8月15日

中央突破のトライアル!松田聖子のアメリカチャレンジ「SOUND OF MY HEART」

28
0
 
 この日何の日? 
松田聖子のアルバム「SOUND OF MY HEART」がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1985年のコラム 
これぞシンクロニシティ!? ボウイとミック、あぶない刑事との共時性

【R.I.P.】ジギー・スターダストよ永遠に!コミカルな姿も忘れられない

最強の楽曲「華麗なる賭け」田原俊彦の魅力を引き出したゴージャスな世界

どっちもイイね! DIOのメロイックサイン、BABYMETALのフォックスサイン

どれも名曲!サザンが名曲を生み出すキーコード「Cメジャー」

チェッカーズに盛られたひと匙の毒、リーダー武内享の音楽的趣向

もっとみる≫



photo:SonyMusic  

日本の歌姫松田聖子、世界的なディーバSEIKOを目指しアメリカへ


1985年といえば日米貿易摩擦などの問題が見え隠れするなど、日本の工業製品が世界のマーケット、とりわけアメリカを席巻していた頃でもありました。音楽に関してはYMO、ラウドネスなど一部のロックミュージシャンが成功を収めるに留まっており、いわゆるポップシーンに打って出て行こうという試みが行われた頃でもございます。

そんな時期に日本が誇る歌姫、松田聖子さんが名を “SEIKO”(時計のSEIKOを意識したという説もあります)と改めたうえで、プロデューサーにビリー・ジョエルを手がけた事で著名なフィル・ラモーンを、ソングライターに「リライト・マイ・ファイア」で知られるダン・ハートマンやマイケル・センベロを起用して作られたアルバムがこの「SOUND OF MY HEART」でございます。

このように豪華な体制によって作られたこのアルバム、日本人シンガーSEIKOを世界的なディーバに変貌させるべくソニーグループの総力を結集して制作されたことがわかります。

軽快なポップサウンド「DANCING SHOES」で始まるA面


さて、その内容なのですが、12インチシングルとして先行発売された「ダンシング・シューズ」から始まります。ちょっと奥手な女の子がちょっと頑張ってしまう内容の歌詞が軽快なポップサウンドに乗って歌われます。当時のディスコシーンを意識したであろうビートに聖子さん独特のキュートなボーカルが当時のアメリカンポップには無かったであろう魅力を湛えた名曲ではないかと思います。

続く2曲目は「リライト・マイ・ファイア」というディスコスーパーヒットチューンで著名であるダン・ハートマンが手がけた「ラブ・イズ・ネバー・オーバー」なのでありますが、そのような経緯を踏まえてバリバリにフロア映えするダンスチューンを期待した青年がここに1人いたと思ってください(以下、個人の感想です)。

期待しながら聴き始めた時に流れて来たのは、しっとりとしたラブバラードであります。そこで私はついつい思ってしまったのですよ。「ヘイ!フィル!どうしてダンにこんな曲をオーダーしたんだい? SEIKOの魅力を引き出す方法は他にもあるはずだろう!?」と。

とは言いつつも、この曲自体は、しっとりと歌い上げるSEIKOの魅力を引き出すことには成功しており、1曲のバラードとしての完成度はもちろんバッチリなのでありますが… ありますが… やはりダンにはバリバリのダンスビートを提供してほしかったという極めてワガママな片思いがあるのです。わかってくださいフィル・ラモーン。

と、いうこともございまして、3曲目は映画『フラッシュダンス』のサウンドトラックでローラ・ブラニガンが歌っておりますマイケル・センベロが手がけた名曲「イマジネーション」のカバーバージョンでありますが、アレンジとしては原曲に比較的忠実であります。それ故に原曲のローラ・ブラニガンに比較したSEIKOのコケティッシュな魅力が引き立つ1曲となっていると思います。

続く4曲目、5曲目の「ア・フレンド・ライク・ユー」「タッチ・ミー」と正統派アメリカンポップス調の2曲でA面は幕を閉じるのであります。

アップテンポなポップチューン「スーパー・ナチュラル」から始まるB面


続くB面1曲目、「スーパー・ナチュラル」はアップテンポなポップチューンなのですが、作曲にBOB CALDWELL… とありまして、これ、調べてみるとやはりボビー・コールドウェルでございました。当時はレコードセールスが伸び悩んだことによってソングライターとして腕を振るっていた頃だったとのこと。なるほど。人に歴史ありです。

2曲目「クレイジー・ミー・クレイジー・フォー・ユー」は、こちらもしっとりと歌い上げるミディアムテンポのラブバラードでございまして、この辺からなんとなく作り手の思惑みたいなものが見え隠れしてまいりましたが、そこについては後述させていただきます。

3曲目はアルバムタイトル曲「サウンド・オブ・マイ・ハート」でありますが。若干モータウン的なテイストも感じさせる軽快なサウンドをたたえております。当時のシングルA面的なムードはA-1の「ダンシング・シューズ」に通じるものがあるように思います。

4曲目「ミラクルズ・テイク・ア・リトル・ロンガー」は当時の典型的なポップサウンドにより構築されたドラマチックなチューンであります。

5曲目「トライ・ゲッティン・オーバー・ユー」はマイケル・ボルトンの手になるスローバラードですが、ここでは華麗に歌い上げるSEIKOのボーカルが堪能できます。

アメリカ音楽シーンに名刺代わりのショウケース「SOUND OF MY HEART」


さてここで、先程申し上げた “作り手の思惑” とはどういうことなのか… というところのお話ですが、SEIKOを世界的シンガーに押し上げる前振りとして、ポップシンガーであるというキャラクターを軸に据え、様々なソングライターにポップスという振り幅の中で命題を与え、そして “名刺代わりのショウケース” として構築したのがこのアルバムなのではないかと思うのであります。

残念ながらこの挑戦は、セールスが今ひとつ立ち行かなかったところに松田聖子さんの結婚による活動休止という事情も相まって引き続き行われることはなかったのですが、もし事情が違っていたら第2弾、第3弾のアプローチがあったようにも思えるのです。

様々な形で80年代の洋楽を意識して作られたシティポップが海外で再発見されている中で、当時、アメリカの音楽シーンに対して中央突破を試みたこのような作品は彼らの目にはどのように映るのでしょうか。



2021.01.18
28
iTunes / SOUND OF MY HEART 松田聖子

 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。
カタリベ
1966年生まれ
KZM-X
コラムリスト≫
77
1
9
8
4
永遠の18歳・岡田有希子 — 51歳の誕生日に贈る、私的ユッコ論
カタリベ / 安東 暢昭
69
1
9
8
6
瑠璃色の地球と出会った、誰もいない音楽室から続くもの
カタリベ / 吉田佐和子
60
1
9
8
5
KYON²「ハートブレイカー」小泉今日子 × 高見沢俊彦が放つ異彩のハードロック!
カタリベ / 中塚 一晶
18
1
9
8
1
カーペンターズ最後の全米トップ40ヒット!隠れた名曲「タッチ・ミー」
カタリベ / 宮木 宣嗣
54
1
9
8
2
1982年夏の最強タッグ、ユーミンと聖子がいなかったら夏休みは始まらない
カタリベ / 親王塚 リカ
22
1
9
8
2
大事件勃発!堀ちえみ「とまどいの週末」15歳の女の子を襲う貞操の危機
カタリベ / KARL南澤