12月1日
恐るべし松任谷由実、クリスマスを恋愛イベントに変えてしまったこの曲!
72
1
 
 この日何の日? 
松任谷由実のオリジナルアルバム「SURF&SNOW」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1980年のコラム 
苦節、苦節の苦労人? 80年代遅咲きの雄、REOスピードワゴン

ポールが最も好きなジョン・レノンの曲「ビューティフル・ボーイ」

あなた、抱いてよ。オノ・ヨーコ「キス・キス・キス」の衝撃!

不二家歌謡ベストテン、ユーミンとロイ・ジェームスと日曜日の朝

ウィンター・ガーデン、この曲こそ松田聖子初のクリスマスソング

共有感満載の80年代洋楽ヒット!ビルボード最高位2位の妙味 vol.8

もっとみる≫

photo:Crazy 音遊  

意外にもシングルカットされていない「恋人がサンタクロース」。松任谷由実の10枚目のオリジナルアルバム『SURF&SNOW』に収録されている曲だ。にも拘わらず、山下達郎の「クリスマス・イブ」と並び、日本のクリスマスソングの代表格として今も君臨しているのだから、いかに松任谷由実の影響力が強いかがわかる。

『SURF&SNOW』は1980年12月1日に発売されているので、1980年代のクリスマスは、まさに「恋人がサンタクロース」から始まったと言っていい。本家本元の欧米では、もともとクリスマスは家族が集まる日で、70年代までの日本だってその伝統に習っていたと思う。クリスマスプレゼントといえば親から子供へ贈るものであって、女性誌だってクリスマスプレゼントの特集を組むこともなく、その手の企画はバレンタインデーのものだったはずだ。

それを一変させたのがこの「恋人がサンタクロース」。この曲をきっかけに、サンタクロースはクライアントに恋人を加える必要を迫られ、クリスマスを子供たちのイベントから恋人たちの一大恋愛イベントに変えてしまった。この流れは、1983年に発売された山下達郎の「クリスマス・イブ」で加速度を増し、1988年に同曲がJR東海のコマーシャルに使われる頃には決定的なものになっていく。

僕が松任谷由実を聴き始めたのは、かなり遅く1984年、大学生になってからだ。当時は洋楽中心に聴いていたのだけど、同じクラスになったサーファーのK3から勧められて松任谷由実に出会う。すぐに聴かず嫌いだったことに気付いた僕は、過去に遡って松任谷由実を聴きまくることになる。

『SURF&SNOW』は最初に聴いてみたアルバムだ。ちょうどスキーを始めた頃でもあったので、スキー場に向かうまでの車の中で聴く定番のアルバムになった。最も行ったスキー場はやっぱり苗場で、関越トンネルを抜けて雪景色に変わるタイミングに合わせて「サーフ天国、スキー天国」が流れるような演出を、助手席の女の子のために良くやったものだ。1981年から『SURF & SNOW in Naeba』が開催されていたこともあり、当時の苗場はユーミン一色。まさに当時のスキー人気は松任谷由実と共にあったのだ。

そんなスキー人気に便乗(悪い意味ではなく)して出来たのがホイチョイ・プロダクション制作の「私をスキーに連れてって」。この映画が公開されたのは1987年11月21日。この映画の大ヒットでスキー人気は絶大なものになる。街を走るどの車の屋根にもスキーキャリアが付き、スキー場の行き帰りの渋滞は当たり前、駐車場にも入れない、挙句の果てにはリフト待ちだって1時間以上。しょうがないので、前日の夜に出発して、スキー場の駐車場でオープンまで寝て待つ。こんな異常なスキー人気を今の若者は想像できるだろうか。でも、凄く楽しかったんだけどね。

この映画の挿入歌を担当したのが松任谷由実。「恋人がサンタクロース」はこの映画で再び脚光を浴びることになる。時代はバブル真っ盛り、ホテルの部屋がすべて埋まり、プレゼントでティファニーが飛び交う異常なバブル時代のクリスマス・イブを作った原点が、この曲であることは間違いない。そう「恋人がサンタクロース」という曲は、クリスマス・イブは恋人と過ごす日、恋人と過ごしたい日、もっと言うと、恋人と過ごさないと恥ずかしい日にしてしまったA級戦犯なのだ。松任谷由実、恐るべし。

2016.12.04
72
  YouTube / cozy7285
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1965年生まれ
藤澤一雅
コラムリスト≫
51
1
9
8
3
山下達郎の「クリスマス・イブ」時間という試練に耐え抜くマスターピース
カタリベ / 太田 秀樹
34
1
9
8
3
山下達郎のクリスマス・イブ、名曲を彩る女優たちと前人未到の大記録!
カタリベ / 鎌倉屋 武士
15
1
9
8
5
誰もが安心して聴けるクリスマスソング代表!サンタが街にやってくる
カタリベ / 時の旅人
33
1
9
8
7
トラウマという音楽ジャンル、冷や汗ものの「サーフ天国、スキー天国」
カタリベ / 時の旅人
58
1
9
8
5
浜田省吾が癒してくれる「ひとりぼっちのクリスマス・イブ」
カタリベ / 藤澤 一雅
48
1
9
8
2
松田聖子の「恋人がサンタクロース」その歌声は等身大の胸キュンXmas
カタリベ / 稲田 雪路
Re:minder - リマインダー