3月28日
ティル・チューズデイ、ネコっぽいルックスのエイミー・マンに恋してた♡
20
2
 
 この日何の日? 
ティル・チューズデイのシングル「愛のVOICES」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1985年のコラム 
80年代サウンドの発信源!ニューヨークのスタジオ・パワー・ステーション

唯一無二の「イモ臭さ」それが個性のポール・ヤング

リック・スプリングフィールド、煙草とソーダ水と美形の先輩 

吉川晃司と上條淳士。錆びないアーティストたちの、鍛え続ける日々

長州力のパワーホール、革命に酔い、心がざわめく圧倒的インパクト!

夏はネオアコ!地味な夫婦デュオ「EBTG」がつくるちょうどいい清涼感

もっとみる≫

photo:FANART.TV  

80年代は女性ヴォーカリストが華々しく活躍した時代でしたが、ロックバンドの中の女性ヴォーカルも輝いてました。

ゴーゴーズやバングルズのような女性だけのバンドも非常にカッコよかったですが、紅一点バンドもけっこういました。そんな中での代表格はプリテンダーズでしょうか。クリッシー・ハインド、カッコよかったですよね。

そして80年代紅一点バンドで、個人的にプリテンダーズに並ぶほど好きだったのがマリア・マッキー擁するローン・ジャスティスとエイミー・マン擁するティル・チューズデイでした。

先日新作を発表したばかりなので、今回はエイミー・マンを紹介しましょう。

85年にティル・チューズデイのベース兼ヴォーカリストとしてデビュー。眼光鋭いエイミーのボーイッシュでファッショナブルなスタイルとニューウェイヴっぽい音が注目を集め、シングル「愛のVOICES(Voices Carry)」は全米シングルチャート8位のヒットを記録します。

私はそのネコっぽいルックスにも相当惹かれましたが、低音とファルセットをうまく使い分ける彼女の声にやられました。「愛のVOICES」以降はヒットに恵まれず、バンドはアルバム3枚で解散しますが、ソロとしての活動のスタートからが彼女の本領発揮と言えるでしょう。

そんな彼女が参加したり、ソロに関わったアーティストは、ジュールズ・シアー、シンディー・ローパー、ラッシュ、エルヴィス・コステロ、マイケル・ペン(ショーン・ペンの兄で彼女の夫)、スクイーズ、ジョン・ブライオンなどなど。渋いというか玄人好みなアーティスト交流に彼女のセンスの良さを感じます。

そしてソロ期におけるブレイクは、ポール・トーマス・アンダーソン監督の映画『マグノリア』の主題歌「セイヴ・ミー」でしょう(映画冒頭に使用されるスリー・ドッグ・ナイトの「ワン」のカヴァーも良かった)。

バッドフィンガーやブライアン・ウィルソン、007映画のトリビュートに参加してのカヴァーや、映画『アイ・アム・サム』でのビートルズ・カヴァー(夫婦デュエット)も素晴らしく、その活躍はまさに通好みと言えましょう。

そうやってずっとエイミー・マンの落ち着いた趣のある諸作品を聴いてきて「ウン、やっぱいい」と思い、もはや安定充実のアーティストとして信頼し続けてますが、たまに「愛のVOICES」も聴きたくなります。

当時のMTVを意識したややオーバープロデュース気味の作品ではありますが、サビが耳に付いて離れません。

「は~しゅ、はしゅ、きぷみーだんなう」

そしてやっぱり、あのネコっぽいルックスに恋してたんだなあ。

2017.05.24
20
  YouTube / TilTuesdayVEVO


  YouTube / arthurvft


  YouTube / Para Repartir Com Todos
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1967年生まれ
porepore67
好きでした!♪she might overhear のところがたまりません。
MTVかなんかで身長180センチとか紹介してたのを妙に覚えてます。ソロでずっと活躍されていたのは知らなかった…。
2017/06/01 12:10
2
返信
1970年生まれ
グラナダ6世
今も恋していますよー!
2017/05/24 12:58
3
返信
カタリベ
1968年生まれ
DR.ENO
コラムリスト≫
17
1
9
8
2
先輩からの愛のムチ?ゴーゴーズのトップを阻んだジョーン・ジェット
カタリベ / KARL南澤
20
1
9
8
1
1981年夏、アイスクリーム・エクスプレスとビートを手に入れたゴーゴーズ
カタリベ / 時の旅人
23
1
9
8
2
眩しすぎた西海岸の夏、ゴーゴーズのバケーションはヴェイケイション!?
カタリベ / 太田 秀樹
13
1
9
8
2
カナダの至宝!ラッシュ vol.3~ 第2章の幕開け!名盤「シグナルズ」
カタリベ / DR.ENO
11
1
9
8
1
カナダの至宝!ラッシュ vol.1~ 欧米と日本での人気格差が激しすぎ!
カタリベ / DR.ENO
12
1
9
8
5
カナダの至宝!ラッシュ vol.2~ 全方位ドラムを駆使する凄テクメンバー
カタリベ / DR.ENO
Re:minder - リマインダー