4月21日

EPICソニー名曲列伝:佐野元春「約束の橋」が与えてくれた肯定感について

41
0
 
 この日何の日? 
佐野元春のシングル「約束の橋」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1989年のコラム 
怒れる金属の打撃音!ノイバウテンとFront 242、そしてソフトバレエ

デート用カセット神話で思い出される隠れた名作、セイ・エニシング

青春の挫折と欲望の輝き、映画「レス・ザン・ゼロ」の音楽とファッション

初恋の思い出に満ちたプリンセス プリンセス、無垢な気持ちで長く愛せる大切なバンド

奇想天外昇龍の如く、X JAPANの激しくも美しい音楽と破天荒な生き様

オリジナリティとは? JAGATARAのキャッシュカードとフロイドのマネー

もっとみる≫




EPICソニー名曲列伝 vol.25
佐野元春『約束の橋』
作詞:佐野元春
作曲:佐野元春
編曲:佐野元春
発売:1989年4月21日

待ち遠しかった佐野元春のアルバム「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」


1989年6月1日に発売された佐野元春のアルバム『ナポレオンフィッシュと泳ぐ日』は、大学4年生、就職活動に忙しい私にとって、待ち遠しかった1枚だった。

待ち遠しすぎて、待ちくたびれた感じすらあった。『WILD HEARTS -冒険者たち-』や『ヤングブラッズ』など、名曲揃いだった『Cafe Bohemia』から3年。この3年はあまりに長すぎたからだ。大学生活のど真ん中がまるまる入った3年間。ブルーハーツが台頭してサザンオールスターズが復活した3年間。昭和が去って平成を迎えた3年間――。

『Cafe Bohemia』はLPで聴いたが、『ナポレオンフィッシュと泳ぐ日』はCDだ。大学生協で予約までして買い、キラキラ光るディスクを、まだまっさらな下宿のCDプレイヤーに載せた。しかし、印象は複雑だった。何だか地味なのだ。まず思ったのは、歌詞に英語が少ないこと。「Happiness & Rest」的な、意味はよく分からないものの、でもいい感じの英語フレーズが、これまでに比べて激減していた。

日本語の言葉遣いもどこか独特で、タイトルからして『ボリビア― 野性的で冴えてる連中』『おれは最低』『ブルーの見解』『雪― あぁ世界は美しい』と、何だかとっつきにくい。ディスクの盤面はキラキラしているのだが、『Cafe Bohemia』の収録曲が持っていた、あのキラキラした世界を、『ナポレオンフィッシュと泳ぐ日』は手放していたのだ。

3年間のうちに佐野元春も変わってしまったのか。

先行シングルは「約束の橋」今までの君はまちがいじゃない!


そんな中で、唯一迫ってきたのが、8曲目の『約束の橋』だ。先行シングルとして耳にしていた、ポップで人懐っこい仕上がりの1曲。思えば、これまたとっつきにくい実験作だった『VISITORS』(84年)でも、『TONIGHT』という、比較的ポップなナンバーの存在が効いていた。佐野元春という人には、そういうバランス感覚がある。

歌詞の中のパンチラインは「♪ 今までの君はまちがいじゃない」。この肯定感、この多幸感で、聴き手は一気に救われる。それはもしかしたら、佐野元春が自分自身に放ったメッセージだったのかもしれない―― 「80年代のティーンの腰を振らせて、胸をキュンキュンさせた、3年前までの僕の音楽は、決して間違ってはいなかった」

パンチラインは続く。「♪ これからの君はまちがいじゃない」―― 「そして3年後の今、少し大人になったリスナーに、少しばかり思索的な言葉でアプローチすることも、決して間違ってはいないはず」。

3年間の自分の変化を肯定する歌として、当時の私はこの歌を聴いた。そして、さらに30年以上経って私は、このメッセージが、当時の EPICソニーに向けられたようにも聴こえてきたのだ。

「ミスターEPIC」とでも言える佐野元春から、大沢誉志幸、岡村靖幸と進んできて、来たるCDバブルをにらんで、明らかに拡大戦略に向かい始めていたレーベルの「これまで」と「これから」を肯定する歌として。

1992年に「月9」ドラマの主題歌として再発、大ヒット!


さて、この『約束の橋』、佐野元春の最も売れたシングルなのである。しかし89年に発売されたシングルはたった3.9万枚。どういうことか。実は、92年にシングルが再発され、それが何と70.3万枚も売り上げたのである。それまでのシングルの最高売上が『Young Bloods』の17.8万枚だから、レベルが違う。

92年の10月から放送されるフジテレビ「月9」ドラマの主題歌として大ヒットしたのである。タイトルは『二十歳の約束』。主演は牧瀬里穂と稲垣吾郎。ドラマの内容は憶えていない。憶えているのは、こちらもフジテレビ『夢がMORI MORI』で流れた『二十歳の約束』のパロディで、牧瀬里穂の物まねをして、このドラマの定番セリフ「ヒューヒューだよっ」を叫んでいた森口博子の姿だけだ。

この大ヒットで『約束の橋』が佐野元春を代表する曲になってしまった。それは別にいい。いいのだけれど、当時『二十歳の約束』がきっかけで、カラオケボックスでこの曲を熱唱している、「にわか」佐野元春ファンを見て、あまりいい気持ちがしなかったのも事実だ。

当時の佐野元春ファンは2種類いた。頭に「ワン・トゥー・ワントゥー」というカウントが入っている『ナポレオンフィッシュと泳ぐ日』バージョンの『約束の橋』を聴いたことがあるか、否か。それでも、社会人になった私は、心の中でこうつぶやきながら、気持ちを押し殺していた―― 「ドラマの主題歌で語られるようになっていく、これからの佐野元春も、決して間違いじゃない」。


※ スージー鈴木の連載「EPICソニー名曲列伝」
80年代の音楽シーンを席巻した EPICソニー。個性が見えにくい日本のレコード業界の中で、なぜ EPICソニーが個性的なレーベルとして君臨できたのか。その向こう側に見えるエピックの特異性を描く大好評連載シリーズ。

■ BO GUMBOS「魚ごっこ」強くて太いKYONのピアノとどんとのデリケートな狂気
■ EPICソニー名曲列伝:遊佐未森「地図をください」エピックらしさとのやわらかな訣別
■ EPICソニー名曲列伝:バブル期の若者に寄り添った BARBEE BOYS の言文一致体
etc…


2020.03.29
41
  YouTube / 佐野元春 - DaisyMusic


  Apple Music
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
スージー鈴木
コラムリスト≫
90
1
9
8
0
EPICソニー名曲列伝:佐野元春「アンジェリーナ」大村雅朗とのガチンコ対決
カタリベ / スージー鈴木
95
1
9
8
1
EPICソニー名曲列伝:傑作「SOMEDAY」を生み出した佐野元春の編集感覚
カタリベ / スージー鈴木
109
1
9
8
1
連載開始! EPICソニー名曲列伝:80年代と書いてEPICソニーと読む
カタリベ / スージー鈴木
19
1
9
8
9
1989年の佐野元春「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」世界は少しずつ形を変えていく
カタリベ / 海老沼 大輔
65
1
9
7
9
EPICソニー名曲列伝:ばんばひろふみ「SACHIKO」が火をつけた大爆発への導火線
カタリベ / スージー鈴木
52
1
9
9
0
EPICソニー名曲列伝:ドリカム「笑顔の行方」にみる中村正人 “下から目線” 作曲法
カタリベ / スージー鈴木
Re:minder - リマインダー