9月

ファースト・タイムはホロ苦く…甲斐よしひろに叱られた初ロックライブ

22
2
 
 この日何の日? 
甲斐バンドの「1982 BEATNIK TOUR」が秋田県民会館で開催された時期
この時あなたは
0歳
無料登録/ログインすると、この時あなたが何歳だったかを表示させる機能がお使いいただけます
▶ アーティスト一覧

 
 1982年のコラム 
バウワウが成し遂げた偉業、日本のへヴィメタルが海外で認められた瞬間!

80年代にロックンロールの雰囲気を再現してくれたストレイ・キャッツ!

歌謡風味の軽快サウンド、サンタナの情熱メロディー「ホールド・オン」

グレン・グールドの「ゴルトベルク変奏曲」はまるで遠藤周作の小説のようだ

驚異の三姉妹ポインター・シスターズ、脅威の熟女パワーに魂抜かれる!?

憧れの12インチシングル、ジギー・スターダストをカヴァーしたバウハウス

もっとみる≫



photo:ソウマ マナブ  

“初めて行ったロックのライブは何?” と問われたら、高校1年のときに実家の秋田で見た甲斐バンドと答える。鮮明に記憶に残っているのは、初体験の高揚のみが理由ではない。甲斐よしひろに叱られたからだ。

ニューミュージックの全盛期、東北は、とりわけ日本海側は “ロック不毛の地” 的な言われ方をしていて、ロック系アーティストが全国ツアーの際に素通りするのが当たり前だった。そんな中、甲斐バンドが秋田に来るのは一大事。

ライブ盤「100万$ナイト」「流民の唱」は何度も聴いたし、あの熱気を生で体感したいという10代特有の直情的な盛り上がりも手伝い、友人に頼んでチケットをゲット。簡単に3列目が取れた時点で、今なら売れ行きが想像つくところだが、なにしろ初体験だけに良席がとれて大喜びするしかなかった。

当日ホールに到着に到着して待つも、後ろの席が空いていることに気づく。開演時間が迫っても埋まった席は半分ちょっと。心配はしたがライブが始まってしまえば、もう前しか見ない。大いに楽しんだつもりだった……

が、アンコールに応えて出てきた甲斐よしひろは “おまえら、もっと楽しめよ” とたしなめるように語り、他にどの曲をやるのかワクワクしていたこちらの期待を裏切るかのように、本編でプレイした当時のシングル曲「Blue Letter」2度目の演奏。

盛り上がりが足りなかったのなあと反省しつつ、東北が “ロック不毛の地” と呼ばれるワケを身を持って知った。その後甲斐バンドは1986年の(最初の)解散ツアーまで秋田を素通りし続けた。

後に、自分は上京したので秋田の状況は知らないが、バンドブーム期にロックに触れた妹は地元でラフィン・ノーズ等のライブに行ったというから、不毛の地にも芽が出て膨らんだのだろう。今年、甲斐バンドは82年当時の最新アルバム [虜-TORIKO-] を含むBOXセットをリリースする…… そんなニュースを聴き、不毛の時代を思い出し、なんだか切なくなった。

2016.05.31
22

【音】甲斐バンド「Blue letter」-夜ヒット1986 投稿者 desolationrow5
  Blue Letter / 甲斐バンド
 

Information
あなた
Re:mindボタンをクリックするとあなたのボイス(コメント)がサイト内でシェアされマイ年表に保存されます。


おすすめのボイス≫
1964年生まれ
ササキヤスユキ
最新ベストをきっかけに甲斐バンドを聞き直している今日この頃。好きだった小説を何十年も経ってから読み直して感じる「今だから分かる!」感覚ありあり。それだけあの頃の自分は「ガキ」だったってことかと気づき愕然としたりして。
2017/09/02 22:46
2
返信
カタリベ
1966年生まれ
ソウママナブ
コラムリスト≫
50
2
0
1
8
変わり続ける 変わらない男。ボーカリスト佐野元春の変遷史
カタリベ / 山口 順平
96
1
9
8
4
戻ってきた竹内まりや!80年代を代表する神アルバム「VARIETY」
カタリベ / 藤澤 一雅
83
1
9
8
1
大滝詠一と松本隆の最高傑作「君は天然色」がセピア色に染まることはない
カタリベ / 宮井 章裕
38
1
9
7
4
リアルなラブソング「忘れ雪」オフコースが80年代にブレイクしたきっかけの曲?
カタリベ / 工藤 大登
43
1
9
8
3
五月雨は緑色、村下孝蔵の初恋を聴く度思い出す「原宿・恋の大作戦!!」
カタリベ / 鎌倉屋 武士
52
1
9
8
8
音楽が聴こえてきた街:日清パワーステーションが示した新しいライブの楽しみ方
カタリベ / 本田 隆