10月7日
氷室京介の本質、シングルB面はデヴィッド・ボウイとモップスのカヴァー
40
0
 
 この日何の日? 
氷室京介のシングル「DEAR ALGERNON」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1988年のコラム 
緑の髪の少女「グリーン・レクイエム」鳥居かほりと久石譲に魅せられて

嗄れた声は狂暴化、トム・ウェイツが最も過激で実験的だった時代

渋谷、西麻布、六本木… 新時代の到来を告げたバーシアとJ-WAVEの開局

魁!!男塾、アニメの放送が『打ち切られちまった悲しみに…』!?

松任谷由実の名曲に、バブリーな時代の息苦しい記憶

ガンズ&ローゼズがやって来た!女豹気分で挑んだ初来日公演はたったの…

もっとみる≫

photo:ジャン・タリメー  

高校生だった僕が初めてBOØWYを意識したのは、渋谷のレコード店で『GIGS JUST A HERO TOUR』の緑色の限定版を目にしたときのことです。あるなぁと思いながらも買わずに帰り、のちに “中古は出会い” という格言を肝に命じることになります。間もなく「B・BLUE」(1986年)で人気爆発。“以前からの” ファンがわんさかでてきて「BAD FEELING」が最高とか「わがままジュリエット」ぐらいから注目していたとか、何度耳にしたことでしょう。

ライブには山下久美子さん(布袋さんの前妻)が出てきて、“私の彼” と紹介するお宝映像が流れたり、みんな寝ても覚めてもBOØWYでした。アルバム『BEAT EMOTION』(1987年)、シングル「ONLY YOU」、「Marionette」が矢継ぎ早にでて、あれよあれよというまに超のつくほどメジャーなバンドとなりました。その頃ヴォーカルの氷室さんはMCで、「伊達に日の丸しょってロックしてるんぢゃねーぜー」とか「King of Rock'n Roll」とか口にしていましたが、その絶頂期に前触れもなく解散してしまいます。

ところが宣言後にもう一度同窓会的ライブをやると発表したものだからさあ大変。チケットの発売日には、寂れた町のチケットぴあに長蛇の列ができ、東京、埼玉の電話回線は混線にパンク状態。まさに都市機能が麻痺した1日でした。

でも今日はその後の話です。氷室さんはほどなくしてソロ活動を始めました。ポップなシングル「ANGEL」で順調に滑り出し、ファーストアルバム『FLOWERS for ALGERNON』を出し、アルバムから「DEAR ALGERNON」をシングルカットしました。僕はといえば、当時のベストセラー小説『アルジャーノンに花束を』の名を冠したことに理由もなく反感を覚え、タイトル曲だけをシングルで購入することにしました。

これが幸運でした。A面の「DEAR ALGERNON」(45回転)には、「こうしていつも愛を感じていたいだけ」という詞の直後に「ai-ai」と合いの手(の言葉)が入り思わず苦笑いをしましたが、B面には33回転で「SUFFRAGETTE CITY」と「たどりついたらいつも雨ふり」の2曲のライブ・ヴァージョンが収録されていました。1972年のデヴィッド・ボウイの『ジギー・スターダスト』に収録されていた曲と、奇しくも同じ年に吉田拓郎が作詞・作曲をてがけ、ザ・モップスに提供した曲です。

この頃、氷室さんのコンサートではBOØWYとカヴァーが半分を占めていたそうです。シングルの構成はそれを反映しているのですが、何はともあれベースで参加していた吉田健さんのあか抜けたアレンジが非常にお洒落に聞こえました。吉田さんは同じ頃「イカ天」で審査員をしていたので、凄い人がバックで演奏するんだなぁと感心したものです。

2曲とも氷室さん以前にも以降にも何度もカヴァーされているし、氷室さんのヴァージョンはさほど個性的ではありません。でも、ノリノリなのです。オリジナル曲に、自分の好きな音楽を混ぜて歌う、ストレートでてらいのない氷室さん!(恥ずかしながら)初めて聞いたこの2曲がこのヴァージョンだったのはほんとうに幸せでした。未だに良い買い物をしたと思います。

2017.01.08
40
  YouTube / aki M


  YouTube / YUUGA LYRICS
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1970年生まれ
ジャン・タリメー
コラムリスト≫
102
1
9
8
6
贈られた曲は「わがままジュリエット」私がBOØWYワールドに陥落した瞬間
カタリベ /  ポリ
32
1
9
8
7
BOØWYがヒットを連発した87年、僕の知ってる原宿のドリーミーな原風景
カタリベ / 本田 隆
20
1
9
8
7
ボウイの「グラス・スパイダー・ツアー」僕は君のために歌っている
カタリベ /  白石・しゅーげ
24
1
9
8
3
【R.I.P.】デヴィッド・ボウイ、知られざる横顔がカッコ良すぎ!
カタリベ / 鎌倉屋 武士
45
1
9
9
0
東京ドームのデヴィッド・ボウイ、これが最後の「ロックンロールの自殺者」
カタリベ / 宮木 宣嗣
51
1
9
8
1
フレディとボウイの「アンダー・プレッシャー」ストーリーはまだ終らない
カタリベ / 宮木 宣嗣
Re:minder - リマインダー