11月16日

エルヴィス・コステロ来日公演、スペシャルゲストはニック・ロウ!

15
0
 
 この日何の日? 
エルヴィス・コステロが来日公演を中野サンプラザで開催した日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1987年のコラム 
夕方の再放送枠を塗りつぶせ!ダンディー鷹山とセクシー大下の疾走

1987年の船山基紀 — 1986オメガトライブと少年隊

ロス・ロボスの成功と「ラ★バンバ」80年代ロック伝記映画の決定版!

人は見かけで判断しちゃダメ!リック・アストリーは最高のソウルシンガー

30周年!私をスキーに連れてって ー いかに私が「私スキ」をスキだったか

22歳のワセジョが語る ♡「私スキ」は、おしゃれで、詩的で、ロマンティック

もっとみる≫






photo:UNIVERSAL MUSIC  

リマインダー世代の方ならば多少は理解してもらえるのでは…… と思うのだが、学生時代の途中まで赤い色を着るのが恥ずかしかった。というか、着たことがなかった。

だって女の子の色じゃん…… 今でこそ公立に通う小学生のランドセルは多様化し、好きな色を背負うことが許される学校もあるが、自分らが子どもの頃は、ランドセルと言えば男子は黒、女子は赤と決まっていた。

紅白歌合戦だって女子は紅じゃないか。確かに、かわいい色ではある。でも男は白か黒か、だろ。かわいいことに野郎の価値観はない…… そんな昭和脳の時代が自分にもあった。

1987年、大学2年のとき、エルヴィス・コステロが来日すると聞き、同じサークルに所属していたリマインダー主宰の太田氏と盛り上がった。しかも初来日のニック・ロウが前座を務める!これは見なきゃイカンだろう。二十歳そこそこのボンクラ・パブロック魂がうずいた。

そんなわけで、太田氏や他のサークルの面々とともに足を運んだ中野サンプラザ公演。ニック・ロウのステージは素晴らしく、弾き語りだったが、ニックはノリノリで、こちらの気持ちもアコースティックであることを忘れるほどロックンロールだった。

しかし、だ。椅子席に座ったままのオーディエンスは誰も立とうとしない。立ち上がりたかったけれど、後ろの座席のおじさんが怖そうだったので、座ったまま、ガンガン足踏みしてニック・ロウの演奏を楽しんだ。

で、そのニック・ロウをベースに迎えたコステロのステージが、またかっこよかった!黒いスーツ姿のコステロは従来のビジュアル的イメージに比べて多少ぷっくりしていたが、それでもかっこいい。何より、こちらはバンド編成で、一聴してロックンロール。これはもう立つしかない、“後ろのオッチャン、ゴメン”… と思いつつ、と太田氏とともに立って踊った。

しかし前方で立ち上がっているオーディエンスはまばらだった。同行した先輩たちは座ったままで、こちらに向けられた視線には “あー、コイツら、しょうがねえなあ” 的な圧を感じたが、興奮した気持ちは止められない。当時のコステロはツウ好み・評論家好みの音楽だったし、音楽をじっくり聴きたいと思っていた観客も多かったのだろう。

しかし、多くの観客が座っていたおかけで、こちらはあることに気づいた。コステロはスラックスも黒くて、靴もエナメルかどうかはわからないが黒い光沢を放っていた。

しかし、靴下だけは赤かったのだ!レッド・シューズならぬレッド・ソックス。これはかっこいい!! そういえば、当時の最新アルバム『ブラッド&チョコレート』のジャケも赤かった。

“いつまで座ってんだ!?” というコステロの MC によって、ようやく観客が立ち始めたのは覚えている。そこから「Lovable」や「Pump It Up」などのノリのいいナンバーのつるべうち。いやはや、もう胸いっぱいである。

さて、このコンサートを見終えたのち、生まれて初めて赤い靴下を買って、履いて、学校に出かけてみた。周囲には、らしくない…… と見えたのだろう。“おっ、赤いね!” と指摘される度に、気恥ずかしさを覚えたが、何度となく履き続けていたら周囲も慣れてきたようで、何も言われなくなったし、こちらも赤への偏見が薄れた。戦隊モノのリーダーも、だいたい赤だし。

その後、コステロの来日公演は3度見たが、その度に靴下は何色だろう…… と気にして見たが、いつも赤だったと思う。最後に見たのは96年。当時のガールフレンドで現嫁と見に行ったが、彼女こうは言った。

“あの赤い靴下、かわいいね”

―― 違う!かっこいいんだよ!と言いたかったが、止めた。やはり女性には赤は “かわいい” 色なのかもしれないし、どっちにしてもあまり変わらんだろう。ちなみに結婚してからも赤いTシャツや靴下を着用し続けたが、嫁からは一度も “かっこいい” とも、“かわいい” とも言われたことはない。

2019.09.16
15
  YouTube / Elvis Costello


  YouTube / Elvis Costello


  YouTube / Elvis Costello
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
ソウママナブ
コラムリスト≫
53
1
9
8
9
ティアーズ・フォー・フィアーズ「シーズ・オブ・ラヴ」UKロックの結晶的作品!
カタリベ / 中川 肇
31
1
9
8
5
ビートルズのいない80年代、そこにはニック・ロウがいた!
カタリベ / ソウマ マナブ
16
1
9
8
1
マニア心をくすぐるエピソード♪ 地味渋バンド、スクィーズは英国の誇り
カタリベ / DR.ENO
27
1
9
8
0
ルースターズからミッシェルへと受け継がれたパブロックの初期衝動
カタリベ / 本田 隆
24
1
9
8
4
UKインディシーンに舞い降りた天使の歌声~コクトー・ツインズ
カタリベ / DR.ENO
40
1
9
8
3
ロックの世界へようこそ!すべては中野サンプラザから始まった
カタリベ / 本田 隆
Re:minder - リマインダー