1992年 2月17日

回想ライブレビュー:クラブチッタで観たニルヴァーナの伝説

43
8
 
 この日何の日? 
ニルヴァーナが初来日公演をクラブチッタ川崎で開催した日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1992年のコラム 
フィッシュマンズが描き続ける過去と今と未来 ~ この景色の中をずっと

回想ライブレビュー:ガンズ・アンド・ローゼズ、熱病のようなあの興奮

あれから20余年「部屋とYシャツと私」とビールとゴルゴ13

愛にすべてを — フレディの魂を呼び戻したジョージ・マイケル

ミスチルのデビューアルバム「EVERYTHING」桜井和寿の歌声を初めて聴いた日

天使にラブ・ソングを… プラスの力を与えてくれたゴスペル聖歌隊

もっとみる≫



photo:nirvana.com  

1992年2月、ニルヴァーナ初来日公演@クラブチッタ川崎


もうそれは真実なのか記憶違いなのか妄想なのか、人の記憶なんてものは曖昧なものだけど、あのとき感じた熱気みたいなものは今でも残っています。「オレも観てたけど、そんなんじゃなかったぞ」なんて反応があったら面白いですよね。

というわけで、自慢も兼ねて、ニルヴァーナの来日公演。高校1年の頃の話です。

ニルヴァーナを初めて知ったのは TVK(テレビ神奈川)、伊藤政則氏の番組で流れた「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」の PV だったかな。『ネヴァーマインド』が全米チャートを駆け上がり… みたいなそんな感じの頃。

当時メタルキッズだった僕には、なんとなく違和感がありつつも、妙に気になったのを覚えています。悩んだあげく(高校生にとって5,500円のチケット代はなかなか重たいですからね)チケットを取ったのは確か1週間くらい前だったはず。

その記憶が確かなら、今からすれば信じられないけれど、クラブチッタ川崎(当時はキャパ500人くらいですか?)で、1週間前までチケットが残っていたということになります。

伝説のロックアイコン、カート・コバーンはパジャマだった


そして僕が覚えているのは、カート・コバーンがパジャマだったこと、大体ぜんぶ同じ曲に聞こえたこと、最後の曲が 「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」だったこと、フィードバックをさせたままステージを去ったこと。

今にしてみれば “伝説” の来日公演とはそんなものなのかもしれない。だって、あたり前だけれど、あのとき、カートがシド・ヴィシャスになぞられたロックアイコンになって、アルバムが何千万枚も売れて、僕らの世代の苦悩の代弁者なんて言われて、2年後の4月5日に頭を撃ちぬいて死んじゃうなんて、知らなかったから。

ロックの歴史的瞬間なんて、そんなありがたいものじゃなくて、ポッと出の数多あるロックバンドの来日公演で、またすぐに観れると思ってた。カートがいなくなっちゃうってわかってたら、もっとちゃん観てたのにね。

特別な、人生を変えてしまうような素晴らしい音楽との出会い


音楽との出会いって不思議なものです。たぶん、きっと今も、特別な、人生を変えてしまうような素晴らしい音楽は生まれていて、いいこともあるし悲しいこともあるんだけど、その音楽に出会えることは、やっぱりかけがえないことなんだと思います。

掘り出したチケットの半券を見ると、ニルヴァーナの5日後には、当時絶頂を極めていたガンズ・アンド・ローゼズを東京ドームで観ていました(※『回想ライブレビュー:ガンズ・アンド・ローゼズ、熱病のようなあの興奮』を参照)。なんて贅沢な時代だったんだろう。


※2016年1月9日に掲載された記事をアップデート

2020.02.17
43
  YuTube / NirvanaVEVO
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1981年生まれ
a
aaaaa
2016/06/08 23:20
0
返信
1968年生まれ
親王塚 リカ
羨ましい!ニルヴァーナは、破竹の勢いでスターダムにのし上がる様を初めてリアルで見た、私の中ではアメリカンドリームの象徴たるバンドでした。チッタで観なかったことを悔やんでおります。
2016/01/11 08:39
5
返信
1964年生まれ
小山 眞史
92年、イギリスのレディング・フェスティバルに出演したときのライブは伝説的。雨と寒さで悲惨な状況だったそうですが、それを感じさせないシンガロングがすごい。
カート・コバーンの歌、ギター共に気迫たっぷりで、ニルヴィーナのライブとしとは最高かも
2016/01/09 15:25
1
返信
1984年生まれ
マイ
最高ですね! 後追い世代ですけれど、かっこいいです。
2016/01/09 15:18
0
返信
カタリベ
1974年生まれ
浅井克俊
コラムリスト≫
52
1
9
8
8
音楽が聴こえてきた街:日清パワーステーションが示した新しいライブの楽しみ方
カタリベ / 本田 隆
12
1
9
9
1
ALIVE 〜 グランジの絶望なんて大したことなかった
カタリベ / 浅井 克俊
21
1
9
8
5
ハートが掴んだ空前の成功、時代を手繰り寄せたウィルソン姉妹の強さ
カタリベ / 中塚 一晶
57
1
9
8
5
1985年の貸レコード事情♪ あの夏、スミスに出会った “友&愛”
カタリベ / 親王塚 リカ
28
1
9
8
3
スラッシュメタルといえばスレイヤー、帝王へと昇りつめたな過激な異端児
カタリベ / 中塚 一晶
26
1
9
8
9
その名前はニール・ヤング、ロックの世界をつかさどる神がいるならば…
カタリベ /  白石・しゅーげ