5月21日

世界中が胸キュンした80年代アイドル女優、フィービー・ケイツを知ってるかい? 

81
0
 
 この日何の日? 
フィービー・ケイツのシングル「パラダイス」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1982年のコラム 
下町のキッズからオジサンまで、世界中で愛されるクラッシュの稲妻

みんなの洋楽ナイト — 雑多な音楽を吸収し続けたクラッシュの音楽的深化

40年前の大ヒット!ポールとスティーヴィーの「エボニー・アンド・アイヴォリー」

強者どもの憂さ晴らし!? ベイクド・ポテト・スーパー・ライヴ!

カシオペア半端ないって!めくるめくライブの高揚感「ミント・ジャムス」

But it's alright! 僕が佐野元春のダウンタウン・ボーイから教わったこと

もっとみる≫




1982年に押し寄せた海外スターの新たな波


1982年、海外スターの勢力図には新たな波が押し寄せていました。それまで映画雑誌の人気投票の常連であった、チャーリーズ・エンジェル軍団のシェリル・ラッド、ファラー・フォーセット、70年代後半トップアイドルであったテイタム・オニール、子役からティーンアイドルに成長しつつあったジョディ・フォスター、ダイアン・レイン…

まずそこに乱入してきたのは、1981年12月正月映画として公開された東宝東和配給『エンドレス・ラブ』(『映画「エンドレス・ラブ」ブルック・シールズが演じたのは80年代のジュリエット?』を参照)主演のブルック・シールズでした。『青い珊瑚礁』で既に大人びた表情を見せていましたが、15歳にして一層大人びた美しさで人気復活。

続いて1982年3月に公開された富士映画配給『ラ・ブーム』主演ソフィー・マルソー。パリジェンヌなのに日本人アイドルのような親近感があって、中高生男子を中心に圧倒的な人気を獲得します。そして同年6月に公開された富士映画配給『パラダイス』に主演していたのがフィービー・ケイツでした。

1963年7月16日ニューヨーク生まれ。NBCのテレビプロデューサーであった父ジョー・ケイツと上海生まれの母親のもと、ニューヨークの名門ジュリアード音楽院でクラシックバレエを習い、14歳まで厳しく躾られました。15歳でモデルデビューすると、『seventeen』4回、『ELLE』3回等人気雑誌の表紙に次々採用され、あっという間に売れっ子に。この頃既にビクター・コンボ「SOUND SHOWER 34」や「DELTA7」と言った日本企業のCMにも出演。

フィービー・ケイツ「パラダイス」でスクリーンデビュー




デビュー作『パラダイス』の舞台は19世紀のバグダット。フィービー演じる15歳のサラと16歳のデビッド(ウィリー・エイムス)を連れたキャラバンが、アラブの族長ジャッカルが率いる一団に襲撃された。サラとデビッドは砂漠へ逃げ込んで追っ手から逃れ、やがて楽園のようなパラダイスにたどり着いて、二人きりの生活を始めていくが…

ストーリーはブルック・シールズ主演『青い珊瑚礁』の砂漠版と言えるくらい似た感じ。思春期の男女が文明から隔離された世界で、二人きりで自然に惹かれあって愛し合う流れとか、相手役の男子が金髪・カーリーヘアー・マッチョだったりとか。しかしながら、洞窟内で水浴びをするシーンや、二人が愛し合うシーンでの露出度はフィービーの方が高めかと。外見的にはそれまでのハリウッドスターの金髪・ゴージャスな感じとは違って、アジア人の血が4分の1入っているせいか、黒髪で小麦色の肌と日本人アイドル的。しかしながら日本人アイドルには許されない露出が可能と言うのが強み!?

加えて、主題歌「パラダイス」をフィービー自身が歌唱。これがオリコンシングルランキング最高53位 / 累計売上4.3万枚と結構ヒット。花の82年組のデビュー曲と比較すると、新井薫子「虹色の瞳」4.2万枚、水野きみこ「私のモナミ」2.3万枚、三井比佐子「月曜日はシックシック」1.1万枚、スターボー「ハートブレイク太陽族」0.7万枚
( 『スターボー「ハートブレイク太陽族」女性アイドルグループが売れなかった80年代』を参照)、川田あつ子「秘密のオルゴール」0.6万枚より上だったりします。ちなみに、イタリアではもっと売れていて、ポール・マッカートニーの「エボニー&アイボリー」を抑え1位だったとか。

日本版ポスターではセンターに!「初体験リッジモント・ハイ」




フィービーのアイドル人気のおかげで、同年11月には早くも2作目『初体験リッジモント・ハイ』が公開。

ロサンゼルスのリッジモント高校を舞台に15歳のステーシー(ジェニファー・ジェイソン・リー)の初体験から真実の愛に気付くまでを、17歳のリンダ(フィービー)。ステーシーの兄ブラッド(ジャッジ・ラインホールド)、サーフィン好きでドラッグ狂いのジェフ(ショーン・ペン)、金になることなら何でもやる学園の小ワル・マイク(ロバート・ロマナス)といった多様な仲間たちとのエピソードを交えて描く。

タイトルからの印象や、ジェフの妄想シーンでフィービーがプールから上がってきて赤いビキニの胸がはだけるシーンが強烈なだけに、『グローイング・アップ』や『ポーキーズ』と言った “性” 春映画と思われがちな本作。しかしながら、キャメロン・クロウによる原作は、22歳の時学生になりすまして母校にもぐり込んで若者たちの実態を取材して初めて書いたもの。それをエイミー・ヘッカリング監督が女性の視点から演出したことで、お下品にならなかったのかと。

本作の主役はジェニファー・ジェイソン・リーで、フィービーの序列は6番目。とはいえ日本版ポスターのセンターに位置するのはフィービー。また、無名時代のエリック・ストルツ、フォレスト・ウィテカーも出ています。

本作は、ローリングストーン誌のスタッフ時代から多くのミュージシャンたちとの親交のあったキャメロン・クロウが関わっているだけに、サウンドトラックも豪華。ジャクソン・ブラウン歌唱の主題歌「誰かが彼女を見つめてる」をはじめ、詳しくは『フィービー・ケイツだけじゃない「初体験 リッジモント・ハイ」は音楽も豪華』で。

これら2作品の公開で、フィービーは1982年度のスクリーン誌人気投票で第4位にランクインします。

性春コメディだけど露出なし?「プライベイト・スクール」




その後『卒業白書』のトム・クルーズの相手役のオファーもあったものの、次の作品に選んだのは1983年9月に松竹富士配給で公開された『プライベイト・スクール』。

女子校を舞台にフィービー演じるクリスとマシュー・モディーン(本作がデビューで、キューブリックの『フルメタル・ジャケット』や最近だとNetflixのドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』に出演)演じるジムの、恋と初体験を描いた性春コメディ。そう、本作はちょっと下品な “性” 春の方。

―― と言っても人気者になったフィービーは今回ほとんど露出しません。ジムの気を惹こうと乗馬の時間に胸をはだけて揺らすジョーダン(ベッツィ・ラッセル)をはじめ、多数のおっぱい要員の女の子たちが女子寮のシャワー室やパーティーシーン等で頑張っています。また、『エマニエル夫人』シルヴィア・クリステルが保健の先生役で出演しているものの、彼女もお堅い役で露出はありません。

フィービーは本作でも、ビル・レイとデュエットの主題歌「ジャスト・ワン・タッチ」と「How Do I Let You Know」の2曲を担当。クリスとジムが初めて結ばれるシーンで流れる「ジャスト・ワン・タッチ」は耳心地の良い80年代ラブバラード。

この頃にはサンヨー食品「サッポロ一番ミニカップ」やアサヒ「キャンボーイ」と言った日本企業のCMに出演。1983年の人気投票は第3位とワンランクアップします。

スピルバーグ製作映画「グレムリン」のヒロインに抜擢




そして1984年、あのスティーブン・スピルバーグ製作『グレムリン』で大作映画のヒロインに抜擢されます。これまでの青春映画とは異なるディザスターブラックコメディ。クリスマスが舞台と言うこともあり、露出なしでグレムリンと闘います。本作は配給収入31.8億円とヒット。フィービーの知名度も一般に拡がり、この年の人気投票は第2位と、これまでの最高順位を更新します。

しかしながらその後は劇場公開作品が続かず、人気投票の方は1985年4位、1986年8位、1987年14位と下降。1988年は松竹富士配給『天使とデート』(天使役はエマニュエル・べアール)、マイケル・J・フォックスの相手役で『再会の街 / ブライトライツ・ビッグシティ』と2作品劇場公開され11位に上昇するも、1989年16歳年上の俳優ケヴィン・クラインとの結婚で20位圏外に消えます。

1990年代には二児の母となり女優業から徐々にフェードアウト。2005年にニューヨークのマディソン・アヴェニューに彼女名義で「Blue Tree」というギフトショップを開店。セレブ妻としての生活をエンジョイしているようで。日本の花の82年組で例えると石川秀美? どちらもデビュー40周年ですが何もやらなさそうで、ファンの方々には残念… かもね。

▶ 映画・ミュージカルのコラム一覧はこちら!



2022.07.16
81
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1967年生まれ
高橋みき夫
コラムリスト≫
21
2
0
2
0
80年代は洋楽黄金時代、日常を贅沢に演出してくれた魔法のラブバラードたち
カタリベ / 本田 隆
35
1
9
8
4
MVチラ見のお預け状態、史上最強サントラ「フットルース」が席巻した夏!
カタリベ / goo_chan
25
1
9
8
2
フィービー・ケイツだけじゃない「初体験 リッジモント・ハイ」は音楽も豪華
カタリベ / DR.ENO
8
1
9
8
9
幻のカルト映画「スピリッツ・オブ・ジ・エア」低空飛行の美学
カタリベ / 後藤 護
35
1
9
8
6
PUNKって何だ? その答えはラフィンノーズのDIY精神にあり
カタリベ / 本田 隆
28
1
9
8
2
ソフィー・マルソーとのラブストーリー、フィービー・ケイツに浮気はしない!
カタリベ / ソウマ マナブ