9月24日

ニルヴァーナ「ネヴァーマインド」が教えてくれた音楽選択の自由

16
2
 
 この日何の日? 
ニルヴァーナのセカンドアルバム「ネヴァーマインド」が米国でリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1991年のコラム 
マライア・キャリー「エモーションズ」のルーツをたどってみたら?

11月の雨 — YouTube の再生回数が10億を超えたガンズの秋曲

プライマル・スクリーム「スクリーマデリカ」に宿る雑食性とロックンロールスピリット

七夕の夜に思い出す、シンプリー・レッドの「スターズ」と屋敷豪太

ユニコーン「ヒゲとボイン」全曲解説、人生は達観し笑ってみせた者の勝ち♪

GALA湯沢へ一直線!六本木から発車したZOOの「Choo-Choo-Train」

もっとみる≫



photo:UNIVERSAL MUSIC  

ニルヴァーナ「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」に感じた戸惑い


1991年のグランジやオルタナティブロックの名盤について、リマインダーでコラムをいくつか書いてきたが、今回はその象徴的な作品であるニルヴァーナのセカンドアルバム『ネヴァーマインド』を取り上げてみたい。

ところで皆さんは「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」を初めて聴いた時、どう思いました? 私は、「こいつら実はハードロックバンドなのに、今、グランジが来てるからってそれっぽくやってるんじゃねーの?」とちょっと懐疑的に感じたことを覚えている。

もともと、中学生でニューウェイブにハマり、後追いでパンクを聴き、同時に80年代メタルブームにもうつつを抜かしていた私は、“パンク気質だけれどハードロックも大好き、でも、商業主義的な音楽はダサい” と思っている血気盛んなお年頃だった。そんなわけで、「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」を聴いた時の第一印象は、ハードロックなの? グランジなの? はたまた、その中間なんてあるの? …という、ちょっとした戸惑いを感じたのだ。

おそらく、私にこうした印象を抱かせたのは、『ネヴァーマインド』がそれまでのグランジ・オルタナ系の作品と比べて圧倒的に音の抜けが良く、サウンドプロダクションもカッチリとしていたからだろう。

パンクもハードロックも自然に同居、圧倒的なクオリティの高さとカッコ良さ


しかし、アルバムを聴きこむうちにその圧倒的なクオリティの高さとカッコ良さにハードロックなのか? グランジなのか? なんてことはどうでもよくなってしまったのだ。

実際にカート・コバーンはブラック・サバスやレッド・ツェッペリン、エアロスミスを聴いて育ち、思春期に入ってからパンクロックに興味を抱き音楽始めたそうだ。また、初めて買ったギターでAC/DCのコピーに勤しんでいたという。このようにカートの中ではパンクもハードロックも自然に同居していたのだと思う。

一方、オルタナやグランジなんて知る前の高校生の頃の私は、クラスメイトと音楽の話をするのが何よりの楽しみだった。その頃、教室ではパンク好きとハードロック好きの間では小さなつばぜり合いが展開されていた。しかし、教室での最大勢力は日本のバンドブームのファンであったため、バンドブームに対抗するときばかりはパンクとハードロックの抗争は休戦し、洋楽ロック連合軍が編成され、最大勢力のバンドブーム軍に対抗していたのだ。

私たち日本人とは違い、カート・コバーンはパンクとハードロックが相反するものだという意識は持っていなかったのだろうけれど、商業主義的な80年代のスタジアムロックへの嫌悪感はインタビューでもよく語っていた。

カートは、80年代のスタジアムロックという最大勢力に抗うためにパンクの先鋭性とハードロックのダイナミズムのいいとこどりを無意識のうちに獲得していたのかもしれない。

そう考えると、私が高校時代にバンドブームという大メジャーに対抗するために画策したパンクとハードロックの連合も先駆的な人事工作だったのだと胸を張って威張りたいものである!

ニルヴァーナ「ネヴァーマインド」が壊した固定観念


あれ? 脱線した話をもとにもどそう。

さて、『ネヴァーマインド』の大成功によって、あれだけ嫌悪していたショウビズの渦中に飲み込まれてしまったカート・コバーン。そして、その後の悲劇については皆さんがよく知るところだろう。

本当に月並みな言い方しかできないが、カートが生きていたらどんな音楽を聴かせてくれたのかと思うと残念でならない。

また、古いハードロックと同時にカートが思春期に聴いていた80年代アメリカのアンダーグラウンドシーンの音楽にも積極的に触れる機会を私に与えてくれた。こうした音楽は、当時はろくに日本盤も出ていなかったし、音楽雑誌にも取り上げられるアーティストは限られていたので、ニルヴァーナをキッカケに知ることができたアーティストも数多く、インディーロック=イギリスという、それまでの私の狭い価値観を打破してくれたのだ。

このようにニルヴァーナは私にパンクもハードロックもインディーロックも同じ価値観で聴いても全然問題ないんだよということを教えてくれた。そしてパンクもハードロックもどっちも好きな私を肯定してくれたのだ。今にしてみれば当たり前のことなのだけれど、パンクとハードロックは相容れないという固定観念をぶち壊してくれた一撃はたまらなく痛快で、よく分からないけど「ざまーみろ!」と叫びたいほど嬉しかった。

70年代ロック好きをカミングアウトできるキッカケ「ネヴァーマインド」


80年代、ブラック・サバスやAC/DCが好きなことを公言することは私のティーン・スピリット的にはちょっと恥ずかしいというか、ダサいことだった。しかし、ニルヴァーナのブレイク以降、こうしたバンドも凄くカッコいいと胸を張って言えるようになったのだ。

ニルヴァーナは90年代以降の新たなロックの流れや価値観を提示したバンドというのが、世間での評価なのだろうけれど、私にとっては70年代ロックをもっと知り、大好きになるキッカケを与えてくれたバンドだ。

私の音楽好き人生を振り返ると、ニルヴァーナとの出会いは音楽に対する自由な姿勢を育んでくれたことと同時に、音楽の趣味の幅を大きく拡げてくれたバンドだった。

もう、ニルヴァーナは存在しないし、再結成もあり得ないけれど、彼らから受けたオルタナティブなアティテュードは今後も音楽と接していく上で私の指針になっていくことは間違いない。

そして、クローゼットの奥にしまい込んであるであろう30年前のネルシャツを引っ張り出して着てみようかなとも考えてみているのだが、その前にダイエットが必要なのが悩みのタネなのだ…。


追記
私、岡田浩史は、クラブイベント「fun friday!!」(吉祥寺 伊千兵衛ダイニング)でDJとしても活動しています。インフォメーションは私のプロフィールページで紹介しますので、併せてご覧いただき、ぜひご参加ください。

▶ ニルヴァーナの記事一覧はこちら!



2021.09.24
16
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
KINCHAN
フーファイも好きで聴きます!
山形の楯の川酒造さんとのコラボ日本酒は御存知でしょうか?
フーファイの曲を聴かせて作られた日本酒です。今まで、日本酒は飲まなかったのですが、コラボ日本酒で、すっかりハマりまして…
スペシャルエディションをゲットしたかったのですが、転○○ヤーに負け…入手できず…
だがしかし、その後…そこの酒造メーカーさんの懸賞企画に応募し、なんと22万の高級日本酒が当たったのでした(≧∇≦)b
余談でした…申し訳ありません(-人-;)
フーファイが日本の酒造メーカーとコラボしてくれたのが嬉しかったというお話でした!
2021/10/06 13:29
1
返信
KINCHAN
某レコードBarでお話させて戴きました者です~(笑)
Smells Like Teen Spiritは自分で作ったにもかかわらずカートは嫌いだったそうですね。お蔵入りしようと思っていたところ、デイヴが録音テープを聴いて、これを出そうと押し切ったそうで…もしデイヴが聴かずに、この世に存在しない曲になっていたとしたら…思っただけで、恐ろしいですよね
2021/10/02 09:16
1
返信
1972年生まれ
岡田 浩史
『ブリーチ』の「アバウト・ア・ガール」もカートはリリースをためらっていたという話は聞いたことありました。「ティーン・スピリット」にもそんな裏話があったのですね。カートは分かりやすい曲を作ってしまう自分に対して嫌悪感みたいなうしろめたさを感じていたのですかね?「ティーン・スピリット」のリリースを後押ししたデイヴは偉大です。そして、デイヴらしい!その後のフー・ファイターズの王道っぷりを感じさせますよね。あっ、勿論、良い意味で。フー・ファイターズも大好きです!
2021/10/05 07:36
1
カタリベ
1972年生まれ
岡田浩史
コラムリスト≫
41
1
9
9
1
呼べよ嵐、吹けよニルヴァーナ旋風!初ロンドンのクラブで行く年来る年
カタリベ / 親王塚 リカ
43
1
9
9
2
回想ライブレビュー:クラブチッタで観たニルヴァーナの伝説
カタリベ / 浅井 克俊
2
1
9
9
1
グランジに立ち向かったミスター・ビッグ、ハードロックの狼煙を上げろ!
カタリベ / 岡田 浩史
25
1
9
9
0
to 90's — 渋谷系の裏で何があったのか:パンク、メロコア篇
カタリベ / 本田 隆
20
1
9
9
1
オルタナバンド「R.E.M.」グランジ全盛期にラウドなギターを封印!
カタリベ / 岡田 浩史
6
1
9
9
1
漂う閉塞感に共鳴したダイナソーJr. 1991年のオルタナティブロック革命
カタリベ / 岡田 浩史