10月5日

徹底分析!アン・ルイス「六本木心中」なぜ令和の今でもカラオケ定番曲なのか?

20
0
 
 この日何の日? 
アン・ルイスのシングル「六本木心中」発売日

この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1984年のコラム 
名前だけで官能的な男、セルジュ・ゲンスブールから放たれるフェロモン

イントロクイズで答えたい! 秋を感じる哀愁の80年代アイドルイントロ

異色のクイズ番組「霊感ヤマカン第六感」山下毅雄は日本のクインシー・ジョーンズか?

時代を切り拓いた!80年代ニッポンの女性ロックボーカリスト10選

アン・ルイス「六本木心中」おしゃれなディスコでも、この曲だけは!

ヒットの威力を思い知る!女子高校生バンドの定番だった「六本木心中」

もっとみる≫




唯一無二の存在感を放つアン・ルイス


1970年生まれの筆者にとって、アン・ルイスは「70年代に地位を確立したロックシンガーが、80年代にその地位を盤石にした」ように見えていました。

80年代初頭には、お茶の間にも認識されている女性ポップロックシンガーとして、唯一無二の存在感を放っていました。アンの歌はとにかくカッコよくて艶やかで、筆者の世代では “憧れの姉御” として見ている人が多かったと思います。

ですが、実際の70年代のアンが、アイドル的な売り出し方をされていたり、フォーク調やディスコ調の楽曲をリリースしていたりと、活動が多面的だったことは、筆者より上の世代の方はよくご存知だと思います。

また、ヒットという観点では、1982年に作詞:山口百恵(名義は三浦百恵)、作曲:沢田研二の「ラ・セゾン」が彼女最大アンルイス,六本木心中,あゝ無情のレコード売り上げを記録するまで、トップ10に入るヒットがありませんでしたし、「ラ・セゾン」の後もヒットが続きませんでした。

つまり、70年代~80年代前半のアン・ルイスは、地位を確立していたというよりも、様々な挑戦や模索をしていた時期だったと言えるでしょう。

代表曲は1985年にヒットした「六本木心中」


そんな挑戦や模索を経て、アンのキャラクターと楽曲が完全に合致したのが、1985年にヒットした「六本木心中」、そして翌年1986年発売の「あゝ無情」だったと思います。

当時の巷のカラオケでは、アン・ルイスに雰囲気が近い人から遠い人まで、様々な女性たちがアン・ルイスになりきって「六本木心中」や「あゝ無情」を熱唱していました。

「六本木心中」がカラオケで歌いやすい要因とは?


令和の今でもカラオケ定番曲として根強い人気を持つ「六本木心中」には、実はカラオケで歌いやすい要因があるのです。その要因を筆者独自の譜面を使って解説します。下図は、サビの部分の譜面です。



ここでは “レ・ミ・ファ・ソ・ラ” の5つの音が出現していますが、実は「六本木心中」の楽曲全体が、この5つの音だけで構成されているのです。有名な童謡「きらきら星」でさえ “ド・レ・ミ・ファ・ソ・ラ” の6つの音が使われていますから、5つがいかに少ないかが分かります。わずか5つの音だけであれほどの名曲ができているとは信じ難いですよね。これに気づいたときは本当に驚きました。

最低音(レ)から最高音(ラ)までの音域の幅は7音です(厳密には7半音ですが、このコラムでは半音を単に「音」と記します)。1オクターブは12音から成っていますので、「六本木心中」の音域は1オクターブよりずっと狭いというわけです。

邦楽の楽曲のほとんどは、1オクターブ以上の音域幅を持っています。数少ない1オクターブ未満の曲には、PUFFY「アジアの純真」(音域幅:10音)、佐野元春「約束の橋」(同:9音)などがありますが、筆者が邦楽の有名曲の音域を調べた限りでは、7音は “音域幅が最も狭い” 範疇に入ります。

音域幅が狭ければ歌いやすくなりますので、音域という観点では「六本木心中」は最も歌いやすい曲と言えるのです。この圧倒的な音域の狭さが、カラオケの定番曲になっている一因と言ってよいと思います。

2つのバージョンが存在する「六本木心中」その違いは?


ところで、読者の中には “あれ…「六本木心中」の音域幅はもっと広いのでは?” と思った方もいらっしゃるでしょう。実はその疑問は正しいのです。下図を用いて、その理由を解き明かしていきましょう。


この図の “変則メロディー” を見て「確かにこんなメロディーあった」と思い出した方もいらっしゃるでしょう。このメロディーは、2番と間奏が終わった後の、いわゆる “リフレイン” “大サビ” と呼ばれる箇所に2回だけ出現します。

ところが、逆に「こんなメロディー知らない」「カラオケではこのメロディーを歌わない」という読者もいらっしゃるでしょう。また、変則メロディーが入ると、音域幅が7音ではなく10音になります。いったい、どういうことなのでしょうか。

ここでピンときた方もいらっしゃると思いますが、実は「六本木心中」には2つのバージョンが存在するという話と結びつきます。「六本木心中」は発売から1ヶ月で、音源やジャケットが差し替えられているのです。この差し替えの経緯は、まこりん さんのコラム『日本の80年代にはアン・ルイスがいた!「六本木心中」からの「遊女」で最高潮!』に書かれています。

本コラムでは、発売当初のバージョンを【初期Ver.】、差し替えられた後のバージョンを《後発Ver.》と記すことにします。2つのバージョンの聴き分け方として有名なのは,イントロで「1・2・3・4!」というカウントがあるかどうか(有り→《後発Ver.》、無し→【初期Ver.】)ですが、メロディーや音域に関しても以下のような違いがあります。

【初期Ver.】通常メロディーのみ。音域幅:7音
《後発Ver.》変則メロディーが出現。音域幅:10音

本コラム前半の「“レ・ミ・ファ・ソ・ラ” の5つの音だけで構成されている」という記述は【初期Ver.】に当てはまります。一方、それより後の「音域幅はもっと広い」「リフレインで変則メロディーが入る」という記述は《後発Ver.》に当てはまるのです。

2つのバージョンを聴き比べると、アレンジの違いなどもあり《後発Ver.》は華やかな印象があります。こちらの方が聴きなじみがあると感じられるのは、1985年にヒットした時点で《後発Ver.》が使われていたからでしょう。

一方で【初期Ver.】は、わずか1ヶ月という短命に終わったことや、5つの音だけで構成されていることに思いをはせると、味わい深く聴くことができると思います。《後発Ver.》の変則メロディーにはやや唐突感が感じられることもあり,筆者は【初期Ver.】の方が好みです。



ぜひ皆さんも、改めて聴き比べてみてください。【初期Ver.】は曲名が「六本木心中(Original Version)」と記載されており、以下に示すベストアルバムに収録されています。

【初期Ver.】『WOMANISM I』
《後発Ver.》『WOMANISM COMPLETE BEST』ほか

本コラムでは「六本木心中」をメロディーや音域という観点から考察してみました。「六本木心中」の音域が極めて狭いことは、かなり意外だと感じられたのではないでしょうか。また「六本木心中」の2バージョンに関する、メロディーや音域の違いの話は、今まであまり話題に上らなかった観点だったと思います。ぜひ聴き比べてその違いを楽しんでみてください。

80's ディスコ★パラダイス

▶ アン・ルイスのコラム一覧はこちら!



2023.06.05
20
  Songlink
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1970年生まれ
倉重誠
コラムリスト≫
38
1
9
8
3
伊藤銀次と高橋幸宏、¥ENレーベルのクリスマスアルバムにみる2人のポップスター
カタリベ / KZM-X
56
1
9
8
0
深夜に咲いた時代のあだ花、カメリアと武富士ダンサーズ(前篇)
カタリベ / @0onos
67
1
9
8
4
アン・ルイス「六本木心中」制作秘話、ジュリー発ロンドン経由ロックオペラ!
カタリベ / 伊藤 銀次
65
1
9
8
5
ダイヤル回して手を止めた… 小林明子「恋におちて」背徳のピアノイントロ20秒
カタリベ / 藤田 太郎
23
1
9
8
2
過激なアレンジは伊藤銀次!アン・ルイス「ラ・セゾン」と 沢田研二「ストリッパー」②
カタリベ / 伊藤 銀次
259
1
9
8
5
早見優「PASSION」アイドルポップスとロックのバランスが絶妙!
カタリベ / 臼井 孝