4月
聴き惚れたホルンの音色、ストロベリー・スウィッチブレイド礼賛
32
0
 
 この日何の日? 
ストロベリー・スウィッチブレイドのファーストアルバム「ふたりのイエスタデイ」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1985年のコラム 
リック・スプリングフィールド、煙草とソーダ水と美形の先輩 

ティル・チューズデイ、ネコっぽいルックスのエイミー・マンに恋してた♡

吉川晃司と上條淳士。錆びないアーティストたちの、鍛え続ける日々

長州力のパワーホール、革命に酔い、心がざわめく圧倒的インパクト!

夏はネオアコ!地味な夫婦デュオ「EBTG」がつくるちょうどいい清涼感

思いがけないアンタッチャブルズとの再会、でも何かが違う!

もっとみる≫

photo:Discogs  

小学生の頃、器楽部でホルンを吹いていたことがある。シベリウスの「フィランディア」等を演奏して、それはそれで楽しかったけど、一方では親や先生に “やらされてる” 感もあり、クラシックはどうも居心地がよくなかった。

後の中学生時代、ロックにのめりこむが、その圧倒的な自由さゆえに、クラシックの居心地の悪さから離れようとした。言い換えれば、“クラシックなんてダセエ!” と思い上がった… ということです。

ホルンほどロックからかけ離れた金管楽器はないと思う。ロックにおけるホーンセクションの金管楽器と言えばトランペット、トロンボーンが主流だ。そこにホルンが入ってる… なんてケースは、まずない。

なので、中学を卒業したときに出た杉真理の「Love Her」の間奏で、ホルンの音色を聴いたときは珍しいなあと思ったが、高校を卒業するころに聴いたストロベリー・スウィッチブレイドの「ふたりのイエスタデイ」には、さらに驚いた。

ストロベリー・スウィッチブレイドに興味を持ったのは、エコー&ザ・バニーメンと同じレーベルからレコードを出していたから。似た傾向だろうと察して聴いてみたら、ああ、なるほどサイケデリックな雰囲気が共通するかもね… などと生意気にも思ったりした。

しかし「ふたりのイエスタデイ」で強烈に引っかかったのはイントロ、最初に鳴るホルン。ロックには合わないと思っていたが、それはシンセのフレーズにもマッチするし、何よりローズ&ジルのキュートな声にも合う。

バニーメンと共通するサイケとは言っても、エッジの立ったあちらに対して、こちらはあくまで、ふんわり。その “ふんわり” をリードするのがホルンなのだから、嬉しくなった。

そのおかげか、歳を取ったせいかはわからないが、大人になってからはクラシックアレルギーを克服したし、ホルンの音色をたまに耳にすると素敵だなあと思ったりする。

2017年7月、ローズが単独で来日公演を行ない「ふたりのイエスタデイ」をプレイしたときは、残念ながらイントロはホルンではなくキーボードで代用していたが、それでもあのフレーズをホルンの音で思い浮かべた人は少なくなかったはずだ。

ちなみにこのイントロのホルンのフレーズはシベリウスの「交響曲第五番」(※)からの引用。これは大人になってから知ったこと。音楽はジャンルレスで思いもよらないところにつながっていたりするが、こういうつながりは、やっぱり面白い。


カタリベ注:
シベリウス「交響曲第五番」の動画23分35秒当たりにホルンのフレーズあり。

2017.07.17
32
  YouTube / rhubarbcream


  YouTube / sofia


  YouTube / oslophil
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
ソウママナブ
コラムリスト≫
48
1
9
8
2
ポップス界に王子登場!杉真理の歌う、涙の先に射す光
カタリベ / 佐々木 美夏
5
1
9
8
6
地球と私の銀河座標、杉真理のスターシップでただいま旅の真っ最中!
カタリベ / まさこすもす
25
1
9
8
5
清涼感溢れるUKのフュージョンファンク、レベル42の夏向きヒットソング
カタリベ / DR.ENO
10
1
9
8
3
フラッシュダンスを見つめていたい、メガヒットに挟まれた1983年のクセ者
カタリベ / KARL南澤
29
1
9
8
2
ブラック・キャッツ!ゴーゴーズに抜擢された原宿ロカビリーレジェンド
カタリベ / 本田 隆
23
1
9
8
6
80年代の「キープ・ミー・ハンギン・オン」名曲はアレンジを選ばない!?
カタリベ / 中川 肇
Re:minder - リマインダー