11月23日
オンリー・ザ・ロンリー、幾多の困難を乗り越えたロイ・オービソンの甘い声
22
2
 
 この日何の日? 
ロイ・オービソンのライヴアルバム『ブラック・アンド・ホワイト・ナイト』がリリースされた日
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます

 
 1987年のコラム 
人は見かけで判断しちゃダメ!リック・アストリーは最高のソウルシンガー

1987年はバンドブーム元年!東京モッズシーンから飛び出したコレクターズ

トラウマという音楽ジャンル、冷や汗ものの「サーフ天国、スキー天国」

クリスマスソングの裏名曲「ニューヨークの夢」を描くポーグス!

ペット・ショップ・ボーイズを聴くと思い出す、ブラジル青春グラフィティ

シンガーソングライター小椋佳、話すように歌う「愛燦燦」

もっとみる≫

photo:FANART.TV  

先日、友人たちとバーベキューをした時のお話。

場所は左手に江ノ島、右手に「えぼし岩」が見える湘南海岸。それはまさにサザン・オールスターズの「チャコの海岸物語」の世界。しかし、僕の頭の中には違う音楽が流れていた。

この音楽は、なんだろう。メロディーは思い出すのに、曲名が思い浮かばないことは、ままあることだ。ビールを飲みながら、西日に染まる波頭をぼんやり眺めたり、靴を脱いで波と戯れたり……、そんなことをしながら、僕は自分の頭に響いている「サウンドトラック」の正体を探していた。

夜になって友人たちと別れて、帰路でふと気がついた、「そうだ、これはロイ・オービソンだ!」。特定のロイの歌ではない、彼の「甘い声」が頭の中に流れていたのだ。

僕は電車の中で、彼の歴史的なライブアルバム『ブラック・アンド・ホワイト・ナイト』を無意識に選んで聴き始めていた。

アルバムは、彼が1960年に放ったヒット曲「オンリー・ザ・ロンリー」から始まる。
どこにでもありそうで、絶対に彼にしか奏でることのできない「せつない」メロディー。それはBGMに最適だが、それは単に「聞き流せる」という意味で、では全くない。その音楽は目の前の世界に、新しい「色」をつけるかのように流れる。

甘く切なく「主張すぎない」ことで存在感を示す彼の声。『ブルー・ベルベット』(デヴィッド・リンチらしい倒錯した使い方であるが)、『レス・ザン・ゼロ』、極めつけに『プリティ・ウーマン』など、彼の曲が映画のサウンドトラックに使われるのも腑に落ちる。

彼の魅力はその歌声だけではない。優しげな立ち位置と明らかに人の良さそうな微笑み。滲み出る人格が、曲の愛らしさとマッチしているのだ。

50年代、プレスリーやジョニー・キャッシュらと同じサン・レコード所属の時代から、幾多の困難を乗り越え大復活を成功させたこのアルバムで、それは明らかにされているように思う。

このライブに彼を慕いエルヴィス・コステロ、トム・ウェイツ、ブルース・スプリングスティーンらが集まったのも、音楽を超えた彼の魅力の証だろう。

「飄々としている」などという形容詞が浮かび、日本だと辛うじて「プリティ・ウーマンを歌った人」などとして知られる彼だが、その歌唱能力はあまりにも過小評価されすぎていると僕は思う。

「オンリー・ザ・ロンリー」のファルセットの美しさや、このアルバムには収録されていないが、稀代の歌声を持つシンディ・ローパーやセリーヌ・ディオンも歌った「アイ・ドローヴ・オール・ナイト」のハイトーンヴォイスなど、彼の「甘い声」にはとてつもなく巧みな「わな」が仕掛けられているかのような上質さがある。

湘南帰りの僕は、ロイ・オービソンを再発見できた。今年でリリース30周年目を迎える『ブラック・アンド・ホワイト・ナイト』(※)はセンチメンタルな「ブルー・エンジェル」で幕を閉じた。そして僕は今年の夏用BGMを、ロイ・オービソンにしようと決めたのだった。


※注:
30周年記念エディションにボーナス・マテリアルとして、「ブルー・エンジェル」が収録されている。

2017.06.23
22
  YouTube / RoyOrbison 
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1965年生まれ
藤澤 一雅
ロイ・オービソン最高ですね!
小学生の頃から大好きです。

でも、さすがに湘南で聴いたことはないなぁ~
白石さんの真似じゃないけど、僕も今度湘南で聴いてみようと思います。
というか、ロイ・オービソンを聴きに湘南まで行ってみようと思います。
2017/06/23 20:08
1
返信
1991年生まれ
 白石・しゅーげ
ありがとうございます、最高ですよね!
私も意外でしたが、実に海沿いの清々しさと彼のジェントルな声が合うのです。ぜひぜひお試しくださいませ。感想もお聞かせください!
2017/06/24 13:05
0
カタリベ
1991年生まれ
 白石・しゅーげ
コラムリスト≫
49
1
9
9
0
プリティ・ウーマンという映画、そしてプリティ・ウーマンという2つの曲
カタリベ / 藤澤 一雅
21
1
9
8
6
オールディーズが彩る名作ドラマ、木曜ドラマストリート・桃尻娘
カタリベ / 鎌倉屋 武士
21
1
9
8
8
カイリー・ミノーグ、80年代のイケてる女はオールディーズでやってきた
カタリベ / 鎌倉屋 武士
20
1
9
8
9
青春の挫折と欲望の輝き、映画「レス・ザン・ゼロ」の音楽とファッション
カタリベ / inassey
21
1
9
8
2
マドンナ以前の女性ソロ、あくまで美人のローラ・ブラニガン
カタリベ / KARL南澤
31
1
9
8
9
80年代の奇才、ジム・ジャームッシュ「ミステリー・トレイン」
カタリベ /  白石・しゅーげ
Re:minder - リマインダー