2月10日

新しい10年の始まり、ZARDは90年代に一番売上をあげた女性アーティスト

24
0
 
 この日何の日? 
ZARDのデビューシングル「Good-bye My Loneliness」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1991年のコラム 
東京ラブストーリーをヒットさせた小田和正の手腕、月曜9時に女性が消えた?

小田和正はなぜ「ラブ・ストーリーは突然に」をアルバムタイトルにしなかったのか?

【佐橋佳幸の40曲】小田和正「ラブ・ストーリーは突然に」あの超有名イントロ誕生の秘密!

ZARDのグッとくる歌詞ランキング、いま改めて聴いて欲しい “平成歌謡”

R.E.M.「ルージング・マイ・レリジョン」の神話学

漂う閉塞感に共鳴したダイナソーJr. 1991年のオルタナティブロック革命

もっとみる≫



photo:WEZARD.net  

CDが一番売れた90年代。その中でも女性アーティストとして一番の売上を誇ったのがZARDだった。91年、中村雅俊のTVドラマ『結婚の理想と現実』の主題歌「Good-bye My Loneliness」でデビュー。

1993年、今でも24時間テレビなどで歌われる「負けないで」をリリース、人気を不動のものとする。その後もヒット曲を量産し、90年代アーティストのトータル売上で全体3位、女性アーティストとしては堂々の1位である。

ZARDの特徴として有名なのは、「負けないで」でのブレイク以降、テレビにほとんど出なかったことだ。ライブも招待制の船上ライブと全国ツアーが一度だけ。タイアップの力はあったが、楽曲の力でCDを売ってきたアーティストといえよう。

「負けないで」からファンになった私は、リアルタイムでTV出演する坂井泉水さんを見ることはなかったし、船上ライブは倍率がものすごくて当選せず、全国ライブも残念ながらチケットをとることはできなかった。

当時中学生だった私にとって、坂井泉水さんは、ほぼCDジャケットだけで見る存在だったが、未だに私の中で永遠の憧れの女性である。

それだけに2007年5月27日、坂井泉水さんの訃報に触れた時はショックだった。

突然なんの前触れもなく流れたニュース。アーティストのライブには色々行ったけれど、一番好きなアーティストのライブに行くことも新曲を聴くこともいきなりできなくなってしまった。

坂井泉水さんは享年40。

私は来年40歳になる。永遠の憧れだった坂井泉水さんの年齢に追いついてしまうのは複雑な思いだ。一時代を築いたアーティストZARD。これからも語り継いでいきたい。

2018.03.14
24
  YouTube / Ming Day
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1979年生まれ
うえはらふみかず
コラムリスト≫
52
1
9
9
4
ファイト!がんばれ受験生!試験前に聴いてほしい80年代からの応援ソング
カタリベ / 長井 英治
51
1
9
9
6
相川七瀬「恋心」織田哲郎の真骨頂!不良少女のイメージから実力派ボーカリストへ
カタリベ / 広瀬いくと
35
2
0
2
2
TRF・DJ KOO インタビュー ③ ディスコを操る必殺技、キラーチューンからチークタイムまで
カタリベ / 本田 隆
55
1
9
9
2
大ブレイク直前!ZARD のサードアルバム「HOLD ME」は美しいジャケットが決め手
カタリベ / 松林 建
24
1
9
8
7
何という健気さ!岡村孝子「夢をあきらめないで」はこじらせ男子を生みだす応援歌?
カタリベ / goo_chan
22
1
9
8
2
松本伊代「TVの国からキラキラ」みんなで一緒に青春 J-POP しよ!
カタリベ / DJ BLUE