12月11日

一発屋!? トニー・バジルとデヴィッド・ボウイの浅からぬカンケイ

41
1
 
 この日何の日? 
トニー・バジルのシングル「ミッキー」がビルボードHOT100で1位を記録した日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1982年のコラム 
贈り物は「金色のリボン」俺が松田聖子を好きになった理由(わけ)

リリース40周年!松田聖子が歌う珠玉のクリスマスソング「金色のリボン」

若き日のサザンがそこにいる!羨ましいぐらいに青春してる「バラッド '77〜'82」

言語化されたパンク、批評を通じて生まれた「20センチュリー・ウーマン」

ムーンライダーズ「マニア・マニエラ」1982年にCDだけがリリースされた先鋭的作品

ラストツアーの地はジャパン「はじめての追っかけ」お姉ちゃん篇

もっとみる≫



photo:ock-explosion.com  

2004年にゴリエのカヴァーがオリコンで2週1位に輝いたことでも知られる1982年の全米No.1ヒット、トニー・バジルの「ミッキー」は、強烈なインパクトと共に典型的な “一発屋” ソングとして語られる1曲だ。

そのバジルが、この3月に日本でも放送になったBBCのドキュメンタリー『デヴィッド・ボウイ 最後の5年間』でインタビューに答えていた。今回『DAVID BOWIE is』が日本に来たことで僕も知ることになったのだが、バジルとボウイの間には浅からぬ関係があったのである。

『最後の5年間』でバジルが登場したのはボウイの1974年のダイアモンド・ドッグス・ツアーを振り返るパート。ジョージ・オーウェルの小説『1984年』にインスパイアされたシアトリカルなこのツアーの振り付けを手掛けていたのがバジルだった。

実はバジルは「ミッキー」より遥か前からダンサー、女優、そして振り付け師として名を成していた。ジョージ・ルーカスの1973年の映画『アメリカン・グラフィティ』の振り付けも彼女。“一発屋” などという称号は失礼千万なのだ。

そしてバジルはこのツアーだけではなく1987年の、やはりシアトリカルなグラス・スパイダー・ツアーの振り付けも手掛けていた。いずれのツアーも、『DAVID BOWIE is』の壁4面でボウイのライヴ・パフォーマンスを体感出来る「ショウ・モーメント」コーナーでその映像を楽しむことが出来る。このコーナーでのトニー・バジルの存在感たるや、なのだ。

そしてこのコーナーでは更に、僕はあるキャプションで息を呑むことになった。

別稿で触れたボウイの全米No.1ソング「フェイム」が収められた1975年のアルバム『ヤング・アメリカンズ』の、ボウイによるジャケットのデザイン案が「ショウ・モーメント」コーナーに展示されている。

採用されたものとは全く異なるのだが、そこでのキャプションに、「(実際には)ボウイはエリック・スティーブン・ジェイコブスにジャケット写真の撮影を依頼、それはボウイが気に入っていた、雑誌『アフター・ダーク』の表紙のためにジェイコブスが撮ったトニー・バジルの写真を想起させた」とある。

ネットで検索してみて驚いた。確かに両者はそっくりだったのである。エアブラシで修正を加えたところまで同じであった。前年のツアーの振り付けをしていたことも勿論あるだろうが、ここまでボウイに影響を与えていたとは、バジル恐るべしである。

トニー・バジルは現在73歳。実はボウイより4歳上だった。しかし未だダンスの切れ味は衰えていないらしい。「ミッキー」の大ヒットの時に既に39歳だったというから、あの強烈なインパクトを残したミュージック・ヴィデオを思い出すと少し可笑しくなってしまう。

しかし笑っている場合ではない。このMVの監督も何とバジル自身なのだ。のみならずこの曲も含めた『WORD OF MOUTH』という彼女のアルバムと同名の30分のヴィデオの監督も務め、なんとグラミー賞の長編ミュージック・ヴィデオ賞にノミネートまでされているのである。

やはりデヴィッド・ボウイという稀有な才能の周りには只ならぬ才能が集まっていたのである。改めてそのことを教えてくれた『DAVID BOWIE is』に感謝。

2017.04.02
41
  YouTube / ToniBasilsHouse


  YouTube / POPSUGAR Entertainment


  YouTube / DAVID BOWIE is
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
宮木 宣嗣
https://www.youtube.com/watch?v=0aqLwHP4y6Q
2017/10/05 18:41
0
返信
カタリベ
1965年生まれ
宮木宣嗣
コラムリスト≫
35
1
9
8
3
一度聴いたら忘れない旋律、メリー・クリスマス・ミスター・ローレンス
カタリベ / 小林 礼奈
29
1
9
8
6
くじらのアルバム「TAMAGO」ベルリンのハンザ・トンスタジオでミックスダウン
カタリベ / ふくおか とも彦
80
1
9
7
9
熱望!沢田研二展、日本のボウイは間違いなくジュリーなんである!
カタリベ / 親王塚 リカ
71
1
9
8
5
ボウイ×ライヴエイド~大トリで歌った「バンド・エイド」の例の曲
カタリベ / 宮木 宣嗣
130
1
9
8
6
素晴らしきかな一発屋、ターザンボーイが打ち上げた人生のワンダー
カタリベ / 田中 泰延
10
2
0
0
1
映画「ズーランダー」で免疫力アップ!全編に流れる80年代ミュージック♪
カタリベ / ユリンベ