝庫とんねるず


様々なお笑いシンガーの素晴らしいパロディソングを紹介するこのコラム。今回は、私もよくモノマネをさせていただいてます「とんねるず」のパロディソングを紹介します。

とんねるずは “パロディソングの宝庫” と言っても過言ではないほど数々の名曲を世に出しているんですね。その時代やお二方が尊敬してやまないアーティストを中心に、その思いを作詞家の秋元康さんが汲み取り作品にしているのだと思われます。

そんな、とんねるずのパロディソングを80年代を中心に、3曲厳選してみました。

石橋貴明憧れのショーケンをパロディ「迷惑でしょうが…」


まず1曲目は、1986年12月28日に発売されたアルバム『キャニオン初』の収録曲からシングルカットされ、1987年4月5日に発売されたシングル「迷惑でしょうが…」。この曲の醍醐味といえば、イントロでの石橋貴明さんのナレーションですね。

 前略、生きてくことは哀しい訳で
 哀しいからまた生きてく訳で

前作のシングル「嵐のマッチョマン」からガラリと歌謡チックなテイストに趣きが変わり、とんねるずも大人びてきたなぁ… とも取れますが、これは元ネタとしては1970年代後半に放送されていた日本テレビ系ドラマ『前略おふくろ様』が元になっているんですね。

主演は、石橋貴明さんが学生時代から憧れているショーケンこと萩原健一さん。このドラマの主題歌もショーケンさんが歌っています。また、イントロ部分のナレーションも「前略…」から始まっており完全に曲の構成もパロディです。

この曲の印象でいうと、発売当初に出演してた音楽番組では、もちろん最初は真面目に歌うのですが、何度も歌っていくと飽きてくるのかわかりませんが、末期には石橋貴明さんがショーケンのモノマネで歌い出すのです。それが僕にはツボでたまりませんでした。

ちなみに1987年9月17日に発売されたシングル「おらおら」は、明らかに萩原健一さんの楽曲「ぐでんぐでん」のパロディです。よくよく聴くと「迷惑でしょうが…」の歌詞の中にも「ぐでんぐでんに酔いたいだけ」と出てきてますよね。ショーケン愛の強さが作品から伝わってきます。

チェッカーズ感がハンパない「チェックのシャツでボンヨヨヨーン」


続いて2曲目は、1985年11月1日に発売されたアルバム『仏滅そだち』に収録している「チェックのシャツでボンヨヨヨーン」です。タイトルを見てもわからないとは思いますので、歌詞を見てみましょう。

 キャンドルライトが消えて
 ハートブレイク泣いて
 ジュリアはうつむき
 ふいに チェックのシャツ脱いだ

もうおわかりだと思いますが、当時爆発的人気を誇るバンドのチェッカーズのパロディソングですね。

これは木梨憲武さんのソロ曲なんですが、イントロもちゃんとむせび泣くサックスを入れ、なんとなく藤井フミヤさんに寄せた歌い方もして、チェッカーズ感がハンパないんです。とんねるずは、チェッカーズとコントで共演する回数も多く、プライベートでも仲が良いのは有名ですね。フジテレビの『とんねるずのみなさんのおかげです』のコントの中で、チェッカーズのシングル「ONE NIGHT GIGOLO」のイントロでいきなりみんなが踊り出すあのシーンを見るだけでも、ツーツーな仲の良さが垣間見えます。

長渕剛のパロディに社会風刺を織り交ぜた「情けねえ」


最後の3曲目は、1991年5月29日に発売された17枚目のシングル「情けねえ」です。この曲は、ご存知の方も多いかと思いますが、長渕剛の「ろくなもんじゃねぇ」のパロディですね。

大和魂感が強い曲にも感じますが、ジャケットもよく見ますと日の丸をイメージしています。

その様子が伺えるのが、この曲自体テーマとして、この1991年に勃発した湾岸戦争に対しての日本の反応を歌詞にした曲となっており、とんねるずの楽曲にしては珍しい社会風刺を織り交ぜた歌だったんですね。

この曲のエピソードとして、この年のNHK紅白歌合戦に初出場し、「情けねえ」を披露したのですが、その際の出で立ちが石橋貴明さんが全身赤色、木梨憲武さんが全身白色のボディペインティングで登場し、大変な話題を呼びました。

のちに野猿でNHK紅白歌合戦に初出場した際も全身ボディペインティングで登場し、この時のパロディとして演出をされました。

そして記憶に新しいのはフジテレビ『とんねるずのみなさんのおかげでした』最終回での「情けねえ」での歌唱シーンですね。お二人の今一番伝えたかった「フジテレビ愛」「バラエティ愛」があの歌詞に集約されてたかと思われます。

じつは、『素晴らしきパロディソングの世界(その1)嘉門達夫 篇』『素晴らしきパロディソングの世界(その2)所ジョージ 篇』から続くパロディソングシリーズの中で、今回のとんねるず篇の選曲に一番苦労しました。というのも、パロディソングの宝庫とはいえ、その時代ごとにとんねるずが、野猿や矢島美容室など姿形を変えて名曲を残しているのです。もちろん、今回ご紹介した3曲以外にもいい曲は沢山あるので、平成生まれの方々にこそ是非とも聴いて欲しいです。

それにしても、いい曲は沢山あるとはいったものの、オススメの曲を絞り切れないとは… 情けねえ…。


※2019年6月6日に掲載された記事をアップデート

2021.05.29
24
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1989年生まれ
アンチエイジ徳泉
コラムリスト≫
34
1
9
8
7
始末に負えない2人のルーツ、とんねるず「嵐のマッチョマン」
カタリベ / 山口 順平
86
2
0
1
8
おもしろいとかっこいいを同時に届けるカリスマコンビ、とんねるず
カタリベ / 山口 順平
35
1
9
8
4
無理よ駄目よじゃつまらない、本気で一気!に向き合っていたとんねるず
カタリベ / 上村 彰子
26
1
9
8
6
受験シーズンの定番ソング? とんねるず「落ちて滑って不合格」
カタリベ / 鳥居 淳吉
35
1
9
8
6
お坊っチャマにはわかるまい!人気絶頂とんねるず&新人アイドル真璃子
カタリベ / 鈴木 啓之
31
1
9
8
1
歌手としてのとんねるず — その序章、デビューはピョン吉ロックンロール!
カタリベ / 鈴木 啓之