5月21日

EP-4の真実、どれがほんとうの姿なのだろう?

9
2
 
 この日何の日? 
EP-4が京都・名古屋・東京でライブを開催した日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1983年のコラム 
どこまでもつづくハイランドの丘陵、ビッグ・カントリーがくれた心の宝箱

Stop! Stop! ひばりくんッ、僕が見た白いサソリと伝説の白いワニ

ポリスの名曲「見つめていたい」危険だったあの頃のスティング

村上 “ポンタ” 秀一との仕事、チャクラのアルバム「南洋でヨイショ」

80年代のゲイリー・ムーア、奇跡を共有した10年間を振り返る

デュラン・デュランの弟分、世界中の女のコが萌えた「君はTOO SHY」

もっとみる≫







ずっと昔のこと、あれは大学生時代でしたが、黒澤明監督の『羅生門』という映画をみて、やたらと感心した覚えがあります。

ストーリーはというと、夫妻が森の中で山賊に襲われ、旦那が殺される。それで裁判になる。でも目撃者や当事者の証言が食い違うから、犯人が誰だか分からない。

残された妻、山賊、挙げ句の果てには、死んだ夫まで霊媒に呼び出されて事の次第を語るのですが、どうも話がかみ合わない。目撃者も現れて、これでやっと解決なんて思いきや、それでもやっぱり決着がつかず裁判官お手上げ、というお騒がせムービーです。

なぜ話がかみ合わないかといえば、妻は夫と別れたいと考えたとか(不倫願望)、目撃者は残された金品を着服したとか(拾得物横領)、どうも触れてほしくない弱みがあるために、自分なりのストーリーを創りあげているようで疑わしい。唯一尋問をしている裁判官だけは利害関係がなさそうですが、それでも早く面倒な裁判を終わらせたいとか、名裁判官の名声がほしいのでは? なんて疑い始めるとどうなんでしょうか。

さて、僕は最近になってようやく、EP-4というバンドに出逢いました。 80年代初頭に京都を中心に活動したグループだったそうです。或る本(毛利嘉孝『ストリートの思想』)で JAGATARA と名前が並んでいたために、つまみ食い感覚で聴いてみました。

そこでCDを買い漁り情報を求めて検索しまくるのですが、どうも正体がつかめない。Wikiではいきなり「日本のニュー・ウェーヴバンド」、先の本では「ファンク」としつつ、「ダンスミュージック」の名と「実験的なインダストリアル・ノイズ系バンドの影響」が挙げられています。家の同居人はこのところのヘビロテにうんざりして、「何この、ヴォーカルのないゲームミュージックのようなのは?」と嫌みをたれています(そもそもゲームミュージックにはヴォーカルはないのでは?)。

市内のレコード屋さんで働く友人は、数年前に京都の再結成ライブに行っていたそうで、彼曰くザ・ポップ・グループに近い。僕は一聴、 YMOと同時期のテクノやキーボードサウンド、ジャズと実験音楽の匂いを嗅ぎつけたのです。

どれもかすっているようでいて、いずれもそうそうこれだという、たった一つの形容が見つからないので日々悶々と過ごしています。正解が見つかれば、さぞ良く眠れるでしょうに。でも,いまさらですかね。

2018.04.10
9
  YouTube / Unit521Tokyo


  YouTube / Unit521Tokyo
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1970年生まれ
ジャン・タリメー
Zoyなんか聴いていると,でも,ファンクじゃないんですよねぇ.ひたすらカッコいい.今でも十分カッコいい.
2018/05/30 09:42
0
返信
1966年生まれ
鎌倉屋 武士
Pファンク説!( ̄- ̄)ゞシュタッ
2018/04/11 00:12
1
返信
カタリベ
1970年生まれ
ジャン・タリメー
コラムリスト≫
18
1
9
8
1
マンネリズムも「ナンのこっちゃい」やっぱりJAGATARAは厄介だ!
カタリベ / ジャン・タリメー
24
1
9
8
2
やっぱりJAGATARAは厄介だ、常識も非常識も「ナンのこっちゃい」
カタリベ / ジャン・タリメー
19
1
9
8
7
僕にとって最も目ざわりなバンド、誰かJAGATARAをとっぱらってくれ!
カタリベ / ジャン・タリメー
44
1
9
9
0
JAGATARA ー 江戸アケミの音楽や言葉がリアルにのしかかってくる時代
カタリベ / 太田 秀樹
25
1
9
8
5
清涼感溢れるUKのフュージョンファンク、レベル42の夏向きヒットソング
カタリベ / DR.ENO
39
1
9
8
5
プリンス流儀のウッドストック、サイケでファンクな「ラズベリー・ベレー」
カタリベ / KARL南澤
Re:minder - リマインダー